Lbfbjgwlobbdscejcppk

便利

CATEGORY | 便利

キーケースの種類と使い方を解説!便利なキーケースの活用術は?

2018.08.31

家の鍵や自転車の鍵、車の鍵など、複数の鍵を持ち歩くことは多いですよね。キーケースは、一度に複数の鍵を持ち運ぶのに便利なケースですが、その種類や使い方は様々です。この記事では、キーケースの種類と使い方についてご紹介します。

目次

  1. キーケースの種類はたくさんある!
  2. キーケースの種類と使い方1:キーフックタイプ
  3. キーケースの種類と使い方2:リングタイプ
  4. キーケースの種類と使い方3:ネジつきタイプ
  5. キーケースの種類と使い方4:多機能タイプ
  6. キーケースの種類と使い方5:車のスマートキー用
  7. まとめ

複数の鍵を収納することができるキーケース。キーケースを使うと、鍵が取り出しやすくなったり、他のものを傷つけたりしないため、必ず一つは持っておきたいアイテムですよね。この記事では、様々なキーケースの種類とその使い方についてご紹介していきます。

まずご紹介しるのが、キーフックタイプのキーケースです。こちらのキーケースは、フックの数だけ鍵をかけることができます。キーケースの中でももっともシンプルなもののうちの一つですね。このように、定期入れくらいの大きさで、鍵がすぐに取り出しやすいのが特徴です。

使い方としては、親指と人差し指でフックに隙間を作り、鍵の穴を通すだけです。とても簡単に使えて便利ですが、フックが弱いと鍵が落ちてしまう可能性があるため、フックが頑丈なものかどうか、事前に確認しておくのが良いでしょう。また、車に乗る方は、スマートキーなどをつけてしまうと、誤操作でボタンが押されてしまう場合があるので、注意が必要です。

関連記事

リングタイプのキーケースは、リングに何本でも鍵を通して使うことができるキーケースとなっております。キーケースのタイプとして、こちらも一般的ですね。車のスマートキーがちょうど入るサイズのものも多いため、スマートキーを持っている方にはおすすめなタイプのキーケースです。

リングタイプの使い方としては、リングに鍵を通して、鍵をキーケースの内側に入れ、ジッパーなどで閉じるだけです。ケースにしっかりと鍵が納まるため、他のものとぶつかり合って傷つくなんてことも防げます。

S1yvg8be2vkjggvvn577
引用: https://item.rakuten.co.jp/srcc/f0101/

ねじつきキーケースは、とてもおしゃれでコンパクトなキーケースとなっております。ねじでしっかりと止めることで、鍵がチェーンからうっかり落ちてしまうなんてことも防げます。スライド式で鍵を出すことができるのもおしゃれですね。車を使う方は、スマートキーをスムーズに出し入れすることができ、サイズもぴったりとなっているのでおすすめです。

1 / 2