Jzhhuc7uolktkaydqqkn

ホビー・アウトドア

CATEGORY | カテゴリー

バトミントンのコツを知ろう!初心者でもできる練習法はコレ!

2018.05.08

誰もは1度は経験したことのあるスポーツ「バトミントン」。老若男女問わずできるスポーツで有名です。バトミントンの詳しいルール知ってますか?かっこいいスマッシュのコツやサーブのコツを、初心者の人でもできる練習法で紹介いたします。

目次

  1. バトミントンが上達するコツ
  2. バトミントンの基本ルールとコツ
  3. バトミントンで基本的なミス
  4. バトミントンのコツ その①ラケットの持ち方
  5. バトミントンのコツ その②ラケットの振り方
  6. バトミントンのコツ その③基本姿勢
  7. バトミントンのコツ その④サーブの基本
  8. バトミントンのコツ その⑤ショットテクニック
  9. バトミントンのコツ その⑥フットワーク
  10. バトミントンのコツ その⑦基本球種
  11. バトミントンの練習のコツ その①シャトルを投げる
  12. バトミントンの練習のコツ その②壁打ち
  13. バトミントンの練習のコツ その③リフティング
  14. バトミントンの練習のコツ その④ラケットで拾う
  15. バトミントンの練習のコツ その⑤椅子タッチ
  16. バトミントンの練習のコツ その⑥手で投げてもらう
  17. バトミントンの練習のコツ その⑦反復横跳び
  18. バトミントンの練習のコツ その⑧ノック練習
  19. バトミントンの道具を買うコツ
  20. バトミントンの上達へのコツ
Badminton 5
引用: http://www.badminton-progress.com/wp-content/uploads/2017/09/badminton-5.jpg

バトミントンは幅広い年代で楽しめます。誰もが気軽に楽しめますが、立派なスポーツです。オリンピックの正式種目にもなっていますし、学校の部活動では必ずといっていいほどあるスポーツです。

誰でも気軽に楽しめるバトミントンですが、基本ルールなど知らない人が意外と多いかもしれませんね。バドミントンの基本ルールや上達するためのコツを知れば、きっとバトミントンを楽しんでやったり見たりできるようになりますよ。

C7e6879a94e93751bfc4f0efc63e6d7d 246x200
引用: https://happy-with.bz/wp-content/uploads/2016/01/c7e6879a94e93751bfc4f0efc63e6d7d-246x200.png

また、これからバトミントンを始める人は、早く強くなるためにも、上達への基本や練習法のコツを初心者のうちから知っておいて損はありません。今回はバトミントン初心者に基本と練習方法やコツを紹介していきます。

ネットを挟み両陣地に分かれます。バトミントンの試合はシングルかダブルスです。1試合21点で最大3ゲーム行い、先に2ゲーム取った側の勝利です。流れとしては、①サーブをする②ラリーが続く③シャトルを落とすと相手に1点が入る、を繰り返します。点を取った側が次のサーブを打ちます。

%e7%a6%81%e6%ad%a2 1447168550 400x300
引用: http://story-is-king.com/wp-content/uploads/2015/11/%E7%A6%81%E6%AD%A2_1447168550-400x300.jpg

ここで、バドミントンの初心者がしてしまいがちなミスを見ていきます。

タッチザネット・オーバーザネット

7574668e7334f2ca2fe3aaae42ee05fe
引用: http://www.saishunkan-badminton.jp/wp-content/uploads/2015/03/7574668e7334f2ca2fe3aaae42ee05fe.gif

相手側の陣地に自分のラケットを出したり、またネットに触れることは禁止となっています。

タッチザボディ

Afff14a1f691119833979a4d1233c29b
引用: http://www.saishunkan-badminton.jp/wp-content/uploads/2015/03/afff14a1f691119833979a4d1233c29b.gif

自分の身体にシャトルが当たると、即座に相手の点になります。

5e2b0616fc6c7797667434fe38fc1233 e1483943271982
引用: http://sprotsrule.com/wp-content/uploads/2017/01/5e2b0616fc6c7797667434fe38fc1233-e1483943271982.jpg

バトミントンのラケットの持ち方を説明します。「イースタングリップ」と「サムアップ」が基本的な持ち方としてあります。バトミントンでは打ち方に合わせ、上手に使い分けるテクニックが重要です。

イースタングリップ

Grip
引用: http://badmintonsyoshinsya.up.seesaa.net/image/grip.jpg

使う機会が最も多くある持ち方です。全ての基本の持ち方となります。

親指と人差し指でV字を型どるように握ります。その際ラケットをしっかり垂直にします。自分から見てラケットの面が見えないように調節してください。

サムアップ

Que 1130557836
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggLh5iteuHfQphpWMjNCxbJw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1130557836

サーブやバックハンドで使う持ち方です。試合で自由自在に反応できるようになるためには、バックハンドが重要となってきます。初心者の人は、ショットを強くするためにも早くこの持ち方に慣れるのがコツです。

持ち方はイースタングリップで、ラケットを持ちます。時計回りに、ラケットを少し回転させます。親指の腹を、八角形のグリップの面に当てます。

一般的に、回転角度は30度と言われています。ですが、初心者の人は少し大きく回すのがうまくいくコツです。

1 / 7