2018年10月09日 UPDATE

ウェディングドレス(クラシカル)まとめ!袖・レース等で上品さを演出するには?

クラシカルなウェディングドレスは上品で清楚!なのに華やかな印象が魅力です。今回は、花嫁たちの間で人気上昇中のクラシカルなウェディングドレスをご紹介していきます。クラシカルならではのレース使いや袖丈、ブーケのコーデをする際のポイントなどもまとめていきます。

目次

  1. 女性の憧れ!上品で清楚なクラシカルなウェディングドレス
  2. クラシカルなウェディングドレスに注目が集まる理由
  3. おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:①袖がポイント
  4. おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:②ネックラインがポイント
  5. おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:③ドレスラインがポイント
  6. おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:④レース使いがポイント
  7. おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:⑤ドレスのカラーがポイント
  8. クラシカルなウェディングドレスは素材にもこだわっている
  9. クラシカルなウェディングドレスは小物やブーケで自分らしさを演出
  10. まとめ

女性の憧れ!上品で清楚なクラシカルなウェディングドレス

Xvxajvn3yoydasanaato
クラシカルなウェディングドレスは華やかなフリルなどインパクトのあるデザインではありませんが、控えめで上品な華やかさがあります。逆にそのデザインのシンプルさが、花嫁たちの魅力を引き立ててくれます。
過去には、グレース・ケリーやジャクリーン・ケネディが着たウェディングドレスが世界中で注目の的となりました。最近では、英国のキャサリン妃が着たクラシカルなウェディングドレスが人気となり、日本でもジワジワとその人気は高まっています。

クラシカルなウェディングドレスに注目が集まる理由

近年は、結婚年齢の上昇に伴い、30代や40代の大人の女性の結婚式が多くなりました。それに伴い、流行を取り入れた若々しい華やかさのドレスだけではなく、シンプルでありながらも上品で華やかで清楚、それに個性的ともとれるクラシカルなウェディングドレスに注目が集まっています。
素敵なレース使いのウェディングドレスを着ているのは、あの、グレース・ケリー。モナコ公国の王妃です。肌はほとんど見えませんが、清楚でありながらも、隠れたセクシーさを感じます。
もともと欧米諸国では、ウェディングドレスは可愛らしさだけではなく、大人の女性が醸しだすセクシーさもウェディングドレスを選ぶときの大事な要素となっていました。クラシカルなウェディングドレスは、上品で清楚ですが、どことなくセクシーさも隠しもっている、そんな雰囲気があります。日本女性の感覚も時代に伴い変化しているのでしょう。
クラシカルなウェディングドレスとブーケのコーデは、着る人の個性が光ります。
クラシカルなドレスのラインはシンプルですが、歩くと緩やかに揺れてとっても素敵。

おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:①袖がポイント

ロングスリーブのレース袖が美しいクラシカルなウェディングドレス

クラシカルなウェディングドレスの代表的なスタイルと言えば、ロングスリーブのレース袖。手の甲の半分が隠れてしまう長さで、とってもエレガントです。このレース袖に憧れてクラシカルなドレスを選ぶ方も。
ロングスリーブのレース袖とゆったりと柔らかな素材のドレスラインもクラシカルなウェディングドレスの特徴です。
純白のパフスリーブのクラシカルなドレスは、シンプルですが、髪飾りの可愛らしさが華やかさを演出して、上品でエレガントな印象に。

おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:②ネックラインがポイント

ネックラインのレース使いがエレガント

クラシカルなウェディングドレスで多いのがネックラインがレースになったスタイル。特にハイネックのレース使いは、クラシカルなドレスの定番。大人びたエレガントな雰囲気が人気です。
オフショルダーのクラシカルドレスです。ロールショルダーがポイントとなっています。プリンセススタイルで女性憧れのデザインです。
リボンをポイントにしたドレス。ケープがシンプルでクラシカルな印象に。

関連記事

おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:③ドレスラインがポイント

クラシカルなウェディングドレスは上品なドレスラインも魅力

柔らかな素材を使ったドレスは、歩くと羽のような揺れ方をするラインが魅力的。デザインはシンプルですが、ドレスラインの動きで上品で華やかな雰囲気になります。
胸の下に切り替えがあるエンパイアラインは、上品で清楚、そして華やかな印象で人気のスタイル。レースをあしらったロングのマリアベールとのコーデがとっても素敵。誰もが憧れるウェディングドレスですね。
レースの裾が長めのスタイル。ウェストのリボンがポイントですが、ドレスの横幅はタイトで大人っぽく、可愛さとエレガントの両方を兼ね備えた魅力的なドレスです。

おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:④レース使いがポイント

クラシカルなウェディングドレスはレース使いが最大の魅力

細やかなレースとハイネックは、クラシカルなドレスの定番スタイル。とっても上品で高貴な印象を与えてくれます。また、クラシカルなウェディングドレスでよく使用されているのが、くるみボタン。このくるみボタンが気に入ってクラシカルなドレスを選ぶ方も多いと言います。
シンプルで上品なレース使いのドレスに、ケープの付いた帽子をコーデした可愛らしいスタイル。帽子を斜めにセットすることで清楚なレース使いのドレスもカジュアルな雰囲気に。自分らしさを演出したお洒落なコーデです。

おすすめのクラシカルスタイルのウェディングドレス:⑤ドレスのカラーがポイント

クラシカルなウェディングドレスはアイボリーカラーが人気

ウェディングドレスは純白で!と思っている方も多いと思いますが、クラシカルなウェディングドレスは、オフホワイトやアイボリーも素敵です。
胸元がVラインのアイボリーのクラシカルなウェディングドレス。花冠のコーデも似合っていて女神のような雰囲気に。
薄紫かかったホワイトがシックな印象のドレス。レース使いもお洒落で、上品なセンスが光るクラシカルドレスならではの魅力があります。

クラシカルなウェディングドレスは素材にもこだわっている

クラシカルなウェディングドレスは素材が大切

クラシカルなウェディングドレスは素材にも気を使っています。同じデザインでも使用する素材によっては、まるで違う雰囲気に。
ウェディングドレスでよく使用されている生地は「シルク」。その中でも「ミカドシルク」はウェディングドレスでよく使用されている生地で、上品な光沢があり肌ざわりも格別。また、生地にはハリがあり、歩くと身体に沿って優雅に揺れ、品の良い光沢が目を引きます。まさに特別な日に着る一着にぴったりな素材です。

チュールやオーガンジーも人気

シルクの他にも、チュールやオーガンジーなど柔らかで優しい素材が使用されています。チュールは薄くて軽い生地ですので、何枚か重ねてふんわり感を出すのに優れた素材です。オーガンジーは、柔らかく薄い素材ですがハリがあり、ドレス部分に使用すると動きが滑らかで上品な雰囲気になります。

クラシカルなウェディングドレスは小物やブーケで自分らしさを演出

クラシカルなウェディングドレスはコーデする小物で個性が光ります

レース使いが素敵なドレスにコーデしているのがトーク帽。気品があって綺麗ですね。クラシカルなウェディングドレスは、自分なりのコーデを加えても優雅な上品さを損なわないところも魅力です。
柔らかラインが魅力的なドレスに合わせたブーケはブルー!肩からウェストにかけてのグレーのアクセントとも、とても合っています。
レースのハイネックドレスに合わせた「ボンネ」。クラシカルなドレスにぴったりです。また、小振りのブーケもシンプルで、上品さを際立たせています。

まとめ

Sac1askjho8o0bowlp6m
結婚式は、女性なら誰もが憧れる自分が主役の舞台。ステキなドレスで決めたいですよね。クラシカルなウェディングドレスは、シンプルですが、上品で優雅。おすすめのドレスです。
最近の華やかなドレスに混じっていると、控えめなクラシカルドレスは目立たないかもしれませんが、実際に着てみると、びっくりするほど、そのドレスが持つ魅力が輝き出します。控えめなスタイルが逆にあなたの魅力を引き出します。袖やネックのレース使いも着用することでその上品さや優雅さがわかります。
ウェディングドレスを選ぶときは、是非、クラシカルなウェディングドレスを試着してみることをおすすめします。今まで気づかなかったあなたの魅力が輝きますよ。

関連記事