Lttd5pulrdxetgfajhbb

ブランド

CATEGORY | カテゴリー

ボディスクラブおすすめブランド15選!市販のものから手作りもご紹介!

2018.10.09

ドラッグストアでも見かける、ケア用品の一つのボディスクラブ。種類が豊富で敏感肌の人などは、選ぶのに苦労するかもしれません。そこで、ボディスクラブのおすすめブランドをご紹介します。市販のおすすめブランドのほか、安い材料でできる手作りの方法もご紹介します。

目次

  1. ボディスクラブがおすすめな理由
  2. ボディスクラブのおすすめの選び方
  3. ボディスクラブおすすめブランド【BOTANIST】
  4. ボディスクラブおすすめブランド【ハウスオブローゼ】
  5. ボディスクラブおすすめブランド【サボン】
  6. ボディスクラブおすすめブランド【オルビス】
  7. ボディスクラブおすすめブランド【スキンフード】
  8. ボディスクラブおすすめブランド【ラッシュ】
  9. ボディスクラブおすすめブランド【ジョバンニ】
  10. ボディスクラブおすすめブランド【サンタフェ】
  11. ボディスクラブおすすめブランド【クラランス】
  12. ボディスクラブおすすめブランド【ジョンマスターオーガニック】
  13. ボディスクラブおすすめブランド【イソップ】
  14. ボディスクラブおすすめブランド【エステニー】
  15. ボディスクラブおすすめブランド【JUCYSALT】
  16. ボディスクラブおすすめブランド【 生活の木】
  17. ボディスクラブおすすめブランド【KOSE】
  18. ボディスクラブは手作りもおすすめ!
  19. ボディスクラブを手作りしよう
  20. まとめ:おすすめブランドのボディスクラブで美肌を手に入れよう!
Sembcc1gkgwxoktgqf98

ボディスクラブは、古い角質を落とすことができるボディケアアイテムで、肌をきれいにすることができます。古い角質を落とすことで、肌にとって、幾つかの有益な効果が期待できます。ボディスクラブが、おすすめな理由を見てみましょう。

肌のトーンが明るくなる

Ackpb6bialhgyb2kuxyu

通常、古くなった角質は、ターンオーバーによって、自然に剥がれ落ちますが、ターンオーバーの乱れによって長く留まってしまいます。その古い角質をボディスクラブで落とすことができれば、肌がワントーン明るくなります。

肌の黒ずみ除去効果

Oilbkdqawjkcryjfzwiw

硬くなった角質や、色素の沈着によって、肌に黒ずみが生まれます。色素が沈着するまえに、ターンオーバーで古くなった細胞を落とすことができれば問題はありませんが、いつまでも留まっていると、肌に色素が沈着してしまいます。ボディスクラブで、古い角質を落とすことができれば、肌の黒ずみの改善効果が期待できるのです。

保湿効果

Opw0nakmowkrqg6ub6sy

ボディスクラブは、古い角質を落とすことができるので、肌を柔らかくすることができます。それに加え、ボディスクラブの種類によっては、保湿効果があるものもあり、さらに肌を柔らかくする効果が期待できるのです。

血行促進効果

Cd7yn3hldjwb9gmrfrx1

ボディスクラブは、含まれる粒子を肌につけてこするため、マッサージをするのと同様の効果があります。マッサージには、血行を促進させる効果がありますが、ボディスクラブは、さらに含まれる成分によっても血行促進効果があり、ダブルで効果が期待できます。また、むくみなどの改善効果もあります。

関連記事

血行促進をより効果的にするために、マッサージ法も極めるといいです。ボディスクラブで、どのようにマッサージするのか分からない人は、こちらの記事を参考にしましょう。

Xsn4mkpbkr2dofa6ueom

ドラッグストアなど、市販では多くのボディスクラブを見かけますが、肌質や肌の悩みは人それぞれ違いので、自分に適したボディスクラブを選ばなければなりません。まずは、数あるボディスクラブの中から、どのように選べばいいのかを把握しておきましょう。

ボディスクラブの種類から選ぶ

Czmaovojvpfglowmuosi

ボディスクラブは、粒子によってボディケアしますが、粒子の成分は、主に砂糖や塩です。塩にも砂糖にも、それぞれの良さがあるのですが、一般的に塩を使ったものは、刺激が強いので、敏感肌に人にはおすすめできません。また、重曹を使ったものや、成分を天然由来にこだわっているものなどもありますが、おおまかには、塩か砂糖かということで選べばいいでしょう。

保湿成分がたくさん配合されているものを選ぶ

Ptuj7ofzqrm8zrlfzbaz

古い角質を落とし、肌をキレイにしてくれるボディスクラブですが、デメリットとしは、肌が乾燥しやすくなるということがあります。もちろん、アフターケアをしっかり行えば問題はありませんが、どうせなら、ボディスクラブ自体に、保湿できる成分が含まれていれば、一石二鳥ですよね。

ボディスクラブには、オイルが含まれていますが、選ぶときには、保湿効果があるホホバオイルやオリーブオイルが含まれているものが、おすすめです。その他にも、オイル以外の成分として、保湿効果があるハチミツやシアバターもおすすめです。

用途に応じて選ぶ

Erb29umgczaujtgu5hep

ボディケアとしての目的は同じですが、さらに悩みに応じたものに的を絞って選んでいく必要があります。例えば、膝や肘など、比較的硬い角質の除去や黒ずみ対策には、ソルト系がいいですし、保湿効果を求めたり、敏感肌や乾燥肌の人には、シュガー系がおすすめです。

ソルト系は刺激が強いので、顔や皮膚の柔らかい部分には不向きです。逆にマイルドなシュガー系は、全身に使用できます。また、細かい部分の毛穴の黒ずみや角栓対策には、重曹系がおすすめです。さらに、天然由来のものなら、肌にやさしいので、敏感肌の人は安心して使用できます。

香りにも注目する

F0aphkyqsovg0h7f8lik

ボディスクラブは、バスタイムに使用することがほとんどだと思うので、リラックス効果があるものを選ぶと、より効果的です。マッサージ効果もあるボディスクラブなので、癒される香りによって、相乗効果が期待できます。香りは好みがあるので、口コミを参考にしたり、ドラッグストアなのでは、実際に香りを試せることもあるので、事前にチェックしてみるのもおすすめです。

関連記事

ボディスクラブの種類や選び方について、もっと掘り下げたい人はこちらの記事もチェックしましょう。

1/10