Mfbfl0svvet0x7ncgln6

雑貨

CATEGORY | カテゴリー

pHメーターの原理や使い方を紹介!電極の寿命や洗浄頻度は?

2019.01.11

pH測定に使われるpHメーターの原理や使い方、電極の寿命や洗浄が必要かどうかを解説します。おすすめのpHメーターについてもご紹介をしていきますので、この記事を参考にpHメーターの原理や使い方などの知識を是非深めてください。

目次

  1. 【pHメーターの原理や使い方について!電極に寿命が?洗浄も必要?】pHメーターとは
  2. 【pHメーターの原理や使い方について!】pHメーターの原理&使い方
  3. 【pHメーターの原理や使い方について!】pHメーターの電極の寿命について
  4. 【pHメーターの原理や使い方について!】pHメーターの電極の洗浄方法
  5. 【おすすめpHメーター】堀場 コンパクトpHメータ LAQUAtwin
  6. 【pHメーターの原理や使い方について!電極に寿命が?洗浄も必要?】まとめ
51tppjivfnl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TPPJiVFNL._SX355_.jpg

今回はpH測定に使われるpH計とも呼ばれているpHメーターとは何なのか、そしてpHメーターの原理や使い方、電極の寿命や洗浄が必要かどうか、おすすめのpHメーターについてもご紹介をしていきますが、pHメーターとはなんなのでしょうか。pHメーターとは、水質の管理や確認を行うのに必要なアイテムで、その水が酸性なのか中性なのか、アルカリ性なのかを数値、pHの値で確認することができるというものです。

61jc0gnw6el. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jC0GNw6EL._SY355_.jpg

関連記事

51p%2bgft wwl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51P%2BgfT-WWL._SX342_.jpg

続いては、pHメーターの原理&使い方についてもご紹介をしていきます。まず、pHメーターの原理として、pHメーターに入っているpHの正確にわかったpH標準液と、実際に測定する液体との比較が電極でされ、両液のpHの差に比例した電位差がガラス薄膜の内側と外側に発生するという原理があります。この原理の電位差を比較することにより、標準液と対象の液体がどれくらい違うのかがわかり、そこから液体のpHを測定することが可能となります。

71y4j6j hgl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Y4j6J-HgL._SX342_.jpg

続いては、pHメーターの使い方についてです。pH測定器を使う前には、その校正用溶液のpH通りに表示するように調整をしてください、その後、センサーを蒸留水ですすぎ、ろ紙などで残った水分を拭き取ってからチェックしたい液体にpHメーカーのセンサーを付けましょう。このようにしないと、正確なpHを測ることができません。

51i zrfblpl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51i-zrFBLpL._SX342_.jpg

ここまで、pHメーターの原理や使い方についてご紹介をしましたが、続いては、pHメーターの電極の寿命についてご紹介をします。pHメーターの電極には寿命があり、寿命は使い方によって大きく変わってきます。電極の寿命を保つためには、標準液の校正や、この後ご紹介する電極の洗浄を定期的に行う必要があります。

61b9s0oir0l. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61b9S0OIr0L._SX342_.jpg
51cq2ezy%2bpl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51CQ2ezy%2BpL._SY355_.jpg

それでは、pHメーターの電極の洗浄方法についてもご紹介をしていきます。pH電極のガラス電極や液絡部に汚れがついてしまうと、正確な測定ができなくなったり、反応の時間が遅くなったりします。粘着性物質・微生物などの汚れの場合はきれいな水で洗い流してください。油汚れの場合は、中性洗剤溶液をビーカーなどに入れ、洗い流してください。また、電極内部液が十分入っているかどうか、充填も定期的に行うようにしましょう。

1 / 2