2018年11月08日 UPDATE

節約食材ランキング15選!栄養たっぷり!まとめ買い・一人暮らしにも!

日常生活を送るうえで欠かせない食事。自炊をすると食費がかかりますが、節約には食材にかかる食費を抑えることがとても有効です。まとめ買いや一人暮らしの方にもおすすめの栄養豊富で、日頃の食費を節約できる食材を保存方法やランキング形式でご紹介していきます。

目次

  1. まとめ買いでも一人暮らしでも食材で節約
  2. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第15位「糸こんにゃく」
  3. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第14位「卵」
  4. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第13位「冷凍うどん」
  5. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第12位「納豆」
  6. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第11位「おから」
  7. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第10位「豚小間肉」
  8. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第9位「玉ねぎ」
  9. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第8位「こんにゃく」
  10. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第7位「食パン」
  11. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第6位「豆苗」
  12. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第5位「鶏ミンチ」
  13. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第4位「鶏胸肉」
  14. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第3位「豆腐」
  15. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第2位「もやし」
  16. 栄養たっぷり節約食材ランキング:第1位「じゃがいも」
  17. 一人暮らしにもおすすめのまとめ買い節約食材
  18. まとめ買いした節約食材は正しく保存
  19. まとめ買いした節約食材は冷凍保存
  20. まとめ

まとめ買いでも一人暮らしでも食材で節約

生活をするうえで必ず必要となる、日用品や光熱費、食費などの生活費ですが、最も有効的に節約をするにはどれを減らすことが簡単か知っていますか?日用品は最低限の物を買う必要があり難しく、光熱費も節約できますが、大幅には難しいものです。そんな時、1番簡単に節約できる方法が食品の節約です。一人暮らしの方にとっても、節約できると嬉しいですね。

食費はまとめ買いと保存で節約

外食するより食費を安く抑えることが可能な自炊は、1食100円程度安く抑えることも可能で、年間で換算すると約10万円程度節約することができます。食費の節約には、節約食材の有効活用やまとめ買い、食材の保存をすることで効果的に行うことができます。一人暮らしですと、食材の保存が肝になってきますね。一人暮らしにもおすすめの節約食材をランキングでご紹介していきます。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第15位「糸こんにゃく」

栄養たっぷり節約食材ランキング第15位は、「糸こんにゃく」です。こんにゃく粉を水で溶いた液体を細い穴に通し、糸状にしたこんにゃくの糸こんにゃくは、スーパーなどで200g約100円以下の安定して低価格で販売され続けており、炒め物や煮物、鍋物などさまざまな料理に使うことができる優れた節約食材です。

腹持ちしやすい

糸こんにゃくは、1度開封してしまうと長期保存は難しいですが、未開封の場合は空気に触れないため、冷暗所では数か月日持ちするため、安い時に買いだめにもおすすめの食材です。食物繊維も豊富に含まれており、カロリーも12kcalほどなっており、腹持ちがよくダイエットにもおすすめの節約食材です。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第14位「卵」

栄養たっぷり節約食材ランキング第14位は、「卵」です。大人数のファミリー家庭でも、一人暮らしの家庭などどの家庭でも必ずあると言っても過言でない程、日本人とは切っても切り離せない食材の卵。生活に欠かせない食材のため値段も安くなっており、ある程度日持ちもするため、一人暮らし以外の場合は、100円以下の特売日に買いだめすることがおすすめです。

バリエーションが豊か

賞味期限は長いものの、長期保存は難しい卵ですが、たんぱく質やミネラルなど豊富な栄養素が含まれている食材で、多くの栄養素が含まれていることから、「完全栄養食品」とも呼ばれるほどです。栄養豊富な卵は、焼き、茹で、炒めなどさまざまな料理いに応用することができる、生活に欠かせない食材の1つです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第13位「冷凍うどん」

栄養たっぷり節約食材ランキング第13位は、「冷凍うどん」です。市販されているうどんは、乾燥された乾麺、茹でられているゆでうどん、冷凍された冷凍うどんがありますが、節約食材としておすすめなのは冷凍うどんです。冷凍うどんは、冷凍されているため日持ちしやすく料理に応用しやすいため、特売日などにまとめ買いがおすすめです。

長期保存向きの食材

ゆでうどんの場合は、賞味期限が数日程度の商品が多いですが、冷凍うどんであれば、約1年と長期間の保存が可能のため、ファミリー層はもちろん、一人暮らしの家庭でも冷凍庫にストックしておくと、レンジで温めたり、茹でるだけで簡単にコシのあるうどんを食べることができておすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第12位「納豆」

栄養たっぷり節約食材ランキング第12位は、「納豆」です。日本の食事の定番の納豆は、3パックで高くても100円ほど、安い時には60円前後で購入できる節約にぴったりの食材です。そんな低価格の節約食材の納豆は、人間が生きるために必要な5大栄養全てが含まれている、健康にも良い食材です。

アレンジしやすい

さまざまな栄養素が豊富に含まれており、節約食材にも適した納豆は、大豆を発酵させてできる発酵食品のため、比較的日持ちしやすく、特売日には買いだめもおすすめです。そのまま食べることはもちろん、納豆はアレンジしやすく、豆腐やパスタなどほかの食材と合わせても、美味しくいただけるおすすめの食材です。

「関連記事」

栄養たっぷり節約食材ランキング:第11位「おから」

栄養たっぷり節約食材ランキング第11位は、「おから」です。大豆から豆腐を製造する過程において、豆乳を絞られた後の搾りかすである、おからはスーパーやお豆腐屋さんなどで低価格で購入することが可能です。他の食品と合わせることで、かさ増し効果があり栄養豊富な節約食材として人気です。

栄養豊富でアレンジ無限大

大豆の搾りかすであるおからは、そのまま食べてもあまり美味しくありませんが、ハンバーグのつなぎとして加えたり、ケーキの材料として加えると、栄養が効率的に摂取できるほか、カロリーダウンさせることも可能で、ダイエット食としてもおすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第10位「豚小間肉」

栄養たっぷり節約食材ランキング第10位は、「豚小間肉」です。豚小間肉は、さまざまな豚肉の部位の切れ端をまとめて売られているもので、料理に使いやすい食材としても人気が高く、日常でも比較的低価格で販売されています。冷凍保存が可能な食材のため、一人暮らしの方でも特売日のまとめ買いがおすすめの節約食材です。

冷凍保存で使いやすい

豚小間肉は冷凍保存が可能な食材で、まとめ買いしたものを小分けして冷凍して使う分だけ解凍して使用すれば、経済的で節約に繋がります。適度な脂と赤身のバランスの良い豚小間肉は、ショウガ焼きやカレーなど、料理に応用しやすく栄養も豊富で、まとめ買いのマスト食材です。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第9位「玉ねぎ」

栄養たっぷり節約食材ランキング第9位は、「玉ねぎ」です。料理をする時の、基本の常備野菜の人参、じゃがいもと並ぶ玉ねぎは、生で食べると栄養を摂取しやすく、加熱すると甘くトロトロになり美味しく食べられる、さまざまな料理に使うことができる定番の野菜です。

長期保存が可能

常備野菜の1つである玉ねぎは、通常1玉50円~60円が一般的ですが、特売日などは1玉20円~30円で販売されていることも多くあります。玉ねぎは風通りの良い冷暗所で保存をすることで、2ヶ月~3か月保存することも可能なため、安く売られている時には、多めにまとめ買いしておくことがおすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第8位「こんにゃく」

栄養たっぷり節約食材ランキング第8位は、「こんにゃく」です。1つ200gが100円以下で販売されていることが多いこんにゃくは、食物繊維が豊富に含まれているほか、歯ごたえがあり満腹効果に期待できることで、ダイエット効果も期待できる食材として人気が高い経済的な食材です。

長期間保存が可能

低カロリーで歯ごたえがあり、食物繊維などダイエットに効果的で魅力のあるこんにゃくは、200gで100円以下の低価格で販売されていることが多い節約食材です。こんにゃくはパッキングされ、殺菌処理が施されているため、開封前の状態であれば約3か月も賞味期限があるため、特売日にまとめ買いしておくこともおすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第7位「食パン」

栄養たっぷり節約食材ランキング第7位は、「食パン」です。バターやジャムなどと相性が抜群で朝食の定番である食パンは、ファミリーであれば1日で消費してしまうことも多い人気の食材です。忙しい朝に便利な食パンですが、常温では数日しか日持ちしないため、安くても多く買わない方が多いですが、特売日にはまとめ買いがおすすめです。

冷凍保存でも美味しい

トーストやサンドイッチなど朝食などで利用する家庭も多い食パンですが、常温で数日しか日持ちしないことからまとめ買いに向いていない印象がありますが、1枚ずつアルミホイルで丁寧に包み冷凍庫で保存することで、1ヶ月ほどは保存が可能なため、特売日にはまとめ買いがおすすめです。食べる時にもトースターで温めれば、表面はカリッと中はふわっと焼き上がります。

「関連記事」

栄養たっぷり節約食材ランキング:第6位「豆苗」

栄養たっぷり節約食材ランキング第6位は、「豆苗」です。えんどう豆の若い葉と茎である、豆苗は数多くある野菜の中でも豊富な、ビタミン類や葉酸などの栄養を持っており、美容効果のある人気の野菜です。ほのかな甘みや香りがあり、シャキシャキとした食感を持ち、1袋100円前後と安い豆苗は節約におすすめの食材です。

再生栽培で楽しみながら節約

1袋100円前後と安い豆苗は人気ですが、人気になっている理由は「再度収穫できる」ことです。豆苗は根っこが繋がった状態で販売されることが多く、茎からカットして使用した豆苗の残りの根の部分を、水に入れておくと1週間ほどで再生され、もう1度食べることができます。豆苗は再生栽培で楽しみながら節約できるコスパの高い野菜です。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第5位「鶏ミンチ」

栄養たっぷり節約食材ランキング第5位は、「鶏ミンチ」です。淡泊な味わいで鶏だんごなど、さまざまな料理に使うことができる鶏ミンチは、100g50円~100円前後とリーズナブルな食材で、低カロリーでたんぱく質が豊富に含まれている、栄養豊富で料理に使いやすい節約食材です。

ヘルシーで加工しやすい

100g50円~100円前後のリーズナブルな値段で販売されていることが多く、低カロリーで高タンパクの鶏ミンチは、ヘルシーで淡泊な味わいから、鶏だんご、豆腐ハンバーグ、鶏そぼろなどさまざまな料理に使うことができる万能な節約食材です。購入後に小分けをすれば冷凍保存も可能となるため、特売日にはまとめ買いがおすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第4位「鶏胸肉」

栄養たっぷり節約食材ランキング第4位は、「鶏胸肉」です。鶏胸肉は肉類の中で最も安く購入することができる、節約食材です。100g100円以下で販売されることも多い鶏胸肉は、淡泊な味わいで色々な味に合うため料理に使いやすく、ヘルシーながらたんぱく質の含有量が多いため、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。

保存すれば使いやすい

低価格な鶏胸肉は、1つの大きな塊のの状態で販売されていることが多く、購入後は食べやすい大きさにあらかじめカットしておき、小分けして冷凍保存して使うたびに解凍して使うことがおすすめです。特売日には100g50円~60円ほどで販売されていることも多く、一人暮らしの方にも料理に使いやすい食材のため、まとめ買いすることがおすすめです。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第3位「豆腐」

栄養たっぷり節約食材ランキング第3位は、「豆腐」です。お味噌汁や冷奴、鍋物などさまざまな料理に使える豆腐は、1年を通して安定的に供給することができるため、比較的値段は安定している傾向にあり、1丁が50円~100円程度で販売されていることも多くある、低価格食材の代表的な存在です。

栄養豊富で安い

豆腐は冷凍保存ができず、1年を通して価格が安定して安いため、買いだめはせずに、必要な時に必要な分を購入することが節約につながります。そのままでも美味しい豆腐ですが、鶏ミンチと混ぜ合わせればボリューム満点の豆腐ハンバーグを作ることもできる、一人暮らしの方にもおすすめの節約食材です。

栄養たっぷり節約食材ランキング:第2位「もやし」

栄養たっぷり節約食材ランキング第2位は、「もやし」です。節約食材の代名詞ともいえる、もやしは1袋20円~50円ほどで販売されており、一人暮らし家庭、ファミリー家庭など人数を問わず親しまれています。もやしは年間を通して生産、供給が安定しているため、特売などは少ないため、まとめ買いでも、使うたびに購入しても大丈夫です。

冷凍保存もできる

安定供給されており、価格も安定しているもやしですが、特売などをしている時には冷凍保存をすることもできるため、まとめ買いすることも可能です。冷凍保存は密封袋などに入れることで約2週間は保存可能です。冷凍のもやしは味の染みが良くなるため、炒め物やスープ類に使用することがおすすめです。

「関連記事」

栄養たっぷり節約食材ランキング:第1位「じゃがいも」

栄養たっぷり節約食材ランキング第1位は、「じゃがいも」です。基本の常備野菜の人参、玉ねぎと並ぶじゃがいもは、年間を通して流通する野菜ですが、旬の時期があるため価格は変動します。基本的には1個が30円~60円程度の低価格で購入することができる、リーズナブルな野菜です。

常温で長期保存

通常30円~60円程度で販売されているじゃがいもですが、時期などによっては特売されていることもある野菜で、風通りの良い冷暗所で保管すれば、2ヶ月~3か月は美味しい状態を保ったまま保存することが可能なため、まとめ買いすることもおすすめです。

一人暮らしにもおすすめのまとめ買い節約食材

栄養たっぷり節約食材をランキング形式でご紹介していきましたが、長期保存できるものもあれば、長期保存には向かない節約食材も中にはあります。一人暮らしの場合は、多すぎても使い切れず捨ててしまったことがある方も多いほど、扱いの難しい食材です。

保存できるものは買いだめする

一人暮らしの人が節約食材をうまく活用するポイントは、「保存できるものは買いだめする」ということです。保存に向かない食材を一人暮らしの人が多く購入しても、使い切れず結局無駄になる可能性があり、一人暮らしの場合は、小分けして冷凍できる食品や常温で数か月保管できる食材がおすすめです。

まとめ買いした節約食材は正しく保存

特売日などに通常よりも安く購入することができる食材は、通常の値段で販売されるタイミングで購入するよりも、安いタイミングで多く購入して保存して、使う時に解凍して利用することで、より経済的に節約することができますが、まとめ買いした節約食材は正しく保存することが重要です。

正しい方法で節約

せっかく安いタイミングで多く購入しても、正しい方法で保存ができなければ、結果損をしてしまう可能性もあり、お得にまとめ買いした節約食材は、食材ごとにあった方法で適切な期間保存することが重要です。

まとめ買いした節約食材は冷凍保存

安く販売されているタイミングでまとめ買いした食材は、食材によって適切な保存方法がありますが、基本的に肉や魚類は冷凍保存することが重要です。冷蔵では数日しか日持ちしない肉や魚でも、冷凍保存することで数週間から1カ月程度日持ちさせることができます。

空気に触れさせない

食材は冷凍であっても空気に触れさせることで、酸化が進み劣化します。酸化させないためにも冷凍保存する食材は、ラップで密着させて小分けして、チャック付きの袋などに入れて、空気になるべく触れないように保存することがおすすめです。

まとめ

栄養たっぷりの節約食材をまとめ買い、一人暮らしにもおすすめの食材ランキングでご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。節約食材を購入して節約につなげるには、安いタイミングでまとめ買いをして、適切な保存方法で保存して、無駄を出さないことが重要です。一人暮らしの方も、今回の記事をぜひ参考にしてください。

「関連記事」

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/30/14/47/vegetables-1363031_960_720.jpg