2018年10月24日 UPDATE

アボカドの食べごろはいつ?シール・色・硬さを使って見分ける魔法の方法!

濃厚な味わいでどんな料理にも合うアボカド。そんなアボカドを買ったものの美味しくなかったという経験をしたことがありませんか?アボカドは食べ頃となる目印を見分けることができます。ヘタや色、硬さ、シールなどを使った美味しいアボカドの食べ頃の選び方をご紹介します。

目次

  1. アボカドの食べ頃とは?
  2. アボカドの食べ頃の選び方をご紹介
  3. アボカドの食べ頃の選び方①:皮の色
  4. アボカドの食べ頃の選び方②:形
  5. アボカドの食べ頃の選び方③:硬さ
  6. アボカドの食べ頃の選び方④:ヘタの有無
  7. アボカドの食べ頃の選び方⑤:シール
  8. アボカドを食べ頃にする方法
  9. アボカドの食べ頃の保存方法
  10. まとめ

アボカドの食べ頃とは?

B0gyvlmnc7vgrrxlwhie

メキシコと中央アメリカ原産で、クリーミーな食感と濃厚な味わいから森のバターとも呼ばれるアボカドは、和食、洋食問わずさまざまな料理に応用できる食材です。栄養素も豊富で美味しい食べ物ですが、購入する時に選んだものによって、アタリハズレが分かれてしまう食材でもあります。

アボカドを選ぶのは難しい

Kf25pgooyj4dvd1dg238

アボカドは外皮、果肉、種で構成されており、可食部の果肉の状態は外から判断しにくいため、硬すぎず柔らかすぎない食べ頃のアボカドを、スーパーなどで適当に選ぶことは至難の業です。しかし、アボカドはヘタ、色、硬さ、形、シールなどから食べ頃を選ぶこともできます。

アボカドの食べ頃の選び方をご紹介

Niafflrnwknf0f2sjorz

クリーミーな食感と濃厚な味わいが美味しいだけでなく、ビタミンやミネラルなど栄養も豊富なアボカドは、美味しいアタリと不味いハズレの差が大きい果物としても知られており、せっかく購入するのであれば、美味しいアボカドを選びたいと思いませんか?

食べ頃を見分ける選び方

Uk5bzy1inbdwqk89w6i8

一目見ただけでは、適度な柔らかさの食べ頃の見分けが付きにくいアボカドですが、皮の色、形、硬さ、ヘタの有無、皮に貼られているシールで誰でも簡単に、食べ頃の美味しいアボカドを見分けることができます。食べ頃のアボカドが簡単に分かる選び方をご紹介していきます。

アボカドの食べ頃の選び方①:皮の色

Hwaadwospoakxusaykww

最初にご紹介するアボカドの食べ頃の選び方は、「皮の色」を見極める方法です。アボカドはワニのような質感からワニナシと言われるなど、特徴的な皮がありますが、美味しい食べ頃のアボカドを選ぶうえで重要となる注目のポイントは、アボカドの皮の色です。

皮の色で食べ頃を見極める

J9lzlj7jlwd42xen3dsj

アボカドの皮と言えばどのような色を思い浮かべますか?アボカドに馴染みのある人であれば、鮮やかな緑、濃い緑色や黒などさまざまな色が皮にはありますが、アボカドは完熟度合いによって皮の色合いが変化します。

鮮やかな緑は熟しておらず、黒っぽい緑が適度に熟した美味しい食べ頃のアボカドです。しかし、黒ければ黒いほど熟されているので、黒すぎるアボカドは過度に熟されているため注意が必要です。

アボカドの食べ頃の選び方②:形

Weedhzrtkhlqnmhzybkj

続いてご紹介するアボカドの食べ頃の選び方は、アボカドの「形」を見て選ぶ方法です。アボカドは植物のため、全く同じ形というものはなく、真ん丸だったり、細長かったり、しずく型など1つ1つ違う形をしており、アボカドの食べ頃は全体のフォルムでも見分けることが可能です。

バランスの良いしずく型

Eowhpkbvv0d4twyelslm

アボカドは基本的にベースの形は縦長の円形ですが、1つ1つの丸さや大きさは一律ではなく異なっています。形でも見分けることができる美味しい食べごろのアボカドは、実の全体が丸みを帯びてハリやツヤがあり、しずく型で綺麗な形のものが食べ頃の美味しい見分け方です。

アボカドの食べ頃の選び方③:硬さ

Kto3tggbmblsehp0nnon

続いてご紹介するアボカドの食べ頃の選び方は、「硬さ」を確認して選ぶ方法です。今までもスーパーなどでアボカドを購入する際、硬さを選ぶ基準にするという方も多くいらっしゃるでしょう。何となく指で押してみて柔らかいものを選んで失敗することも多く、適度な硬さを選ぶことは難しいです。

柔らかすぎない硬さがベスト

Lqs8biqqxyrjnpm1ndue

アボカドを指で押してみると、硬さのあるアボカド、柔らかいアボカドなどありますが、硬さのあるアボカドはまだ熟しておらず食べ頃ではありません、反対に柔らかすぎるアボカドは熟しすぎており食べ頃を過ぎていることが多いです。そのため、食べ頃のベストな状態のアボカドを選ぶには、軽く押してみて程よい硬さと弾力のあるものを選びましょう。

「関連記事」

アボカドの食べ頃の選び方④:ヘタの有無

Unvrydz04jgfxvet99vm

続いてご紹介するアボカドの食べ頃の選び方は、「ヘタの有無」で確認する方法です。アボカドは木に実をつける果物で、他の果物と同じように木の枝から切り離す際にヘタがアボカドに残っている場合と、残っていない場合がありますが、ヘタの有無によって鮮度の違いが発生して美味しさの違いに関係しています。

ヘタは鮮度を見るポイント

Rsolk7gldtbcoskyyciw

アボカドの上部の中心にあるヘタは、アボカドの美味しさを選ぶうえで非常に重要なポイントと言われており、アボカドは上部のヘタの部分から、熟していく植物のためヘタの周辺が柔らかいものや、ヘタが取れてしまっているものは熟しすぎて酸化が進んでいるものもあるため、ヘタの付いているアボカドを選ぶと良いです。

アボカドの食べ頃の選び方⑤:シール

Lng1n2o2ln1nkiya0sso

続いてご紹介するアボカドの食べ頃の選び方は、「シール」です。アボカドにシールは関係ない印象がありますが、スーパーなどで販売されているアボカドには、皮の部分にバーコードや生産地、商品名などが記載されたシールが張られており、販売元によって違いがありますが、食べ頃の判断基準になるシールもあります。

シールと見比べられる

スーパーなどで販売されているアボカドには、シールが貼られていることが多く、食べ頃の目安日が記載されているタイプや、食べ頃の皮の色がプリントされているタイプもあり、実際にシールにプリントされている食べ頃の色と、アボカドの色を照らし合わせることで、完熟状態の美味しい食べ頃が分かります。

アボカドを食べ頃にする方法

Gom5q4wxd0lygsvqo3f0

外見からは判断しづらいアボカドの食べ頃ですが、皮の色や形、硬さ、ヘタの有無、シールの情報などポイントを押さえることで、誰でも簡単に適度に熟成して美味しく食べられる、食べ頃のアボカドを選ぶことができますが、販売されているアボカドの完熟度が足りないと感じた時にはどうすればいいのでしょうか。

正しい保存で追熟

Hwlglhii4jb9y6l6ws9m

販売されているアボカドが少し硬く、食べ頃ではないと感じたアボカドは、自宅で美味しい状態になるまで追熟することが可能です。室温20℃前後の環境に保存しておくことで、自然と熟成が進み追熟されます。また、追熟を早めるにはビニール袋などに、リンゴやバナナと入れることでエチレンガスにより追熟を促すことができます。

アボカドの食べ頃の保存方法

Xsvm2tndcvcygseivd53

アボカドは果物であることから、1度冷蔵庫に入れて保存をしてしまってから、再度常温に戻しても追熟することはできません。したがって食べ頃ではない追熟が必要なアボカドは、冷蔵庫へは入れないで、保存方法にも注意が必要となります。

常温もしくは冷蔵保存

Jbcmqaorj7xw18tx4nel

購入後まだ食べ頃ではないアボカドの場合は、食べ頃の選び方のポイントを参考にして熟して食べ頃になるまでの間は常温保存が可能となります。購入後既に食べ頃の場合は、冷蔵庫で保存をすることで、追熟をストップさせることができます。

まとめ

アボカドの食べごろはいつということで、シール、色、硬さを使って見分ける魔法の方法をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。中身が見えないアボカドは、購入した日に食べようと思っても、美味しくないと感じることが多くいですが、アボカドの食べ頃の選び方を押さえておくことで美味しいアボカドを選ぶことができます。

すぐに食べたいときには、完熟を見抜いて選んで購入して、後日食べたいときには熟していないものを選ぶか、熟したものを冷蔵庫で保存することがおすすめです。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。

「関連記事」

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/13/04/34/avocados-1041466_960_720.jpg