Edzwvycqua0u61ne5qxt

DIY・ハウツー

CATEGORY | カテゴリー

アルミのロウ付け方法!初心者でもできる簡単溶接方法をご紹介!

2018.10.31

アルミのロウ付けは、決して簡単な作業ではありません。しかし、アルミのロウ付けのコツを掴めば、優れた強度を得られる溶接が可能になるのです。アルミ同士の強度を保ったまま、イメージ通りの溶接ができるように、しっかり溶接方法をマスターしていきましょう。

目次

  1. アルミをロウ付けで溶接を行うのは難しい
  2. アルミのロウ付けの条件
  3. アルミのロウ付けのコツ
  4. アルミのロウ付けの注意点
  5. アルミのロウ付けの強み
  6. まとめ
Img 1?1222446578
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-40-6b/hc07e_kai/folder/1677280/70/29721170/img_1?1222446578

アルミを溶接するのはとても難しいです。鉄は慣れれば比較的簡単に溶接させることができますが、アルミの場合には熟練した高い技術が必要になります。アルミの溶接は技術を習得すれば、できることがとても広がります。車を趣味としている場合には、アルミの溶接技術を習得すれば、楽しみは広がるでしょう。

アルミはロウを使用して溶接します。このロウ付けがとても難しいのです。しかし、簡単に強度を上げる溶接方法であることは間違いないので、コツを掴んで習得していきましょう。

Images?q=tbn:and9gcqw8enhfl36ftmk9c70jnjvguwl5ecbgqrkdmaxnoporthrigem
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQw8eNhfl36ftmk9c70jNjVGuwL5ecBGqrkDMaXNOpoRtHRiGem
Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/d3jLqvh59TA/hqdefault.jpg

まず、アルミをロウ付けする前に、ロウ付けをする条件を満たしていなければなりません。当たり前ですが、溶接部分の素材を溶かさないで接合できること、またロウ材の温度が450度を超える温度にさせることができることが条件になります。この条件を大前提としなければ、溶接をすることは難しくなります。

この条件を満たさずにできたとしても強度が極端に低くなってしまいます。見た目には溶接できたと感じても、強度が足りないので弱い力で折れなどが発生する可能性があるのです。そのため、最低限のこの条件は守るようにしましょう。

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/nyCOQ7Cjw7I/maxresdefault.jpg
Img 0
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-51-49/candytomoko_extra2006/folder/920277/06/3714606/img_0

それではアルミのロウ付けのコツを紹介します。基本的にはアルミも半田ゴテのような感覚です。半田ゴテを使用したことがある人であれば、何度か行えばコツが掴めてくるでしょう。アルミのロウ付けの方法は、適切なロウの量とタイミングです。ロウは多くなっても少なくなっても問題になります。

多く盛れば簡単に強度が増すと考えがちですが、当然その分見た目が悪くなってしまいます。また、多く盛ってもタイミングを間違えば、強度は低下してしまいます。この量やタイミングの測り方は、経験が必要になります。しかし、重要なことは加熱温度を変化させないことです。加熱温度が変化してしまえば、いつまで経ってもコツは掴めません。一定の温度で練習ができる環境を整えて、量とタイミングを測っていきましょう。

Images?q=tbn:and9gcqyzeqzzdnptgxzwu6nvdbsl9x90pcu ofiob4o1gnqtwblu3wc
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQyZEqZzdNPtGXzwu6NvDbsl9x90pcu_OFioB4O1gNqTwBlU3wC
Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/9oxJejBaJeo/hqdefault.jpg

アルミのロウ付けの注意点は、温度管理です。慣れていないときには、どうしても温度調整がうまくいかないことと、高温の方がロウ付けしやすいと感じて高温設定にさせてしまいやすくなります。

高温設定になってしまうことで、部材が溶けてしまうという失敗が最初は多いのです。大切な部材を溶かしてしまわないように、最初は捨てても構わない部材を使用して練習するようにしましょう。時間はかかるかもしれませんが、最適な温度が掴めれば簡単に感じることができます。

1 / 2