2018年05月24日 UPDATE

清酒と日本酒の違いって何?清酒の飲み方とおすすめ銘柄まとめ!

清酒という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、清酒と日本酒の違いは何?と聞かれると明確に答えられる人は少ないでしょう。そこで今回は清酒と日本酒の違い、さらに清酒の定番から変わり種の飲み方、おすすめ銘柄までご紹介します!

目次

  1. 「日本酒」はよく聞くけど、「清酒」ってなに?違いは?
  2. 清酒のおすすめの飲み方ってどんなものがある?
  3. おすすめ清酒10選!
  4. 【おすすめ清酒10選】No.10 一ノ蔵
  5. 【おすすめ清酒10選】No.9 風の森
  6. 【おすすめ清酒10選】No.8 上善如水
  7. 【おすすめ清酒10選】No.7 田酒
  8. 【おすすめ清酒10選】No.6 久保田
  9. 【おすすめ清酒10選】No.5 越乃寒梅
  10. 【おすすめ清酒10選】No.4 十四代
  11. 【おすすめ清酒10選】No.3 菊水
  12. 【おすすめ清酒10選】No.2 八海山
  13. 【おすすめ清酒10選】No.1 獺祭
  14. 【まとめ】清酒とそれに含まれてない日本酒もどちらも楽しんで飲もう!

「日本酒」はよく聞くけど、「清酒」ってなに?違いは?

みなさんは、清酒と日本酒の違いはご存知ですか?
「えっ違いなんかあるの?同じかと思ってた!」という方も少なくありません。さて、ここで清酒と日本酒の違いをはっきりさせちゃいましょう!
国税庁のホームページでは、酒税法により清酒をこのように定めています。
第三条 この法律において、左の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。 (略) 三 「清酒」とは、左に掲げる酒類をいう。 イ 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの ロ 米、水及び清酒かす、米こうじその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(イ又はハに該当するものを除く。)。但し、その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(こうじ米を含む。)の重量をこえないものに限る。 ハ 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの
引用元: www.nta.go.jp

(清酒の原料) 第二条 法第三条第三号ロに規定する清酒の原料として政令で定める物品は、次に掲げるものとする。ただし、第二号に掲げる物品については、米、水及び米こうじとともに清酒の原料とする場合に限る。 一 麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ 二 アルコール(法第三条第五号の規定(アルコール分に関する 規定を除く。)に該当する酒類(水以外の物品を加えたものを除く。)でアルコール分が三十六度以上四十五度以下のものを含む。以下同じ。)
引用元: www.nta.go.jp

清酒はこのように、酒税法による明確な定義があります。
一方で日本酒はアルコールに複数の成分を加えて清酒風味にした「合成清酒」や、清酒を製造する際にこす作業を経ていない「どぶろく」など、その他の醸造酒も含まれます。

清酒のおすすめの飲み方ってどんなものがある?

清酒についてその定義と日本酒との違い知ることができました。それでは、次に清酒のおすすめの飲み方について調べてみましょう!

まずは王道の飲み方はこれ!

冷酒:5度~15度の温度で日本酒を楽しむ飲み方です。日本酒の深い味わいと広がりを口の中で感じられるとおすすめの飲み方です。
冷や:常温の20~25度くらいの温度で飲む飲み方です。
お燗:温度によって様々な呼び方が存在しますが、熱燗と呼ばれる飲み方は50度ほどに温めて飲む飲み方です。冬の寒い日など、体を温めたい日におすすめな飲み方です。

その他のおすすめな飲み方はなにかある?

ロック:日本酒に氷を入れて飲む飲み方です。すっきりとした味わいで、時間が経てば氷が解けて薄まるのでより飲みやすさが増します。
ソーダ割り:日本酒をソーダで割ることによって、そのままではお酒感が強くて飲めないという人でも爽快感を味わって飲める飲み方です。
アイスがけ:バニラアイスなどにかけ、日本酒を食べるという楽しみ方です。なにかで割るよりもさらに手軽に楽しめる方法です。
柑橘類の果物をプラス:レモンなどの柑橘系の果物をくし形切りにし、日本酒に入れて飲む飲み方です。さっぱりとした口当たりで飲むことができます。
トマトジュース割り:ビールをトマトジュースで割る飲み方は知られていますが、それの日本酒版です。ヘルシーに飲むことができ、女性にもおすすめです。

おすすめ清酒10選!

おすすめの飲み方をご紹介しました。それでは、これらの飲み方でぜひ飲んでほしい、おすすめの清酒をご紹介します!その違いにもぜひ注目してほしいと思います。

【おすすめ清酒10選】No.10 一ノ蔵

華やかな吟醸香が有り、口中に含むと気品あるまろやかな味わいが広がります。厳選した原料と伝統の手づくりの技が醸す逸品。

辛口で、冷やで飲むのがおすすめな飲み方だそうです。

【おすすめ清酒10選】No.9 風の森

奈良県でのみ生産される酒米、露葉風を使用しています。心白がとても大きく、調和のとれた複雑味のある味わいがその特徴です。ただ綺麗なだけではなく、奥行きと立体感のある酒質をお楽しみください。
引用元: www.yucho-sake.jp

【おすすめ清酒10選】No.8 上善如水

白瀧酒造の代表銘柄「上善如水 純米吟醸」です。1990年の発売以降、多くのお客様からご愛顧をいただいております。 キレのある軽快な味わいと果実のような華やかな香り、そして純米のまろやかな旨味の余韻を融和させました。どんな料理にも合い、日本酒を飲み慣れた方はもちろん、はじめて日本酒を飲む方にも楽しんでいただけるような、澄み切った水の如き日本酒です。
引用元: www.jozen.shop

【おすすめ清酒10選】No.7 田酒

気品のある円やかなふくらみ、厚みがありながらキレの良さが際立つ手造りの銘品。
引用元: www.densyu.co.jp

中辛口で、冷やがおすすめの飲み方です。

【おすすめ清酒10選】No.6 久保田

香り、味ともに、蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰です。柔らかな口当りと調和のとれた旨味で、軽く冷やしても、わずかに温めても、存在感を主張します。

中辛口で、冷やがおすすめの飲み方です。

【おすすめ清酒10選】No.5 越乃寒梅

精米歩合35%に磨いた山田錦を使った、ほのかな吟醸香と深く繊細な飲み口が特徴の純米大吟醸酒。 熟成が進むほど味がのる「山田錦らしさ」を最も実感できるお酒に仕上げています。 低温で充分に熟成させているので、ぬる燗で香りと味の広がりをお楽しみ頂くのが、一番のおすすめです。
引用元: koshinokanbai.co.jp

辛口の純米大吟醸です。

【おすすめ清酒10選】No.4 十四代

丁寧な作りで十四代らしい芳醇な香りと味わいです。スタンダードな十四代をお探しならお勧めです。
引用元: www.amazon.co.jp

なんと、製造元の高木酒造はホームページが存在しないそうです。それにも関わらず、多くの人に知られ売り切れが続出しているという幻のお酒です。

【おすすめ清酒10選】No.3 菊水

幻の酒米「菊水」で醸した純米大吟醸原酒。酒米「菊水」は名酒米「雄町」を親に持ち、優れた酒造適性ながらも1945年には一度姿を消した品種。それから50年の時を経て、わずか二五粒だけ残っていた種籾から、見事に復活を遂げました。

ロックや冷酒で飲むのがおすすめな飲み方だそうです。

【おすすめ清酒10選】No.2 八海山

米の旨みとまろやかな喉ごしをお楽しみください。
引用元: www.hakkaisan.co.jp

【おすすめ清酒10選】No.1 獺祭

常識的な純米大吟醸で踏み出せない酒質を目指しました。美しい香りと両立する味の複雑性・重層性と長い余韻を持っています。

【まとめ】清酒とそれに含まれてない日本酒もどちらも楽しんで飲もう!

清酒の酒税法による定義と、日本酒との違い、そしておすすめの清酒の銘柄をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?ここで清酒についておさらいしてみましょう!
1.酒税法によって清酒には厳格な決まりがある
2.米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたものを指す
3.米、水及び清酒かす、米こうじその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたものを指す
4.原料は麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじとする
そして日本酒には清酒に加え、「合成清酒」と「どぶろく」などのその他の醸造酒も含まれます。
この他にも、みなさんご存知の飲み方から、ちょっと変わった飲み方までご紹介しました。知らなかった飲み方も多かったのではないでしょうか?ぜひ様々な飲み方にチャレンジしてほしいと思います。
おすすめな清酒の銘柄も普段耳にしたことのあるものばかりではなく知る人ぞ知る、評価が高いものも入っていますので、知られざるおいしい清酒を試していただきたいです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170423097post-10974.html