2018年10月05日 UPDATE

巻き爪にはコットンが使える!自分でできるコットンパッキングの方法を伝授!

放っておくと痛みが強くなる巻き爪は、早めのケアが大切です。痛みを取り除く方法にはさまざまありますが、自分で簡単にできる方法として、コットンパッキングがあります。そこで、自分でできる巻き爪の処置法としてのコットンパッキングの方法を解説します。

目次

  1. なぜ巻き爪になってしまうの?
  2. 巻き爪の予防法
  3. 自分でできる応急処置法
  4. 巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法①患部をきれいにする
  5. 巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法②コットンを用意する
  6. 巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法③巻き爪にコットンを詰める
  7. 巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法④コットンは毎日取り替える
  8. 巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法⑤痛みが続いてしまったら?
  9. コットンパッキングは、あくまでも巻き爪の痛みを和らげる応急処置
  10. 巻き爪はコットンパッキングで治るの?
  11. まとめ

なぜ巻き爪になってしまうの?

2715167ad107982190de65bc144102f5 s
引用: https://i0.wp.com/katakatapanda.net/wp-content/uploads/2016/04/2715167ad107982190de65bc144102f5_s.jpg?fit=640%2C427&resize=350%2C200
巻き爪は、爪の縁が丸くなって指先の皮膚に触れ、巻き込んだようになってしまうことをいいます。巻き爪になる原因には、主に次の5つがあります。

巻き爪になる原因①深爪

45cab26b51a6621e10c423c07370c499 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/45/45cab26b51a6621e10c423c07370c499_t.jpeg
深爪も、巻き爪になる原因の一つです。深爪を続けていると指先の皮膚が盛り上がり、爪が伸びていくのを邪魔をしてしまいます。その結果、まっすぐに伸びることができなくなった爪は、厚くなったり巻き爪になったりしてしまいます。

巻き爪になる原因②爪の両端を切り残してしまう

4a7f31a4a5e05fadf7be41c1067fac93 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4a/4a7f31a4a5e05fadf7be41c1067fac93_t.jpeg
爪の両端をほんの少しでも切り残してしまうと、切り残した爪が皮膚に突き刺さり、炎症を起こして巻き爪の原因になってしまいます。

巻き爪になる原因③外反母趾

20150415170316510
引用: https://blog-imgs-73.fc2.com/n/a/o/naonao1107/20150415170316510.jpg
外反母趾の方は、歩くときに親指に地面からの圧力に加えて人差し指からも力が加わります。その結果、親指に必要以上の力が加わるため、爪が真っ直ぐに伸びることができずに巻き爪になってしまいます。足の形に合わない靴を履き続けても、同じように巻き爪になってしまいます。

巻き爪になる原因④歩き方

184262e4e7bb8e6fdc1e3c6665fea3c5 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/18/184262e4e7bb8e6fdc1e3c6665fea3c5_t.jpeg
歩くときに足の指に力を入れずに歩く方も、巻き爪になりやすくなります。そもそも、爪は丸まりながら伸びていく性質があります。一般的には、歩くときに足の指に力が加わることで爪は平らに伸びていきます。ですから、足の指に力を入れずに歩いていると、巻き爪になってしまうのです。

巻き爪になる原因⑤加齢

139ce10d273d48fc3359c18de677cfc1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/13/139ce10d273d48fc3359c18de677cfc1_t.jpeg
加齢も、巻き爪の原因になります。年令を重ねていくと指の皮膚に弾力がなくなっていきます。すると、爪の巻く力により指の皮膚にくい込んでいって巻き爪になっていってしまいます。

巻き爪の予防法

Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20140616%2f56%2f5201596%2f21%2f400x357x7ecdf432bce20d631a568dec
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140616%2F56%2F5201596%2F21%2F400x357x7ecdf432bce20d631a568dec.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
巻き爪は、日常生活の中で気をつければ、ほとんど予防できます。痛みがひどくなる前に、適切な予防と処置が大切です。

巻き爪の予防法①爪切り

Tumekiri 2
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/campaign365/cabinet/tumekiri-2.jpg?_ex=128x128
巻き爪は、正しい爪切りをすることによって予防することができます。ポイントは2つ。1つ目は、深爪をしないこと。2つ目は、爪を真っ直ぐにカットすること。
正しい爪の切り方は、真っ直ぐに切る方法です。爪を切るときには爪の端から数回に分けて真っ直ぐに切っていきましょう。爪の角を切ってしまうと、巻き爪の原因になります。そして最後に、ヤスリで爪の角をきれいに整えていきます。

関連記事

巻き爪の予防法②自分に合った靴選び

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_t.jpeg
巻き爪を予防するためには、自分に合った靴選びも大切です。靴のサイズが小さいと足を圧迫して巻き爪になってしまいます。また、サイズの大きい靴でも靴の中で足が動いてしまうため、つま先に力が必要以上に加わって巻き爪の原意になってしまいます。

巻き爪の予防法③日頃の運動

Gahag 0065384116 1
引用: http://gahag.net/img/201603/14s/gahag-0065384116-1.jpg
日頃の運動も、巻き爪を予防することができます。毎日歩くことで足の指に圧力が加わり、爪を真っ直ぐに伸ばすことができます。
ただし、歩き方や走り方も大切です。踵から地面に付けてつま先を真っ直ぐ前に向けながら歩きましょう。ハイヒールをよく履く方はつま先に体重をかけ過ぎてしまう歩き方になるので、注意をしてください。

自分でできる応急処置法

2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0 s
引用: https://i2.wp.com/katakatapanda.net/wp-content/uploads/2017/07/2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0_s.jpg?resize=640%2C480
巻き爪の応急処置には、「テーピング法」と「コットンパッキング法」の2つがあります。爪の長さによってこの2つを使い分けることが大切です。指の皮膚から2mmm爪が残っているときにはコットンパッキング法がおすすめです。もし1mm程度しかなくてコットンを挟むことができなければ、テーピング法が良いでしょう。

自分でできる応急処置法①テーピング法

41csgv%2batql. sx425
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/41csGV%2BatQL._SX425_.jpg
「テーピング法」とは、巻き爪になっている部分の爪のすぐ近くにテープを巻いて皮膚を引っ張ることで爪への食い込みを抑え、痛みを和らげる方法です。巻き方は2種類あります。1つ目は、足の指ら巻き付けて巻き爪の痛みを和らげる方法です。2つ目は、巻き爪の周囲に巻くことで痛みを和らげる方法です。

自分でできる応急処置法②コットンパッキング法

Attachment00
引用: https://makizumekun.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/attachment00.jpg
「コットンパッキング法」とは、巻き爪になった爪の両サイドと、爪が接している指の皮膚との間にコットンを挟んで痛みを和らげる方法です。巻き爪の症状が軽いときであれば、コットンパッキングで応急処置ができて痛みを和らげることができます。

巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法①患部をきれいにする

Large
引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/2/24/245/2451/1/large.jpg
コットンパッキングで処置する前に、巻き爪になっている部分をきれいにしましょう。できれば、お風呂場で巻き爪になっている足の指をお湯できれいに洗い流してください。お湯で患部を洗うことにより爪が柔らかくなり、コットンを詰めやすくなるからです。

巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法②コットンを用意する

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%b3%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b02014
引用: http://www.pristine.jp/blog/wp-content/uploads/2014/12/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B02014.jpg
コットンパッキングで使うコットンは、普段化粧水を付けるときに使っているコットンで大丈夫です。用意したコットンを、米粒くらいの大きさに丸めます。小さすぎたり大きすぎたりすると効果はありません。自分の巻き爪の状態と症状に合わせてコットンの大きさや密度を調節してください。
コットンでの調節が難しいときには、ティッシュや綿棒でも構いません。綿棒の面の部分だけ使うと、うまくいくこともあります。痛みや違和感があるような大きさや堅さにならないように気をつけてください。

巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法③巻き爪にコットンを詰める

6c9b4a4f65ab7c4200db351763e94969 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6c/6c9b4a4f65ab7c4200db351763e94969_t.jpeg
次に、小さく丸めたコットンを巻き爪になっている部分と皮膚の間に詰めていきます。爪楊枝など先が尖ったものを使って詰めていくと皮膚が傷ついてしまうことがあります。ピンセットを使って詰めると、うまく詰めることができます。
巻き爪にコットンを詰めるときに、爪が身近いとうまく詰めることができません。痛みの原因になってしまうので、無理に詰めることはやめましょう。

巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法④コットンは毎日取り替える

Images?q=tbn:and9gcq42gxlx2dtp64b 02uhklllkghhawla2wlcedobi05xlegyrf6
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ42gxlX2dTP64B_02uHkLlLKGhhaWla2wLCedOBi05xLEgyrF6
巻き爪は、患部を常に清潔に保っておくことが大切です。コットンを巻き爪の部分に詰めたままにしておくと、炎症が起きて痛みが増してしまいます。コットンは毎日取り替えて、清潔な状態を保ってください。

巻き爪の痛みを解消する自分でできるコットンパッキングの方法⑤痛みが続いてしまったら?

9ba28555 5678 45f5 9890 bfc59e988cc7
引用: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net/uranaru/item/image/normal/9ba28555-5678-45f5-9890-bfc59e988cc7.jpg
巻き爪にコットンを詰めても痛みが治まらないようでしたら、無理をせずコットンを詰めるのをやめてください。患部の炎症が強くて腫れているようなときにコットンパッキングをしても痛みは治まりません。患部を消毒したあとガーゼで覆い、病院での処置をおすすめします。

コットンパッキングは、あくまでも巻き爪の痛みを和らげる応急処置

Makitume care
引用: http://blog-imgs-37.fc2.com/a/r/o/aromafoot/makitume-care.jpg
コットンパッキングは、あくまでも痛みを和らげる応急処置です。初期の巻き爪であれば1カ月~2カ月で治ることがあります。爪は成長が早くはありません。例え初期の巻き爪であっても、長い期間かかってしまいます。

巻き爪はコットンパッキングで治るの?

Nailcare r
引用: https://makidume-suginamiku.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/nailcare_R.jpg
コットンパッキングは、強い巻き爪の方にはあまり効果がありません。もし、しっかりと巻き爪を治したい方は、テーピングや矯正グッズなどの別の処置を検討することをおすすめします。
特に痛みがひどいときには、無理をせずに病院での治療をおすすめします。皮膚科などでは、爪の形そのものを矯正して巻き爪から来る痛みを取り除いてくれます。比較的軽い巻き爪であれば「クリップ法」を、強い巻き爪であれば「ワイヤー法」が行われるのが一般的です。どれらの方法でも、巻き爪の治療には1~2カ月程度はかかります。

まとめ

00258af087622dc1b51860fe1858ba4c t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/00/00258af087622dc1b51860fe1858ba4c_t.jpeg
自分でできる巻き爪の処置法としてのコットンパッキングの方法を解説してきました。コットンパッキングは、あくまでも応急処置です。あまりにも痛みが出てくるようでしたら、すぐに病院に行って適切な処置をしてもらってくださいね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i2.wp.com/katakatapanda.net/wp-content/uploads/2016/04/a9a30fdbeb3ed53b7067445dd9b9b573_s.jpg?fit=640%2C426