2018年10月24日 UPDATE

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!

世界遺産が多く近年人気の観光地「インド」。一人旅で訪れる人も増えていますが……インドでは治安の問題から危険があり注意する必要があります。女性で一人旅するときは、ツアーに入ったりすると安心ですね。インドを旅行する際の注意点やおすすめルートをご紹介します。

目次

  1. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドってどんな国?
  2. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ①インド東部
  3. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ②インド南部  
  4. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ③インド西部 
  5. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ④インド北部 
  6. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドの鉄道
  7. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インド旅行の前に渡航情報をチェックしよう
  8. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドで注意すべきポイント
  9. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ①デリー・アグラ・ジャイプール
  10. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ②リシケシ・デリー
  11. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ③ムンバイ・アウランガバード
  12. インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  安全面に注意して、一人旅を満喫しよう

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドってどんな国?

2f455f4ca9ac6ad45a94c632bcc2c1d3 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2f/2f455f4ca9ac6ad45a94c632bcc2c1d3_t.jpeg

首都  ニューデリー

面積  316万6414km²

人口  12億5523万(2013年の推計)

4952615c5b99caa1755e0df311c79995 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/49/4952615c5b99caa1755e0df311c79995_t.jpeg

日本の9倍という広大な面積を持ち、人口は12億人以上。タージ・マハル、アラブ城などの世界遺産が多くあります。5000年の歴史が造りだした歴史ある国インドには自然・建物・彫刻など多くの観光名所があり、日本でも多くのツアーが組まれており、美容に興味のある女性にも人気です。観光スポットは多いので、ルートをしっかり決めましょう。どのようなルートでも楽しめる国がインドです。

In map
引用: https://stworld.jp/area_guide/images/in_images/in_map.png

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ①インド東部

ガンジス川流域の広大な平原や、観光名所タージ・マハルが有名なムガル帝国の都「アグラ」、ガンジス川の沐浴で有名なヒンドゥー教の聖地ベナレスなど人気の観光地が集まっています。

またインド東部では、高級紅茶の名産地として人気のダージリンや、近代化が進むコルカタもおすすめです。

タージマハル

インド・イスラム建築の最高峰といわれる「タージマハル」はかつて栄えたイスラム王朝・ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが愛する妻のために造られた大理石の墓廟です。

Fa511d9b9c2f05f474f71a5581a63ac6 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fa/fa511d9b9c2f05f474f71a5581a63ac6_t.jpeg

ガンジス川

ガンジス川では教徒が沐浴をする姿がよく見られ、また火葬場にもなっていて遺灰が川に流されます。

E7915dd2f184ac0fca986301a365f0b3 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e7/e7915dd2f184ac0fca986301a365f0b3_t.jpeg

コルカタ

Istock 59631016 medium
引用: https://i0.wp.com/wondertrip.jp/img/20160802/iStock_59631016_MEDIUM.jpg?w=730

イギリス領インドの首都が置かれていた場所でインド初の地下鉄も走る大都市。洋風建築・公園・庭園などおしゃれな造りになっています。ツアーでも人気のスポットです。ぜひルートに入れましょう。

Istock 24944138 medium
引用: https://i0.wp.com/wondertrip.jp/img/20160802/iStock_24944138_MEDIUM.jpg?w=730

グワリオール

14世紀にラージプート族の王が築いたもので、丘の上の巨大な城塞には寺院(ヒンドゥー教、ジャイナ教)が点在。

Img 31?1301094255
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a7-ba/samberasam51/folder/350964/04/22001304/img_31?1301094255

カジュラホ

9~14世紀に栄えたチャンデーラ王国の都でミトゥナ(男女交合)像は壁画を埋め尽くし、そのスケールに圧巻です。

Dsc05067
引用: http://www.intweb.co.jp/india/image/DSC05067.jpg

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ②インド南部  

カーンチープラム

パッラヴァ朝時代の古都で、カイラーサナータ寺院をはじめ、たくさんの寺院が残る大聖地です。

650x 10673028
引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_album/10/67/30/650x_10673028.jpg?updated_at=1339300553

チェンナイ

昔は王朝の貿易港として栄え、17世紀にイギリス東インド会社の拠点となる、南インドの玄関口です。

Vhouse
引用: https://indiamatome.com/wp-content/uploads/2016/06/VHouse.jpg

エローラ

絶壁に彫られた34の石窟寺院が2km以上も連なります。(1~12窟 仏教寺院、13~29窟 ヒンドゥー教寺院、30~34窟 ジャイナ教寺院)

Dsc04616
引用: http://www.intweb.co.jp/india/image/DSC04616.jpg
Dsc04531
引用: http://www.intweb.co.jp/india/image/DSC04531.jpg

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ③インド西部 

インド経済の中心地で最大の都市「ムンバイ」が有名。

ムンバイ

3766cbe9c17af8ab12f67f5fe9250e0d t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/37/3766cbe9c17af8ab12f67f5fe9250e0d_t.jpeg

17世紀にポルトガル領からイギリスに譲渡され、中心部には今なおイギリス人が築いた砦跡が残ります。

2dbd7e9fbe5301602e4633a1de6b1e9b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2d/2dbd7e9fbe5301602e4633a1de6b1e9b_t.jpeg

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  有名な観光名所 ④インド北部 

3000年の歴史を誇るインドの首都デリー。

フーマユーン廟・レッド・フォート(奴隷王朝のクトゥブ・ミナール、ムガル帝国)、などの建造物、ジャイプール、ウダイプルなどの古都が点在しています。

また、北にヒマラヤ山脈が連なり、西にタール砂漠が果てしなく広がります。

デリー

旧市街のオールドデリーとイギリスが建設した計画都市ニューデリーからなり、ニューデリーの中心は円型のコンノート・プレイス。

A31ee80490fc3e1ac1f2d9512c0a1747 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a3/a31ee80490fc3e1ac1f2d9512c0a1747_t.jpeg

ジャイプール

赤岩石が使われる旧市街は「ピンク・シティ」とも呼ばれ、藩王ジャイ・スィン2世によって建設されたラージャスターン州の州都

330a4d0d0407ce4ded8df9de3b22d9a9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/33/330a4d0d0407ce4ded8df9de3b22d9a9_t.jpeg

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドの鉄道

インド国内は鉄道が網羅されており、安全面に注意すれば一人旅を楽しむには最適な国なんです。電車が通らない小さな村ではバスを利用しましょう。女性の一人旅の場合はトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

Traffic map
引用: http://www.hankyu-travel.com/guide/india/html/traffic/parts/traffic_map.gif

こんな素敵なインドですが、治安や衛生状態など注意すべき点があります。一人旅を楽しむためにしっかりと理解しておきましょう。

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インド旅行の前に渡航情報をチェックしよう

インドの治安は近年急激に良くなっており、日本からも年間20万人の観光客が訪れる人気の観光地となっています。昼間の観光地はとても穏やかで事件などに巻き込まれる危険性は極めて低いです。しかし日本とは違い、インドは多くの民族や多宗教の国で、文化や考え方の違いから各地でテロなどの犯罪がおこり、観光客が巻き込まれてしまうケースも多くあり危険です。特に女性の旅は注意が必要です。

インドに旅行へ行くときは、その国の文化や治安状況など事前にきっちりと調べておく必要があります。女性は特に注意してください。

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  インドで注意すべきポイント

旅行会社

観光客をターゲットにした悪徳業者が増えています。勝手にツアーを申し込まれて高額な金額を要求される被害が起きています。旅行業者を装った親切な人には注意です。

大気汚染

首都デリーの大気汚染問題は深刻でマスクをつけていても、マスクが真っ黒になります。また学校が3日間臨時休校するなど、外出するもの危険な状態です

4748959d874475d43bbeae6aaf654d34 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/47/4748959d874475d43bbeae6aaf654d34_t.jpeg

野犬

インドはとにかく犬が多く、首輪をしておらず、不健康そうにフラフラした犬がほとんどです。そんな犬に対して最も注意すべきことは「狂犬病」です。世界では年間6万人が狂犬病で死亡しており、そのうち2万人の死者がインドです。狂犬病に感染している犬は大変 凶暴で、追いかけてきたり飛びついたり、噛まれたりは日常茶飯事。非常に危険です。
万一噛まれた時は、消毒をして急いで病院へ行きましょう。

Acf76fe60d25a8aacf70a6562118b8b8 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ac/acf76fe60d25a8aacf70a6562118b8b8_t.jpeg

水や生野菜は口にしないことが賢明です。蛇口から出ている水に下水が混ざっていたり、生野菜を泥だらけの水で洗うなど、日本では感がいにくい衛生状態で危険です。ミネラルウォーターを持ち歩くようにしましょう。

F03dc200880fc6dcaf4ab6f3f023f520 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f0/f03dc200880fc6dcaf4ab6f3f023f520_t.jpeg

野良牛

牛が普通に道を歩いています。牛が人間を襲うことは少ないですが、触ったり近づいたりすることは危険です。しかしヒンドゥー教では牛は聖なる存在で、牛を傷つける行為や日本のように食べるなどもっての外。襲われたからと反撃すると、大変なことになるので、牛には近づかないようにしましょう。

95d7f7d616cb7fa274558470b086625f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/95/95d7f7d616cb7fa274558470b086625f_t.jpeg

この他にも、インドは「物乞いをしてくる人」の数が他の国と比べて多いです。一人に渡してしまうとどんどん集まってくるので絶対に渡さないこと。また観光客に安いものを高額で売りつけるなどのトラブルも起きています。特に女性はターゲットにされやすいので夜の一人歩きなどは危険です。

関連記事

危険なこともあるので十分に注意して、一人旅を楽しもう。おすすめのツアーをご紹介します。

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ①デリー・アグラ・ジャイプール

おすすめのルートを紹介します。

【1日目】 日本からデリーへ → その日はホテルに宿泊

【2日目】 デリーから列車(3時間)→アグラ到着(タージマハル・アグラ城などを見学)→アグラで宿泊

4d80c22c93d0cadd1453069539a02b04 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4d/4d80c22c93d0cadd1453069539a02b04_t.jpeg

【3日目】 アグラから列車・バスでジャイプールへ(市内観光)  ※観光ツアーに参加するのもおすすめです。

【4日目】 ジャイプール観光(風の宮殿、シティパレス、アンベール城など) → 夜行列車でデリーへ

【5・6日目】 デリー観光 → 6日 夜 デリー発の飛行機で帰国

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ②リシケシ・デリー

おすすめのルートを紹介します。

【1日目】 日本からデリーへ → その日はホテルに宿泊

【2日目】 デリーから列車 → ハリドワールへ(マンサデビ寺院・ガンジス河など見学)→ リシケシ到着

Gqxqifwcljsbinnfaizvd18pkeemd0uhjepcxqza
引用: https://images.yogajournal.jp/article/793/gqxqIFwCLJsBINNFaIzvd18pKEEmd0uHJEpCxQzA.jpeg

【3・4日目】 リシケシでヨガ体験 ※各旅行社のヨガ体験ツアーもあります。

Rekpavtbuhthvqvvysvvh0y7ygatuhextsq0ulmb
引用: https://images.yogajournal.jp/article/12514/rekpavtbuHthvqvvYSVVh0y7YgATUhexTSq0uLMB.jpeg

女性に人気!ヨガトリートメントで心も身体もリフレッシュ!

8 3
引用: https://www.tabikobo.com/special/india/rishikesh/images/photo/8-3.jpg

【5日目】 早朝に鉄道でリシケシ → デリーへ 夜に飛行機で帰国

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  おすすめコース ③ムンバイ・アウランガバード

おすすめのルートを紹介します。

【1日目】 飛行機でムンバイに到着 → ホテルへ

【2日目】 ムンバイから列車 → アウランガバード(アジャンタ石窟寺院・市内観光など) 

【3日目】 アウランガバード市内観光  ※観光ツアーに参加するのもおすすめです。

【4日目】 アウランガバードから列車 → ムンバイへ(インド門、ビクトリアターミナスなど観光)  ※観光ツアーに参加するのもおすすめです。

【5日目】 早朝の飛行機で帰国

インド一人旅を楽しもう!おすすめルートや注意点を徹底解説!  安全面に注意して、一人旅を満喫しよう

0629b89bdd5c26389302046f80ba9239 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/06/0629b89bdd5c26389302046f80ba9239_t.jpeg

女性が一人でも楽しめるおすすめのコースをご紹介しましたが、いかがでしたか?治安の問題で危険な場所もあるので女性一人の場合は、ツアーを利用するなど、安全面への配慮が必要なので注意してください。どんな旅行でも、注意さえしてルート決めをすれば安全です。下調べでルートをしっかり決め、一人旅を楽しみましょう。

関連記事

C504f0b3279356eb9fbf53f26fd464c8 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c5/c504f0b3279356eb9fbf53f26fd464c8_t.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a0/a0e601fee253604d6dcfe66042cd880a_t.jpeg