T6kjnnhdmfwfup05lksu

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

アンテナ取り付けは自分で可能?DIYの方法や費用を写真付きで解説!

2018.10.09

アンテナの取り付けは業者さんに依頼すると意外と費用がかかるものですよね。「そうだ、自分で取り付けよう!」と考えている人も中にはいるのではないでしょうか?そこで今回は、アンテナ取り付けは自分で可能なのか、DIYの方法とそのメリット・デメリットをご紹介します!

  1. アンテナ取り付けをDIYするメリットとは?
  2. アンテナ取り付けをする前に確認しておくことは?
  3. 自分で電波測定する方法とアンテナ選びのコツ
  4. アンテナ取り付け時の配線とりまわし方とポイント
  5. アンテナ取り付けをDIYするデメリットは?
  6. アンテナ取り付け例その1、ベランダに設置する
  7. アンテナ取り付け例その2、壁面に設置する
  8. アンテナ取り付け例その3、屋根に設置する
  9. いよいよ取り付けて完成!
  10. アンテナ取り付けをDIYした結果いくら得をしたのか?
アンテナの取り付けをDIYするメリットは、ずばり「費用が安く済む!」ということです。作業も自分で行うわけですから、当然ですが人工代も出張料金もかかりませんよね。掛かる費用は、材料費のみになりますので、選ぶものによっては、かなりコストが削減できます。必要な材料は、インターネットでも購入できるので、自宅の近くに材料を購入できる店舗がないという人も、その点を心配する必要はないと思います。ではこれから、アンテナ取り付けをDIYする手順、必要な部材や器具について、順番に説明していきましょう!

費用が安く済むのはやっぱり一番の魅力!

V4cp9sq1xyapouezi1tc

きれいな映像を楽しむためにも、まずはしっかり準備しよう!

Ejaitr6l3jmfwzmhlrai
アンテナ取り付けをDIYしようと決めたら、まず最初に確認しておくことが3点あります。「電波の測定が自分でできるか?」「配線はどのようにとりまわすのか?」「屋根や壁への施工はできるのか?」これらを実際にDIYする前に、しっかり確認しておきましょう!なかでも、BS・CS放送用のアンテナを取り付ける場合は、視聴できる角度をとれるかどうかというのも、重要なポイントになってきます。

一般的なテレビはアンテナが電波を受信して視聴できる

Softbank hikari tv img1
引用: https://tokuhayanet.com/wp-content/uploads/2016/10/softbank_hikari_tv_img1.jpg

周辺にビルなどがあると電波が遮断される恐れもある

Yvfvomjx8rzkmwpnnymk
自分でアンテナ取り付けをするうえで、難しいのは電波測定です。確実なのは、業者さんに見積もりをしてもらう方法ですが、実際は工事を依頼する気がないのですから、あまりおすすめはできません。しかし、見積もり時には、必ず電波測定をするので、DIYしたい場所の電波測定をしてもらえば、正確でかつ余計な機材の費用も不要です!その際、アンテナの型式名もわかるので、アンテナ選びの手間も省けます。自分で電波測定を行う場合は、アンテナレベルを測るチューナーや、サテライトファインダーなどの測定器が必要です。ちなみに、スマホを持っている場合は、設置したい場所でワンセグがきれいに映れば、電波状況に問題がない可能性が高いですが、チャンネルによっては電波が弱いということも考えられるため、確実性がやや劣ります。

アンテナレベル計測チューナー

41znhqvakgl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ZNHQvaKGL.jpg
71ppp8rkjcl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71PpP8RkJCL._SL1500_.jpg

サテライトファインダー レベルチェッカー

612b5efy8bl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612B5Efy8bL._SL1000_.jpg
さて、アンテナの取り付け場所が決まったら、次に考えなくてはならないのは配線です。どこに取り付けるにしても、配線は必ず必要です。そのほかに、ブースターや分配器、それぞれにケーブルが必要になります。これらをすべて用意できるかどうか、アンテナの設置場所から室内へ配線を引っ張る方法などを、DIYにとりかかる前にイメージして、しっかり確認しておきましょう。ちなみに、ほとんどのブースターには、電波強度調整用のスイッチがついています。設置後に、受信感度の微調整をすることを考慮すると、手の届く場所に設置しておくのがベターだと思います。
1 / 3