2018年11月08日 UPDATE

秋から必須のハンドケアの方法まとめ!自宅でできる乾燥対策は?冬になる前に!

ハンドケアは、秋の乾燥が酷くなる前にしっかりセルフケアを自宅で行うことをおすすめします。ネイルのケアやマッサージケアなどの対策方法がありますので、できるだけ秋の早いタイミングでハンドケアを行っていくことをおすすめします。

目次

  1. 秋におすすめのハンドケア
  2. 秋のハンドケア方法 ①ネイル
  3. 秋のハンドケア方法 ②マッサージ
  4. 秋のハンドケアの注意点
  5. ハンドケアの効果をより活かすには
  6. まとめ

秋におすすめのハンドケア

Column0904 05
引用: https://gigaplus.makeshop.jp/janark/column0904_05.jpg

秋は年間の中でも、とても乾燥しやすい時期なのです。とくに夏場の湿度が高い状態から急に乾燥傾向に傾いていきますので、体はその早いスピードとついていけなくなるでしょうことがあります。強い乾燥によつて、とくに手は荒れやすくなります。できるだけ綺麗な手でいるためには、自分で自宅でできるセルフハンドケアを学んでおきましょう。そうすれば、乾燥しやすい秋でも、綺麗な手を意識することができるようになります。

Images?q=tbn:and9gcq7qumtb2lrwzymgfyqiq yad7qi2hapnyvuprrdpzkz9u0njxf
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ7quMTb2LRwzymGFYQIQ_Yad7QI2hApNYVUprrDpzkz9U0njXF

秋のハンドケア方法 ①ネイル

20160701083729
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/neilbed/20160701/20160701083729.jpg

意外かもしれませんが、肌が乾燥してくるとネイル部分に大きな影響が現れます。皮膚にもそうですが、秋にネイル部分が乾燥して割れやすくなったという事例はとてもたくさんあるのです。ネイルの乾燥を防ぐには、ネイルサロンなどがイメージできるかもしれませんが、自宅でも乾燥対策はできます。

ネイル専用の保湿剤もありますので、こうしたアイテムを上手に活用してみましょう。数日では目立った効果は感じないかもしれませんが、長期的に活用することで、ネイルも保湿され綺麗に見えてきます。また、乾燥するまえに早めに活用していけば、年間を通じて綺麗なネイルを維持することができます。

Nailcareoil13
引用: https://www.prinatureshop.jp/upload/2018/02/nailcareoil13.jpg

秋のハンドケア方法 ②マッサージ

Hand 1024x576
引用: https://karadakouryaku.net/wp-content/uploads/2018/04/hand-1024x576.jpg

意外かもしれませんが、手はマッサージすることでも乾燥を防ぐことができます。マッサージを行うことで、手の血行が活発になり、健康的な手にさせることができるのです。マッサージ方法は、あくまでも優しく手全体に行うようにましょう。

手の平だけではなく、指先も意識してマッサージを行うことで血行が促進していき、手荒れなどを事前に防ぐことができます。まさに自宅で簡単にできるセルフハンドケア方法です。

しかし、既に手荒れが起こっている場合には、無理なマッサージは避けましょう。無理にマッサージをしてしまうことで、手荒れのダメージを促進させてしまうことがあります。ひび割れた手には、余計にダメージがかかってしまいますので、あくまでもダメージを受けていない状態のときに行いましょう。

Pola hand 300x198
引用: http://tsunashima.com/wp-content/uploads/2015/09/pola_hand-300x198.jpg

秋のハンドケアの注意点

First sec img01
引用: https://www.machino-hifuka.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/first_sec_img01.jpg

自宅でできる秋のセルフハンドケアを行えば、いつでも自分のペースでハンドケアが行えます。しかし、秋に自宅で行うセルフハンドケアには注意点もあります。秋のセルフハンドケアを行うときには、あくまでも酷い手荒れが起こっていないときです。手荒れが酷い場合には、症状を改善させることは難しくなります。

改善どころか、セルフハンドケア方法を間違ってしまえば、症状は悪化してしまうのです。手荒れが酷く、セルフハンドケアができないと感じたときには、迷うことなく医師に相談をしましょう。根本的な解決が必要になることがありますので注意しましょう。

Boukouenn byouinn kennsa01
引用: http://danseiki.jp/wp-content/uploads/2017/10/boukouenn-byouinn-kennsa01.jpg

ハンドケアの効果をより活かすには

Images?q=tbn:and9gcs29scpsuofrwc2qdxp9pzoyloix3izbhbbyuqpwadurspovtud
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS29scpsUOfrwc2QdXp9pZOylOIx3IzBhBBYuQPWaDursPOvTUD

秋の保湿がイメージ通りにできない場合には、保湿クリームなどを塗った後に、手袋をして寝るという方法もあります。寝る前にこうしておくことで、より一層集中的にケアをすることができます。

手袋はできるだけ肌に優しいタイプを選ぶようにしましょう。肌に長時間触れても違和感がないタイプを選ばなければ、肌荒れがより進行してしまうこともあります。手荒れだけではなくネイル部分のケアにも有効な方法なので、ぜひ試してみてください。

20110114 1284772
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/853/1963141/20110114_1284772.jpg

まとめ

E38197e3818ae3829301
引用: http://zero0tk.sakura.ne.jp/sblo_files/zero-consul/image/E38197E3818AE3829301.jpg

秋の乾燥する時期には、ハンドケアは必須です。秋のできるだけ早いタイミングでケアをしなければ、どんどんと症状は悪化していきます。

悪化すればセルフハンドケアは難しくなりますので、秋の乾燥の症状が深刻になる前に、できるだけのケアをしていきましょう。セルフハンドケアは、マッサージも効果的です。手の血行を促進させることで、乾燥に強い肌にさせることができます。今まで酷い乾燥に悩まされてきた人は、ぜひマッサージを試してみてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://wellfy.jp/uploads/article/image/1169/card_handselfy-eye.jpg