Bqjpj1b8ymwmnkr7fgzp

カラオケ

CATEGORY | カテゴリー

歌で高音を出すための練習法!きれいな裏声を出すトレーニングのコツとは?

2018.10.31

カラオケなどで歌を歌うときに高音の出し方が気になりますよね。裏声を出したくても喉はこもることで、高音が上手く歌えなかと思います。そこで今回は、歌を歌うときに高音を上手く出すためのトレーニングのコツを紹介していきたいと思います。

目次

  1. 歌を歌うときの高音とは
  2. 高音を上手く歌うためのトレーニングのコツその①声帯を鍛える
  3. 高音を上手く歌うためのトレーニングのコツその②高音を出す
  4. 高音を上手く歌うためのトレーニングのコツその③高音はつらくない
  5. まとめ
A0002 006545
引用: http://www.world-5.com/wp-content/uploads/2014/01/a0002_006545.jpg

好きなアーティストの歌をカラオケなどで歌おうと思っても高音の部分で喉がこもることで上手く裏声にならない人が多くいるかと思います。自分が歌えるキーの幅が少なかったり、元々の地声が低い人は上手く裏声を出すことが難しくなってきます。ですが、トレーニングできれいな裏声の出し方をマスターすれば、きれいな裏声を出すことができるようになります。そこで今回は、高音をスムーズに歌えるようになるための、裏声の出し方やトレーニングのコツを紹介していきたいと思います。

Maikohorisawa 080 wide
引用: http://blog.amatomusica.com/wp-content/uploads/2015/09/MaikoHorisawa-080-wide.jpg
2f9ec014057159a5a04988965e269e50
引用: https://i1.wp.com/vp-vocal.com/blog/wp-content/uploads/2016/06/2f9ec014057159a5a04988965e269e50.jpg?fit=600%2C400

最近流行しているアーティストの歌の傾向として、ハイトーンボイスの歌が流行しています。それはハイトーンボイスは、アップテンポでノリがよく耳に残りやすいからです。そして、ノリのいい歌は上手く裏声の出し方がわからずに、喉がこもる状態で歌い続けると喉を痛めてしまいます。そこで、低いガラガラの音を出すことで、声帯が開いて喉がこもる状態から、声帯が開いてくれます。声帯が開くことで今まで出なかった、高音の裏声がきれいに出るようになります。

Dollarphotoclub 75722090 e1421376385788
引用: http://karafan.jp/wp-content/uploads/2015/01/Dollarphotoclub_75722090-e1421376385788.jpg

基本的に高音の上手い出し方は、喉を開くことできれいな高音が出るようになります。そして先ほど紹介した低いガラガラ声ですが、トレーニングのコツとしては、【あーっ】と発声するときに喉をカラカラ鳴らす出し方をイメージしてみてください。口を開いて、喉の奥から低い声を意識的に出していきます。そしてどんどん口を開いていくと、次第に喉からコロコロと音がする瞬間があります。その瞬間に声帯が開いた状態になっています。この声帯が開いた状態を体が覚えるまでトレーニングすることで、上手く高音を出すことができます。

Wp.seitai shom hikaku
引用: http://sweet-dms.com/wp-content/uploads/2017/07/wp.seitai-shom-hikaku.jpg
1/3