Q9i6wwolfev5hd5zgzzr

キッチン・料理

CATEGORY | カテゴリー

バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!

2018.12.19

バーベキューの下ごしらえをきっちりやっていれば、バーベキューの限られた時間を有意義に過ごすことができ、みんなで盛り上がること間違いなしです。でも美味しく食べるために、どんな下ごしらえをすれば良いのでしょう?そこで肉・エビ・野菜の下ごしらえの方法をご紹介します。

目次

  1. バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!  下ごしらえが大切な理由
  2. バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!   ①肉
  3. バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!  ②野菜
  4. バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!  ③魚貝類
  5. バーベキューでコレはやるべき下ごしらえ!魚介・肉・野菜をもっと美味しく!  下ごしらえで楽々バーベキュー
Faf7195ffdfb12ebaf8efb07f3b6812a t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fa/faf7195ffdfb12ebaf8efb07f3b6812a_t.jpeg

アウトドアの定番バーベキュー!しかし特に夏場は気温が高く、食材の保存方法や扱い方には十分な注意が必要ですね。火を通すので大丈夫と過信せずに、食中毒対策は万全の対策を行う必要があります。

特に水場が近くにない場合、ジャブジャブと調理道具や食材を水道で洗うことができません。
そのために、食材の下ごしらえが重要になってくるのです。

【バーベキューの下ごしらえが大切な理由】

①衛生的 
水場がない場合、道具等の使い回しで、生の食材と調理済みの食品が混同するのは危険です。事前に下ごしらえが出来ていれば、屋外で食材を切ったりする必要がなく衛生的です。

②時間短縮
下準備が出来ていれば、スムーズにバーベキューを始められます。

③ゴミの削減
野菜の皮、パックなど現地で調理をするとゴミがたくさん出てしまいます。下ごしらえすることでゴミが削減でき準備も後片付けもスムーズに進みますね。

ではバーベキューでよく使われる食材の下ごしらえをご紹介します。

490a26512e5f38323fd731e27fa1b307 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/49/490a26512e5f38323fd731e27fa1b307_t.jpeg

バーベキューといえば肉ですね。柔らかくて肉汁溢れ出すようなジューシーなお肉は美味しいですね。そんな牛肉をさらに美味しく焼き上げるための工夫があるのです。

B0a202e8f55e71e154f508eae6700dcd t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b0/b0a202e8f55e71e154f508eae6700dcd_t.jpeg

【ブロック塊の肉】
そのまま豪快に焼くのもバーベキューの醍醐味ですがちょっと硬いかもしれません。脂肪と脂肪の間には切込みを入れましょう。

【薄切り肉】
軽くお酒をかけておきましょう。

【タレ付にする場合】
ジップロックに下処理したお肉とタレを入れ、空気を抜いて真空状態で冷蔵庫で保管。

8d600fdbde117de23053776019764f3b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8d/8d600fdbde117de23053776019764f3b_t.jpeg
4b8be3a7dd4d6e8ef785ba75577817fc t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4b/4b8be3a7dd4d6e8ef785ba75577817fc_t.jpeg

バーベキューの網の上で野菜を焼くと、ホクホクに焼き上がり美味しいですね。下ごしらえをしておけばさらに美味しく食べる事ができます。

810b816b6a4e9100470d1fce7a4dd84f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/81/810b816b6a4e9100470d1fce7a4dd84f_t.jpeg

【火を通す野菜の下ごしらえ】
とうもろこし、さつまいも、人参、かぼちゃなどは網で焼くと火が通りにくく時間がかかります。電子レンジで蒸す、沸騰した鍋で茹でる。
茹でた野菜は焼きやすいようにカットし、濡れたキッチンペーパーで包みナイロン袋に入れます。
塩コショウとバターをのせてアルミホイルに包んで、ホイル焼きも美味しいですね。

【ピーマン・玉ねぎなど下茹でが不要な野菜の下ごしらえ】
好みの大きさにカットして、こちらも濡れたキッチンペーパーで包んでナイロン袋に入れます。

1 / 2