2018年10月10日 UPDATE

アロマオイルの使い方!職場・部屋・車での基本の使い方から驚きの応用法も!

「アロマオイルは玄関、部屋、就寝時用…と使い方は分けたほうがいいの?」など使い方に悩む人は多いのではないでしょうか。この記事では基本的なアロマオイルの使い方や、職場や車でのおすすめの使い方、香りを楽しむ以外の活用法までご紹介します!

目次

  1. アロマオイルを使ってみよう!
  2. アロマオイルの基本的な使い方
  3. アロマオイルの使い方①芳香浴
  4. アロマオイルの使い方②アロマバス
  5. アロマオイルの使い方③マッサージ
  6. アロマオイルの使い方④フェイシャルスチーム
  7. アロマオイルは場所によって使い方を変えるの?
  8. アロマオイルの意外な使い方
  9. アロマオイルの意外な使い方①拭き掃除
  10. アロマオイルの意外な使い方②マスクに付けて風邪&花粉症予防
  11. アロマオイルの意外な使い方③湿布
  12. 【まとめ】色んな使い方でアロマを楽しもう!

アロマオイルを使ってみよう!

Gahag 0092846928 1
引用: http://gahag.net/img/201606/04s/gahag-0092846928-1.jpg
アロマオイルはただ部屋をいい香りにするだけでなく、香りによっては集中力を高めたり、リラックスさせて気持ちを癒すなど様々な効果を得る事が出来ます。
その為、職場用、就寝時用、車用…など、場所や目的に合わせてアロマを変える事で、よりアロマを楽しむ事が出来るのですが、「アロマオイルの使い方が分からない…」と興味はあるけど手を出せない…という人も多いのではないでしょうか?
そこでこの記事では、アロマオイルの基本的な使い方や香りを楽しむ以外のアロマオイルの使い方をご紹介していきます。

アロマオイルの基本的な使い方

まずは、アロマオイルの基本的な使い方から見ていきましょう!

関連記事

アロマオイルの使い方①芳香浴

芳香浴とは、香りを空間に拡散させて楽しむ方法です。
芳香浴のやり方は、アロマディフューザーやアロマライト・アロマポットなどの専用の道具を使う方法が最もポピュラーです。
アロマディフューザーは、リビングのような広い部屋にしっかりと香りを拡散させるタイプから、車や職場の自分の机周りなどの狭い空間に香りを拡散させるものなど種類は様々です。
また、アロマディフューザーはデザイン性が高いものが多く大きさもコンパクトなため、玄関用、車用など場所や部屋に合わせてインテイリアの一部としてアロマディフューザーを使用する使い方人気です。
次にアロマライト、アロマポットですが、アロマライトは電気で精油を温め香りを部屋に拡散させる為、熱くなりにくく火傷など怪我をする心配がありません。
その為、小さな子供がいる家庭やペットを飼っている家庭でも安心して使う事ができます。
また、アロマライトの優しい穏やかな光は部屋で香りを楽しむだけでなく光によるリラックス効果もある為、就寝前に使用すると上質な睡眠や、寝つきがよくなるなどの効果も期待出来ます。

専用の道具なしでアロマオイルを楽しむ方法

Yprmirfp873uqphuv8yx
引用: https://www.instagram.com/p/BotGXmyHZhQ/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB
アロマディフューザーなど、専用の道具がなくてもアロマを楽しむことは出来ます。
やり方は簡単で、ハンカチやティッシュ、コットンに精油を1~2滴染み込ませるだけです。
バッグやポーチなどの中に入れておくと、バッグを開けた時にふんわりと香りが漂いますし、就寝時に枕元に忍ばせておくのもおすすめです。
ただし、ハンカチに染み込ませる場合はシミになる事もある為汚れてもいいものか、シミが目立たないハンカチを使ってくださいね!

アロマオイルの使い方②アロマバス

Gahag 0039573480 1
引用: http://gahag.net/img/201512/24s/gahag-0039573480-1.jpg
アロマバスとは、お風呂のお湯の中に精油を入れる入浴方法でリラクゼーション効果が期待出来ます。
また、肌からも芳香成分を取り込んでいる為お風呂から上がってしばらく時間が経ってもいい香りが持続しているため、就寝前に入浴すると心地よい香りのまま気持ちよく就寝出来ます。
Gahag 0002086527 1
引用: http://gahag.net/img/201509/07s/gahag-0002086527-1.jpg
アロマバスのやり方は、全身浴の場合1~5滴、半身浴の場合は1~3滴を目安に精油を入れてください。

アロマオイルの使い方③マッサージ

Gahag 0035002920 1
引用: http://gahag.net/img/201512/11s/gahag-0035002920-1.jpg
アロママッサージとは、アロマオイルをキャリアオイル(植物油)に混ぜた物を使ってマッサージをする方法です。
アロマの香りが楽しめるのはもちろんですが、マッサージをする事でさらにリラックスが出来、血行促進やむくみの解消など様々な美容効果も期待出来ます。
アロママッサージを行う際は、希釈濃度は通常で1%、敏感肌の人は0.5%以下を目安にしてください。精油を希釈せずに直接肌につけると、刺激が強すぎる為肌トラブルを起こしてしまいます。
こちらの動画は、自分で出来るふくらはぎのむくみを解消するアロママッサージのやり方です。

アロマオイルの使い方④フェイシャルスチーム

フェイシャルスチームとは、精油を入れた蒸気を顔に当てる事で毛穴を開き老廃物や汚れを除去する効果があります。ラベンダーなど肌の炎暑を押さえる効果のある精油を使えば、ニキビ肌の改善も期待出来ます。
最近では手頃な価格のフェイシャルスチーマーも販売されていますが、スチーマーが無くても出来ます。
やり方は、①洗面器など広めの容器に熱いお湯を入れ、そこへ1~5滴のお好みの精油を入れます。②そのまま蒸気を顔に当てます。この時、蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶるとしっかり蒸気を当てる事が出来ます。
③10分ほど蒸気を当てたら冷水で毛穴を引き締め、いつもの基礎化粧品でお手入れしてください。

アロマオイルは場所によって使い方を変えるの?

アロマオイルは、その種類によって得られる効果が違います。その為車で使う場合、玄関に置く場合など部屋や場所に合わせたアロマの使い方をするのが理想です。
ここからは、場所別におすすめのアロマの使い方をご紹介します。

関連記事

玄関

玄関で使う場合のおすすめは、玄関を開けた時に爽やにで清涼感のある香りがおすすめです。特に柑橘系の香りは強すぎない為、男性や子供からも好まれます。
また、玄関に虫除けグッズを置いている人も多いと思いますが、アロマオイルの種類によって虫除け効果のあるものもあります。
虫除け効果のあるアロマオイルは、レモングラス、ゼラニウム、ラベンダーで、これらの香りもそれほど強い香りではないため、玄関に置くのに最適です。

寝室

Gahag 0060289794 1
引用: http://gahag.net/img/201602/26s/gahag-0060289794-1.jpg
寝室におすすめなのは、ラベンダー、カモミール、オレンジスイート、クラリセージなどの香りは不眠症対策になるため、就寝前に使用するのがおすすめです。
また、就寝前に読書をするなどゆったりとした時間を過ごしたい人にはフローラルで爽やかなローズウッドの香りがおすすめです。
ローズウッドはゆったりとした気持ちになれる以外に、殺菌作用など風邪予防の効果がある為、就寝時以外でも風邪を引いているときや、風邪が流行り始める時期などにもおすすめです。

車の中

Gahag 0107743519 1
引用: http://gahag.net/img/201607/20s/gahag-0107743519-1.jpg
車の中でアロマオイルを使いたい場合は、車専用のアロマディフューザーなどもありますが、簡単にできる方法でしたら、ラッピングなどに使われているリボンにアロマオイルを1~2滴垂らし、車のエアコンの吹き出し口に結びつけると、エアコンの風に乗ってアロマの香りが車の中に広がります。
車の中で使用するアロマのおすすめの香りは、集中力を高めるレモン、眠気を抑えて精神を落ち着かせるペパーミント、イライラを押さえるユーカリプタスなどの香りが車で使うアロマオイルのかなではおすすめです。

職場

Gahag 0046631705 1
引用: http://gahag.net/img/201601/16s/gahag-0046631705-1.jpg
職場でアロマオイルを使う場合は、PCのUSB端子に接続するタイプのアロマディフューザーなどがあります。コンパクトで場所も取らず、自分の周辺だけ香りがする程度なので職場の人に不快感を与えずにすみます。
また、職場でロッカーを使用している人はコットンにアロマオイルを1~2滴垂らし、職場のロッカーや下駄箱などに置いておくと、ほとんどの精油には消臭効果や殺菌効果もある為ロッカーの匂いが気にならなくなります。
職場で使用するおすすめのアロマオイルの香りは、ストレスや疲れに効果的なラベンサラ、長時間座っている事が多い人は、血流を良くするローズマリー・シネオール、疲労回復効果のあるヒノキなどが職場におすすめです。

アロマオイルの意外な使い方

ここまで基本的なアロマオイルの使い方をご紹介してきましたが、アロマオイルの使い方は他にもあります!ここからは、アロマオイルの意外な使い方をご紹介します。

アロマオイルの意外な使い方①拭き掃除

Gahag 0039556186 1
引用: http://gahag.net/img/201512/24s/gahag-0039556186-1.jpg
アロマオイルで掃除をすると、頑固な汚れが落ちつだけでなく掃除のあと爽やかなアロマのいい香りがする為、掃除が終わった後はいつもよりも爽快感を感じられる事間違いなしです!
やり方は、水道水(50ml)、精油(20滴)、無水エタノール(50ml)をスプレー容器に入れて混ぜ、汚れが気になるところへスプレーして拭き取るだけ!
精油はペパーミントやティートゥリーは殺菌、消臭効果があり、ユーカリはダニ予防になります。

アロマオイルの意外な使い方②マスクに付けて風邪&花粉症予防

Gahag 0018786172 1
引用: http://gahag.net/img/201510/26s/gahag-0018786172-1.jpg
ユーカリ、ローズマリー、ペパーミント、ティートゥリーなどのアレルギーを押さえる効果のある精油をマスクに1~2滴染み込ませるだけで風邪や花粉症の予防になります。

アロマオイルの意外な使い方③湿布

アロマオイルを湿布のように使う事で、肩こりや腰痛、生理痛などを緩和させる効果が期待出来ます。
やり方は①清潔なハンカチ、タオルを用意します。 ②洗面器に水入れて、アロマオイルを2~3滴垂らします。 ③洗面器の中にタオルを入れます。この時、水に浮いているアロマを出来るだけタオルに染み込ませて、絞ってください。 ④③のタオルを痛みのある部分に10分程度当てます。
特におすすめな精油は、カモミール・ローマン、クラリセージ、スウィートマージョラムなどで、痛みを緩和させる効果があります。

【まとめ】色んな使い方でアロマを楽しもう!

アロマオイルの使用方法では、芳香浴、アロマバス、マッサージなど基本的な使い方から、掃除や風邪予防、湿布にも使えます!
色々な方法でアロマオイルを使ってみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201604/07s/gahag-0073444221-1.jpg