J4nmsfel08msigzmpqjg

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

ウェディングドレス用グローブまとめ!素材やデザインの選び方を伝授!

2018.10.12

結婚式はウェディングドレスだけでなくグローブもこだわりたいもの。上品でおしゃれな小物は花嫁を華麗に仕立ててくれます。そこで今回は、ウェディングドレス用グローブまとめについてご紹介!種類や素材、デザインの選び方やコツもぜひチェックしてみてくださいね!

目次

  1. ウェディングドレス用グローブは、なぜ必要?
  2. ウェディングドレス用グローブは、なぜ必要?1 肌を見せない
  3. ウェディングドレス用グローブは、なぜ必要?2 純真さをアピール
  4. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】場所
  5. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】場所1 教会
  6. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】場所2 古典的な会場
  7. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】場所3 現代的なホテル
  8. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】場所4 リゾート
  9. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン
  10. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン1 長さの種類
  11. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン2 指先の種類
  12. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン3 サテン
  13. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン4 オーガンジー
  14. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン5 レース
  15. 【ウェディングドレス用グローブの選び方のコツ】種類や素材・デザイン6 色
  16. まとめ

ウェディングドレスグローブは、優雅な雰囲気があって女性らしいもの。デザインも豊富でかわいいので結婚式で身につける花嫁も多いものです。おしゃれなイメージのグローブですが、そもそも何で身につけるのかを知っていますか? ただ見た目が素敵なだけでなく、そこにはちゃんと意味があります。

ここでは、ウェディングドレス用グローブがなぜ必要なのかについてご紹介するので、豆知識として知っておくといいかもしれませんよ。

結婚式など公の場では、なるべく肌を見せない格好が好まれるもの。グローブは花嫁の肌を見せないようにすることで、神聖な雰囲気を醸し出すものです。ブライダルではグローブや衣装で肌を見せないように工夫しますが、これは宗教系の行事に共通ものとなっています。

Ncehaut0v7f5bflqp2la
引用: https://www.instagram.com/p/BoStOxnHWVA/?hl=ja&tagged=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96

グローブは基本的にずっとつけているものとされ、外すのは指輪交換など特定のシーンだけとされているもの。そのため単にデザインがおしゃれだから常に着けているというわけではないのです。

ブライダルでグローブを着用する理由のもう一つは、グローブが花嫁の純粋さを表すアイテムだから。貞淑で清楚なイメージのある純白の手袋は、これから新郎にすべてを捧げるといった健気な印象を与えるものです。グローブを身につけることで、花嫁の清潔なイメージを強めることができるということですね。

結婚式のグローブは基本的に外さないものですが、指輪の交換では外すことになるもの。新郎の前でのみ手袋を外すことで、「自分があなたのもとに行く」ということを示しているのです。また、結婚式では新郎が片手に手袋を持つものですが、これは手袋を剣に見立てた行為。伴侶を守っていくという意思の表れとされています。

Asp38v5lm9i1zkrzgfma
引用: https://www.instagram.com/p/Boyd_jnHzHe/?tagged=%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%E5%A0%B4

結婚式用グローブの選び方のコツの一つが、場所。ドレスは見た目のかわいさだけでなく、小物とのバランスや会場のイメージと合うかも、きっと考えることでしょう。グローブも同じように場所にあったデザインがおすすめなので、ぜひ選び方のコツとして知っておくといいですよ。

本格的なチャペルで式を挙げる場合は、肌を見せないことが大切。グローブの選び方のコツとしては、長い丈のものなど露出が少ないデザインにすることです。ドレスによっては半袖などで腕が露わになっているものもありますが、そんなときはグローブで肌の面積を調節します。

1 / 4