Affapnckjrukl07ene99

お酒

CATEGORY | カテゴリー

焼酎の作り方を徹底解説!気になる製造工程をイチから詳しく解説!

2018.05.16

焼酎の作り方を改めて知ろうと思ったことはおありですか?海外でも「ジャパニーズ・ウイスキー」として、その奥深い製造過程に格調の高さが見出され、クラス感ある特別なアルコール飲料として静かなブームを呼んでいます。日本人としてそんな焼酎の作り方を知識にしてみませんか?

目次

  1. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【その①】焼酎、お好きですか?
  2. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【その②】海外ではクラス感あるアルコ―ル!
  3. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の世界①】焼酎ってどんなお酒のカテゴリー?
  4. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の世界②】蒸留酒であるウイスキーと焼酎の違い
  5. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の世界③】焼酎のいいところ、安定性!
  6. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の世界④】焼酎のいいところ、飲み方に独創性!
  7. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の世界⑤】焼酎のいいところ、豊富なヴァラエティ!
  8. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法①】製造法は2種類に分類できる
  9. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法②】品質を分ける重要な製麹(せいきく)
  10. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法③】酵母菌培養の一時仕込み
  11. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法④】アルコールが生まれる二次仕込み
  12. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法⑤】いよいよスピリッツに、蒸留工程
  13. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の製造法⑥】焼酎たらしめる最終工程、熟成と貯蔵
  14. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類①】乙類の焼酎って何だろう?
  15. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類②】甲類の焼酎って何だろう?
  16. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類③】産地限定・壱岐焼酎
  17. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類④】産地限定・球磨焼酎
  18. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類⑤】産地限定・薩摩焼酎
  19. 焼酎の作り方を知ろう!発酵を経て蒸留、の手間暇かけた製造過程は奥深い!:【焼酎の種類⑥】産地限定・琉球泡盛
  20. まとめ
Bcsufq2uknzej2mqumxa
引用: http://www.kt.rim.or.jp/~wadada/cyokayume/kurosetoji125.html

一家言あるこだわり派のためのお酒

焼酎には代表的でよく知られている、芋に麦、米、そばといった原料種類から、はては黒糖、栗、ジャガイモに至るまで様々な種類があります。原料によって味や香りもおのおの異なり、シーンや気分に合わせた幅広い楽しみかた、飲み方が可能で、一昔前は男性がおもに好んで飲むものというイメージでしたが、今や女性が焼酎を頂くことはお洒落で格好いい!という風潮すら確立していますよね。

Ip4rhqnyyjixoauh1k8p
引用: http://www.kt.rim.or.jp/~wadada/cyokayume/kurosetoji125.html

そして焼酎フリークな方々に一貫しているのが、自分の好みへの強いこだわり。「やっぱり焼酎といったら芋につきる!」、「飲みやすく、まろやかな味わいと香りを知っている人が好むのは断然麦!」と一家言ある人が多いのが特徴。まさに焼酎愛を抱いているのです。

Rjk1thssvidffcu8xp2q
引用: http://thekyushuadvantage.jp/column/detail07/

焼酎を知っている=お酒をよく知る人!

原産地である日本で愛されてやまないこの焼酎、実は今海外でも大きな注目を集めていることをご存知でしたか?本格志向の日本食レストランは既にしっかり世界各国都市で根付いていますが、そこに置かれている焼酎を味わうことで、焼酎の魅力にはまる外国人の方が増えています。そして日本へ旅行した際に、酒造所を訪問するツアーなども人気になっているのです。

Az38r6rzotlxh6lg8d7u
引用: http://thekyushuadvantage.jp/column/detail07/

筆者が在住するフランスのパリでも、日本のお酒を売るお店はもちろんのこと、ワイン販売のお店にまで置いてあることも多くなっています。大抵そのようなお店はアルコール飲料全般を扱っていますが、日本のウイスキーそして焼酎は扱いがそれらとは違い、高級な蒸留酒としての位置づけ。和食のお店で「焼酎はありますか?」と尋ねたり、個人の家に1本あるということは、お酒によく通じていることの表われであり、なおかつそのような高級品の味を知っている、ということで一目おかれるものなのです!

Zwuj9l2aktqgqhibbloq
引用: https://www.pinterest.co.uk/pin/26529085288424403/
1/10