Sex2pdecu5j84jlv0i9g

CATEGORY | 服

スカートの収納術!スカートの簡単なたたみ方を写真付きで細かく解説!

2018.10.31

デリケートな服であるスカートをタンスやスーツケースに収納する場合に、正しいたたみ方がわからず悩んでしまう事があります。しわにならない収納方法、プリーツを崩さないたたみ方など、スカートの種類別のお悩みに合わせたたたみ方を写真付きで解説していきます。

目次

  1. 1.プリーツスカートの収納方法・たたみ方
  2. 2.スーツのスカートの収納・たたみ方
  3. 3.シフォンスカートの収納・たたみ方
  4. 4.レース・フリル付きスカートの収納・たたみ方
  5. まとめ:スカートの収納・たたみ方のポイント

プリーツスカートをたたむ際の悩みと言えば、まずスカートのプリーツが崩れてしまう事です。タンスに他の服と一緒に詰めてしまうとプリーツが崩れそうでタンスへの収納には抵抗がある場合や、スーツケースに入れて持ち運ばなければならない場合に一番気になるところです。中高生のスカートの様に比較的固めの素材で出来ているスカートから、シフォン素材の柔らかい生地で出来ているスカートまで、プリーツを崩さないたたみ方としては、タオルを使用する方法があります。

スカートと同じサイズのタオルを用意し、スカートをタオルの上に広げます。次にスカートを横半分に折り、プリーツを真っ直ぐに整えます。

560x560 max 01742494c26219c32299de20b1fc0762 147251522718067 photo
引用: http://shopblog.gu-japan.com/pic/t_article/11129/parts/560x560-max-01742494c26219c32299de20b1fc0762-147251522718067-photo.jpg

ウエスト側からタオルと一緒にくるくると巻いていきます。裾の部分まで巻き終えたら完成です。

560x560 max 589031adb9ae8f32ebfcb9afab4ae02c 147251525918104 photo
引用: http://shopblog.gu-japan.com/pic/t_article/11129/parts/560x560-max-589031adb9ae8f32ebfcb9afab4ae02c-147251525918104-photo.jpg

もちろん、プリーツの特性上長時間たたんだままにしておくとプリーツが汚くなってしまうこともあり得ますので、プリーツスカートの場合は。普段はスカート用ハンガーに吊るして置いて、畳むのは持ち運びの時など最小限にとどめた方が無難です。

出先などでタオルがない場合は、プリーツを中側へ折り込んでたたみます。

Img5 3
引用: https://www.cecile.co.jp/column/component/img/article91/img5-3.jpg
Imgrc0074059735
引用: https://image.rakuten.co.jp/junchan/cabinet/05008248/imgrc0074059735.jpg

地方での就活や出張でスーツのスカートをスーツケースに収納して持ち運ばなければならない場合などにしわにならないたたみ方です。

M 20013
引用: http://wm.netprice.co.jp/@0_img/goodsimg/R98342/m_20013.jpg?_ex=500x500

スカートのしわをよく伸ばします。次に半分に折ります。スリットがある場合は、スリットの部分が折れ曲がらないようにします。折り目にならないように、あまり力を入れずに収納スペースに合わせてふわっと三つ折りまたは四つ折りにします。上にタオルを置いて畳むとしわになりにくいです。スーツ全般に、ふわっと自然にたたむのがしわにならないコツとされています。

2c210d4de0d4602d1156642b10f16fa7
引用: http://living.ikigoto.com/media/wp-content/uploads/2016/02/2c210d4de0d4602d1156642b10f16fa7.jpg

女性らしさを演出する代表的な服として人気のシフォンスカート。薄手の素材で出来ているシフォンスカートは、タンスに収納できればスペースを取らないので、出来ればタンスに収納したい服ですが、どうしても気になってしまうのがしわです。シフォンスカートの収納はまず、しわやクセをつきにくくするために、スカートを出来るだけ綺麗に広げます。

次に、右側と左側を内側に向かって折り込みます。
たたんだ時に長方形になるようにするのがコツです。長方形に畳むことが出来たら、ウエスト部分の方からくるくると巻いて完成です。

1 / 2