Vkazeh8snatk9cdwe6cr

レシピ

CATEGORY | カテゴリー

スープの冷凍保存の方法は?味の落ちない冷凍・解凍方法を紹介!

2018.10.18

スープを作りすぎてしまい保存方法に困った、多めに作って冷凍保存したけど味が落ちてしまった…こういった経験ありませんか?手間をかけて作ったスープはできるだけ長い期間保存して活用したいですよね。今回はそんなスープの冷凍保存のテクニックと活用レシピをご紹介します!

目次

  1. スープは冷凍保存できる?
  2. スープを上手に冷凍保存する方法は?
  3. スープを冷凍保存できる期間はどれくらい?
  4. 冷凍保存したスープを上手に解答する方法は?
  5. 冷凍保存できるスープのレシピ集
  6. 冷凍保存できるスープのレシピ①カボチャのクリームスープ
  7. 冷凍保存できるスープのレシピ②デトックストマトスープ
  8. 冷凍保存できるスープのレシピ③ビシソワーズ
  9. 冷凍スープを上手に活用しましょう!
Lvlqxj6oeph98naawyoy

寒い時期には体を温めてくれるスープ、体調が悪く食欲がないというときにも食べやすく、もう1品欲しいというときにも具だくさんのスープがあれば素敵な食卓になりますよね。

いろいろ使い勝手のいいスープですが、つい作りすぎて余らせてしまって、翌日に無理に食べたなんてことありませんか?作りすぎてしまったスープは冷凍しておくことで長期間の保存ができますよ。

スープを冷凍保存するメリット

スープを冷凍保存しておけば、使いたいときにすぐに食べることができます。また、ほかの料理に活用したいとき、子供の離乳食、1人分を用意したいときなどに便利です。

Cthycgbofibwlmjsvgqu

スープの冷凍保存は、タッパーなどの保存容器に入れて冷凍するか、ジップロックなど密封できる保存袋に入れて冷凍する方法があります。

密封できる保存袋を使うのがオススメ

T8e9cv1iqqypoeiroqt3

密封できる保存袋での保存なら冷凍時に薄く平らにできて、冷凍庫の中で場所を取らずに保存ができるので、蓋付きの保存容器よりも保存袋を使うのがおすすめです。

冷凍保存方法

Ciktcudh7tnajkl4qz5r
引用: https://img.cpcdn.com/steps/22906295/m/6e63374c868d87c1a153beb357e59010.jpg?u=15297622&p=1500823921

まず、スープの粗熱をとります。粗熱がとれたら、1回に使う分量ずつ冷凍保存袋にスープを入れます。スープは冷凍すると膨張するため袋には多くても8割くらいまでの量で入れるようにしてください。

空気を抜き袋の口を閉じたら、平らにして、アルミ製のバットに重ならないように並べて冷凍庫に入れます。冷凍したら、冷凍庫で縦に並べておくと場所を取らずに保存できます。

上手に冷凍保存するポイント

スープは短時間で冷凍させた方が、風味を損なわずに済みます。アルミ製のバットは熱伝導率がいいので、使用するのをおすすめします。また、スープを袋に入れ後、なるべく平らになるようにすると表面積が大きくなるので冷凍するのが早くなります。

保存袋にはスープの名前と冷凍保存した日付を書いておくと、後で使うときに探す手間がかからず、いつ冷凍したかも分かるので便利です。

製氷皿での冷凍保存

スープを製氷皿に入れて冷凍する方法もあります。製氷皿に入れて凍らせた後、ジップロックなどの袋に移し替えておけば、ストックを増やすことができます。小分けでたくさん作っておきたいときに便利です。

冷凍保存する時の注意点

Zw7eyoxisq8i02schvy4

スープは粗熱をとったら放置せず、すぐに冷凍しましょう。細菌は20℃から50℃で繁殖しやすくなるので、放置すると危険です。また、熱いまま冷凍するのもNGです。熱いまま冷凍庫に入れてしまうと、近くにあるほかの冷凍食品が溶けて傷んだり、冷凍庫の温度が上がったりしてしまいます。

冷凍保存するスープの具材には注意が必要です。水分量の多いもやしやキャベツなどは、解凍すると食感が変わってしまうので冷凍保存に向いていません。そのほかには、じゃがいも、豆腐、こんにゃくなども食感が変わっておいしくないので注意してください。しかし、ポタージュなどでミキサーにかけたじゃがいもは冷凍しても大丈夫です。

1/5

続きを読む