Qwhbd22nmclv3i7asv6r

DIY・ハウツー

CATEGORY | カテゴリー

DIYに使える木材の種類を紹介!加工しやすく安い物の選び方は?

2018.10.31

DIYでは定番の木材ですが、豊富な種類に悩まされることも…そこで今回はDIYに使える木材の種類やサイズについてご紹介します。またホームセンターや通販で役立つ、カットや塗装等の加工がしやすく安い木材の選び方も併せて解説!通販で手軽に木材を購入したい方は必見です。

目次

  1. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】無垢材の定番2種
  2. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】集成材の定番3種
  3. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】加工しやすい木材は?
  4. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】塗装の仕上がりは?
  5. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】木材のサイズは?
  6. 【通販でも購入できる!DIYで使える木材の種類まとめ】合板のサイズは?
  7. 【通販で役立つ!DIY木材の種類・選び方ポイント】①集成材がおすすめ!
  8. 【通販で役立つ!DIY木材の種類・選び方ポイント】②木の色味に注目!
  9. 【通販で役立つ!DIY木材の種類・選び方ポイント】③安い木材の選び方!
  10. 《まとめ》
1e30e248524b9db793dc9b8f91c44f65 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1e/1e30e248524b9db793dc9b8f91c44f65_t.jpeg

木材そのものが表現する木目が美しい無垢材。無垢材とは木を一枚に切り出したもので、余計な加工が施されていません。まずは無垢材の中でも定番の2種類をご紹介します。

ヒノキ

F089d718f22e29e7cc264d214c662e7f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f0/f089d718f22e29e7cc264d214c662e7f_t.jpeg

ヒノキは独特の香りが特徴的な木材ですが、耐久性も優れているので高品質な木材に分類されます。心が落ち着く優しい香りが魅力のヒノキは、無垢材の中でも非常に高価です。特にサイズの大きな一枚板は、DIYでの加工がためらわれてしまうほどの高級木材になります。

スギ

602e3263910d6d35b19ad091622e049e t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/60/602e3263910d6d35b19ad091622e049e_t.jpeg

スギも香りが強い木材ですが、木目がはっきりしている特徴があります。やわらかい木材なのでDIYでの加工もしやすく、無垢材でもヒノキよりは安い価格で購入できます。

6fc177136274d42dac94d6c3195ec83b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6f/6fc177136274d42dac94d6c3195ec83b_t.jpeg

安い価格で木材が購入できるので、DIYでは欠かせない集成材。使われている木の種類によって風合いや硬さも変化するので、特徴を理解しておきましょう。今回は集成材の中でも定番の3種類をご紹介します。

パイン

534477208abe4b40b284d8ea5e362a2a t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/53/534477208abe4b40b284d8ea5e362a2a_t.jpeg

集成材の中でも人気の高いパインは、適度な軽さと木材のやわらかさが特徴です。手に馴染みやすく、加工もしやすいのでDIYに向いている木材です。

タモ

Fce935bfc09c4c1ffac525ed043f2b38 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fc/fce935bfc09c4c1ffac525ed043f2b38_t.jpeg

タモははっきりと表現されている木目が特徴で、木の風合いを活かしたDIY作品に使われることが多いです。木の表面は粗く感じますが、加工はとても簡単に行えます。

赤松

A143e88dbc66f00477c69288b2cf39a3 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a143e88dbc66f00477c69288b2cf39a3_t.jpeg

赤松もきれいな木目が特徴で、色合いが柔らかいので木の雰囲気を存分に楽しむことができます。油分の多い赤松はヤニが出ますが、その分耐久性に優れているので湿気の多い場所でも使えます。

980969ffe8509b4758753ee8f97f1fdb t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/980969ffe8509b4758753ee8f97f1fdb_t.jpeg

DIYでは加工しやすい木材選びがポイントになります。柔らかい木材はのこぎりでも簡単にカットができますし、穴開けや装飾も施しやすいでしょう。そこで柔らかく加工しやすい木材をご紹介します。

スギは柔らかい

D29496ecb2dccdafe9a6ab60b05f4214 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d2/d29496ecb2dccdafe9a6ab60b05f4214_t.jpeg

無垢材は木の性質がそのまま残っているので、柔らかいスギは加工も簡単です。集成材になるとやや硬さは感じられますが、それでも加工に向いている点は大きくは変わりません。

節の数で加工のしやすさは変わる

C6d47f8ddd542a8b98a0c08869dfae4e t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c6/c6d47f8ddd542a8b98a0c08869dfae4e_t.jpeg

集成材や薄い板を張り合わせた合板は、DIY向けに加工がしやすいものが多くなっています。ですが節の多いものはカットの際に引っ掛かりが多く、見た目も損なわれてしまうでしょう。一方節の少ない集成材は価格も高くなってしまうため、加工のしやすさと価格を比較して木材を選ぶ必要があります。

1 / 4