T05kvqgmtole595tufoe

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

冬のボディークリームおすすめ10選!高保湿力で乾燥に強いのは?【2018】

2018.11.18

冬の悩みと言えばお肌の乾燥という人もいるでしょう。ボディクリームも保湿力があって、香りが良いものが人気でおすすめです。コスパが良くて口コミでも評価が高いものは一から自分で調べるのは大変。今回は冬におすすめのボディクリームについて紹介します。

目次

  1. 冬の乾燥にはボディクリームがおすすめ
  2. 冬におすすめ!ボディクリームの選び方は?
  3. 冬におすすめ/ボディクリームの選び方①:保湿力で選ぶ
  4. 冬におすすめ/ボディクリームの選び方②:香りで選ぶ
  5. 冬におすすめ/ボディクリームの選び方③:コスパで選ぶ
  6. 冬におすすめのボディクリームを一挙紹介!
  7. 【冬におすすめのボディクリーム】①:モイスト ダイアン ボタニカル ボディミルク フルーティ ピュアサボン 大容量 500ml
  8. 【冬におすすめのボディクリーム】②:ナルク 薬用ヘパリンミルクローション 乳液 (顔&からだ用) 200mL
  9. 【冬におすすめのボディクリーム】③:Neutrogena ノルウェーフォーミュラ ディープモイスチャー ボディミルク 乾燥肌用 無香料 250ml
  10. 【冬におすすめのボディクリーム】④:ジョンソンボディケア エクストラケア 高保湿ローション 200g
  11. 【冬におすすめのボディクリーム】⑤:ニベア エクストラリペアボディミルク 200g
  12. 【冬におすすめのボディクリーム】⑥:TO-PLAN(トプラン) シアバター全身保湿クリーム 170g
  13. 【冬におすすめのボディクリーム】⑦:オルナ オーガニック ボディクリーム 200g
  14. 【冬におすすめのボディクリーム】⑧:CareCera(ケアセラ) 高保湿 ボディクリーム 100g
  15. 【冬におすすめのボディクリーム】⑨:ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml
  16. 【冬におすすめのボディクリーム】⑩:尿素配合 ボディミルク 150ml
  17. 乾燥が気になる人は保湿力で選ぶのが一番
Llgomkgpdl0xgsk0ify6
引用: https://www.instagram.com/p/BqHtMXMgt2E/

冬は外は寒くて部屋は暖かいという環境の中で過ごす人も多いでしょう。そうなると、自然とお肌も乾燥しがちです。目立つ顔や手などは乾燥していることが自分だけでなく、周りにも伝わるので乾燥がひどければ周りに指摘されてケアする人もいるでしょう。

ところが、体全身の乾燥となると自分しか気づかない部分もたくさんあります。冬だから仕方ないと割り切るのではなく、少しでも乾燥ケアができるボディクリームを使うようにしましょう。今回は、ボディクリームの選び方やおすすめの商品を紹介します。

Jjgrtkud5ooq1gwanoog
引用: https://www.instagram.com/p/BqHXk7TnbqC/

まずは、冬におすすめのボディクリームの選び方について紹介します。保湿がいかにできるかで選ぶだけでは、何だか面白くないと感じる人もいるでしょう。保湿力も含めて他の選び方もお伝えします。

Brq6bmpcortahtwnu0zy
引用: https://www.instagram.com/p/BqI22PsHf01/

冬におすすめのボディクリームの選び方の1つ目は、保湿力で選ぶということです。これは、冬に限らず年中定番の選び方ではありますが、保湿成分も買う前にチェックして買えばバッチリです。ボディクリームの特徴が保湿ということで売り出してある商品はとても人気です。気になる人は口コミもチェックしましょう。

W0icvsj7k9w3c4bgmnpr
引用: https://www.instagram.com/p/BqI2s5pDTTt/

冬におすすめのボディクリームの選び方の2つ目は、香りで選ぶということです。冬は寒くて気分も落ち込みがちなので、ボディクリームを使っていい香りを楽しむことで元気になれれば一石二鳥です。

人気の香りはローズ系や柑橘系です。できるだけテスターなどで、どんな香りがするのか確認して購入すれば効率的な買い物ができます。リラックスできる香りは全体的に冬に使うのにおすすめです。

W5rinptabxfn3mr4kojw
引用: https://www.instagram.com/p/BqIC3v4AfQQ/

冬におすすめのボディクリームの選び方の3つ目は、コスパで選ぶということです。コスパで選ぶのは使ったことが無いボディクリームの場合は特に難しいです。値段が安い高いだけで決めるのではなく、容量や期待できる効果について確認してから総合的にコスパの良し悪しを判断しましょう。

関連記事

1 / 4