2018年04月27日 UPDATE

お風呂の温度の適温とは?目的別適温の設定や効果をご紹介!

皆さんはお風呂に普段から入りますか?面倒くさくてシャワーだけにしてしまうときもあると思います。ですがお風呂はいろいろな効果があります。温度によって違うんですね。今回はそんな温度別のお風呂の効果についてまとめたいと思います。是非参考にしてみて下さい。

目次

  1. お風呂の温度の適温とは? | お風呂の効果
  2. お風呂の温度の適温とは?| 目的別適温の設定
  3. お風呂の温度の適温とは?| ①疲労回復
  4. お風呂の温度の適温とは?| ②肩こり
  5. お風呂の温度の適温とは?| ③リラックス
  6. 注意点
  7. 最後に

お風呂の温度の適温とは? | お風呂の効果

Nils6xrmhlyrarafkggy
引用: https-//www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/12/20835-300x300.jpg
皆さんは普段からお風呂には入りますか?夏などは暑くてなかなか入ろうとしないこともあると思いますが、お風呂というのはいろいろな効果があります。例えば「疲労回復」。温かいお湯に浸かることで、体の血液循環がよくなり老廃物が除去されるためですね。
他にもいろいろな効果があり、お風呂に入ると1人の時間ができるので、そこで考え事や読書などができるというメリットもあります。具体的な効果というわけではないですが、そう言った点もお風呂にはあるのは非常にいいと思います。温泉や外のお風呂も非常に盛り上がっていて、週末などに行くとたまった疲れが出て非常に気持がいいですよね。
今回はそんな効果のうち、お風呂の温度を変えることで変わる効果についてまとめたいと思います。
Nsskw2euetynk1ykhffj

お風呂の温度の適温とは?| 目的別適温の設定

U0tmxmegd3wuxc6qy3sk
ここでは「どんな効果を期待したいか」という目的別に何度に設定すればよいかということについてまとめていきたいと思います。是非参考にして、今日のお風呂から試してみてほしいと思います。
Upnjuzdw4coknkmk78zb

お風呂の温度の適温とは?| ①疲労回復

Vlq7fd5h4lgpsnrgnoyi
引用: http-//www.enishi-seikotsu.com/blog/images_mt/banzai_girl.png
まずは「疲労回復」をしたいときの設定温度です。疲労回復を期待したい場合は「42℃以上」というちょっと熱めのお風呂に入るべきです。熱いお風呂に入るときは半身浴でも大丈夫で、体がだんだんと温まってくるので老廃物を除去することができます。また老廃物の除去はダイエットに繋がることもあります。血行を良くしてあげることで、ある程度のダイエットが期待できるのです。
もちろん熱すぎるお風呂や長風呂は危ないので、ある程度の時間の中で入るようにしましょう。
Csmd6ya5trilnr1aaelp
引用: http-//www.teraoyohopropolis.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/05/genki2.png

お風呂の温度の適温とは?| ②肩こり

Medical katakori obasan
引用: https://4.bp.blogspot.com/-Fdmsj3ckAq4/VahRpMxcpPI/AAAAAAAAvuY/7RWWSct0wLA/s800/medical_katakori_obasan.png
続いては「肩こり」をほぐしたいときの設定温度です。設定温度は「疲労回復」よりはぬるい「41℃」のお湯に浸かりましょう。ポイントとしてはぬるま湯に長時間浸かって、筋肉を解してあげることです。やはり肩こりというのは筋肉が凝り固まってしまって起こることなので、それをじゆっくりほぐしてあげることが重要です。
この時、他の部分の筋肉もほぐしてあげるとさらに効果が期待できます。タオルなどを使ってストレッチをしたり、台に首を乗せてしまってもいいでしょう。とにかくお風呂の中ではリラックスして、ほぐしてあげることが重要です。是非試してみて下さい。
Lqfcs2ckmyge59cveuug
引用: https-//2.bp.blogspot.com/-NnHJRVSOuEQ/UZ2U_W0tCeI/AAAAAAAATsA/NnzDoIeMw5U/s800/katakori_woman.png

お風呂の温度の適温とは?| ③リラックス

Apzgzufiug9z5s8dojsa
最後に「リラックスしたい」ときの設定温度です。前項のお風呂の入り方はダイエットなどの効果も期待できるのと同時に、リラックスするための入り方もやはりリラックスしているというのもあって、ダイエットやストレス解消につながることがあります。その設定温度は38℃前後と結構なぬるま湯です。40℃を切るというのはちょっと「冷めてしまったお風呂」という感じがするかもしれませんが、リラックスさせるという観点からすると非常に効果的です。
リラックスできれば考え事などもスムーズに行うことができるでしょうし、何事も前向きに考えられるのではないかと思います。是非皆さんもお風呂の時間だけは好きなことができたり、考えたりできるようにしてもらいたいと思います。
Zxth0nklysafmwbsgnsj

注意点

Qi2nggqhwbkrbhixulzc
引用: https-//3.bp.blogspot.com/-wf5p8ilIxOQ/U00KH4pCHPI/AAAAAAAAfOk/CcOEZqgGMKY/s800/mark_chuui.png
注意点としては「熱いお風呂に入るとき」や「長風呂」などです。高齢者の方に多いですが、高齢者が亡くなる原因で最も多いのはお風呂場でのことだそうです。外気と浴室の中との温度差が激しいために、非常に危ないそうなのです。若い方もないわけではありません。特に熱いお風呂なんかは起きかねないので十分注意するようにしましょう。
E9l4yab3xr2wijsvhrgl

最後に

Q1cu0ydhszuhofkiuudm
いかがだったでしょうか?今回は「目的別の適温とは」ということで、お風呂を使ったリラックス法などをご紹介しました。温度で効果が変わるなんて非常に面白いですよね。是非皆さんも最も快適な温度で入るようにしましょう。
Tko9bgpclmefimwxpoo6