Pc5izpomihqfp7dmhrtg

マナー・作法

CATEGORY | マナー・作法

封筒の「在中」の正しい書き方は?書く位置や色はどうするの?

2018.12.03

封筒に「在中」と記載する際の正しい書き方はご存知ですか?「在中」を正しい位置や色で書いていないと、処理などの手続きが遅れてしまう場合があります。今回は、「在中」の正しい書き方や、「在中」を封筒に記載する意味を詳しくご紹介していきます。

目次

  1. 封筒に「在中」と書く意味は?
  2. 封筒の「在中」の正しい書き方は?
  3. 封筒の「在中」は何色が正解?
  4. 封筒の「在中」は手書きとスタンプどちらがいい?
  5. まとめ:目に留まるよう「在中」は正しく書きましょう!
Nahivvteeqz9ovkr1a95

まずは、「在中」の意味から見ていきます。封筒に「在中」と書く意味は、封筒の中にどんな書類が入っているのか一目で分かるようにするためです。重要な書類や急ぎの書類だった場合、「○○在中」と書かれていればすみやかに処理や手続きをすることができます。また、他の郵便物に紛れてしまうことや、不要な郵便物と間違えられてしまうことを防ぐ意味もあります。意味を理解することでその必要性も理解できますよね!

Ucfjden4brsmby5qarnp

1日に多くの郵便物が届く場合は、郵便物を仕分けするだけでも時間がかかります。郵便物の中身が分からないと、開封しなければならないので、さらに時間がかかります。受け取る側の書類を探す手間を省くためにも、封筒に「○○在中」と書くのはとても重要なことです。

Nglvzanevgaqmpcmcjsb

次は、書き方です。「在中」は封筒の余白に書けばいいというわけではなく、正しい位置(正しい書き方)があります。正しい位置に書かないと、「在中」と書いても気づいてもらえない場合があります。正しく書くことは、自分にとっても受け取る側にとっても大きなメリットになるので、「在中」は必ず正しい書き方に則りましょう。

縦書きの場合

A4902668593190
引用: https://shop.r10s.jp/fujix/cabinet/akebono39/a4902668593190.jpg

縦書きの場合、書き方としては「在中」を書く位置は封筒の宛名面の左下が正しい位置です。宛名に近づけ過ぎず、やや離れた位置にバランスよく書きましょう。

横書きの場合

Ed1665970
引用: https://shop.r10s.jp/akarica/cabinet/img0162/ed1665970.jpg

横書きの場合、書き方としては「在中」を書く位置は封筒の宛名面の右下が正しい位置です。横書きの封筒は宛名を表面の左上に書くので、「在中」は宛名の右下に書きます。縦書きと横書きで位置が違うので、間違えないように注意しましょう。

Kaj9sljbhijhakagm4vu

封筒の「在中」は目立つことが大切です。そのため、多くの封筒の「在中」には朱色や赤色、青色がよく使用されています。宛名のほとんどが黒色なので、「在中」を朱色や赤色で書くと目立たせることができます。中には黒色で書かれているものもありますが、黒色はあまり目立たないので避けた方が無難でしょう。

既に封筒に印字されている色も赤色で、販売されているスタンプも赤色が多いです。重要性を出し、すばやく処理や手続きをしてもらうためにも、「在中」は朱色や赤色にしたほうが良いです。また、手書きする場合には、万が一雨に濡れてもいいように油性ペンで書くと良いでしょう。

「請求書在中」などは青色

Lpdtbpt2r1ooa0hhv7z9

多くの場合が朱色や赤色を使用していますが、「請求書在中」の場合は青色を使用しましょう。お金関係の書類の場合に朱色や赤色を使用してしまうと、「赤字」を連想してしまう方が多くいます。自分は気にならなくても、相手はどう感じているか分かりません。相手に違和感や不快感を感じさせないためにも、「請求書在中」などのお金関係の書類には朱色や赤色を使用しないように気をつけましょう。

1 / 2