Ee3uma84itvunwetyf7j

CATEGORY | カテゴリー

間違えるとダサすぎ...Tシャツインの5つのポイントを徹底解説!

2018.11.03

最近流行りのTシャツをボトムスにインするコーデですが、どうして流行り出したのだろう?インするなんてあり得ない!!って思っている人も、どうすれば格好よくTシャツインできるのかわからない人にも、間違えてダサくならないポイントを徹底解説します。

目次

  1. tシャツインが流行しトレンドファッションとなった時代
  2. Tシャツインのポイント①ボトムスに注意
  3. Tシャツインのポイント②前だけインする
  4. Tシャツインのポイント③全部インする
  5. Tシャツインのポイント④足長効果を生かす
  6. Tシャツインのポイント⑤ウエストラインをスッキリさせる
  7. Tシャツインのポイント⑥ラフに着こなす
  8. Tシャツインの身だしなみ
  9. TシャツインにおすすめのTシャツ
  10. Tシャツインポイント【まとめ】
Xdnjnvpl1iyxcchmrx5i
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRGc-SUC8X4q7Ki4MrBvTc0-fngf3pSajS5XN4SxpOFMuWagLpn4w

Tシャツインなんてダサい。と、言う流れが多かった時代から、シンプルでもトレンドファッションとして、Tシャツインコーデが、こなれ感が出せると、人気となりました。ただ、インするだけでは、だらしない格好として見られる事もあるため、正しいインのやり方をレディースコーデの目線からチェックし、ダサいなんて言われないようにバッチリ決めましょう。

関連記事

Qatztsbosc2a4l59oqos
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQn7SZPr2hL5oyAfw8FFBd8-QjP8hbNKn6HlflCwBtzsoVYjilpeQ

流行りだという事で、何でもかんでも、合わせてOKということではありません。Tシャツインする為、ウエストや腰回りに目が行きがちなので、バランスややり方が必要です。

①Tシャツインにおすすめのボトムス

E9pamaoqpwxd9rsrdn8g
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTOWthQtNOCGZZLVyExDzilcR6ULqZBc82iDOObT0kHnZMmVLSM

様々なボトムスがあり、デニム一つとりましても、タイプやアイテムが多いので、ダサいTシャツインにならないように、おすすめボトムスをご紹介します。

ワイドタイプの、デニムやチノパン、カジュアルなボトムスがおすすめ。ハイウエストなども、やり方次第では格好良くコーデが完成します。最近、流行りのワイドタイプのボトムスは多くのレディースアイテムがあり、スカートタイプやガウチョなどがあります。これらは意外と、足長効果もありおすすめです。

Teqzspgxl7hdpcrgwzsb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTIPwqcbwz2KDh3PhbqccbdwEHr41ZF2mwhsnEfjIuucrRgeL2S

②Tシャツインにおすすめできないボトムス

Obwmrgqysdheok8wmvz9
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSOWO6hhxUrI-dd2YBHuIrNKZ6CEa8wZ176nxTyuC6RINltsE8F

ウエスト周りが、スッキリしないタイプ。ハッキリ言うと、ウエスト肉が腰回りで窮屈になっているタイプで、元々、ウエストサイズに無理があるようなピチッとタイプは、レディースコーデの永遠の悩みですね。このようなタイプはダサいので避けましょう。そうゆう時は、腰まで隠すようなチュニックなどで、ウエストをカバーした方が良いですね。

また、スキニーやスパッツなど、体のラインをしっかりと強調してしまうボトムスで、お腹まわりが気になる方はおすすめできません。ただ、ウエストラインに自信のある方は、やり方次第ではオススメです。どんどんTシャツインにトライしてください。では、以上のボトムスに注意頂きながらTシャツインコーデしましょう。

1/5