Pz44nesqsy6dhcwxqrdm

健康

CATEGORY | カテゴリー

筋トレの回数は何回がいいの?効果的な回数の決め方を紹介!

2018.05.08

筋トレを始めようと思った時、何回するのがベストなのかと疑問に思う人も多いでしょう。いくつかの筋トレのメニューをこなす場合は、特に目安として回数を決めたい人も多いはずです。今回は、少しでも継続して筋トレに取り組めるように、効果的な回数の決め方を紹介します。

目次

  1. 筋トレにチャレンジする人は多い
  2. 筋トレの回数はどうやって決めればいい?
  3. 筋トレの回数の決め方①:1セットは8回程度にして1日3セット
  4. 筋トレの回数の決め方②:正しいフォームが保てる回数を設定する
  5. 筋トレの回数の決め方③:ゆっくりとしたペースで行う筋トレで回数を決めるのもおすすめ
  6. 筋トレは回数同様に頻度も大切!
  7. 筋トレの頻度①:ダンベル系の筋トレだと週2日
  8. 筋トレの頻度②:器具を使わない筋トレだと1日おきがベスト
  9. 超回復を取り入れた筋トレは回数を気にするのと同じくらい大切
  10. 筋トレの回数に大きく関係する超回復って何?
  11. 無理のない回数で筋トレに取り組むのが一番
Body 1
引用: http://sozai.kingyomon.com/wp-content/uploads/2011/10/body-1.png

今人気の筋トレは体を引き締めたい、健康的な体作りをしたいなど様々な理由でスタートする人が多いです。それぞれ、期待する効果はは違いますが基本的な回数の決め方や頻度は同じです。今回は、筋トレをスタートする時に決める回数を中心にいくつか方法を紹介します。

Gahag 008721
引用: http://gahag.net/img/201605/18s/gahag-008721.jpg

器具を使う筋トレや使わない筋トレ、とにかく筋トレにチャレンジしてみようという人は始めて見ましょう。筋トレを定期的に行うだけで、健康的な体に近づくことができます。また、筋トレを軽い気持ちで始めたらそれが趣味になったという人も少なくありません。自分の楽しみの一つとして筋トレを捉えるのもおすすめです。

Gahag 001867
引用: http://gahag.net/img/201510/26s/gahag-001867.jpg

筋トレのメニューはいろいろあります。ダンベルを持ち上げるのも筋トレ、スクワットも筋トレと見渡してみると様々な筋トレが存在します。その中で、自分がチャレンジしたいメニューを決めて筋トレを始める訳ですがここで重要なのが回数です。

Publicdomainq 0011229ofc
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/17s/publicdomainq-0011229ofc.jpg

せっかく筋トレを始めるなら効果はある程度期待したいという人も多いです。これから、筋トレの回数の決め方について簡単に紹介していきます。回数を決めるのに困っている人は参考にすることをおすすめします。

Publicdomainq 0001617qrs
引用: https://publicdomainq.net/images/201610/15s/publicdomainq-0001617qrs.jpg

筋トレは回数を多くすればする程、効果が期待できるというものでもありません。例えば、1日100回の腹筋を毎日したからといって必ずしも効果が出るとは限りません。無理なく程よい頻度で行うことが効果の実感に繋がります。理想は、1セット8回程度に設定して1日3セットまでと決めるのがおすすめです。

0469c79ba599619b54e81a717bbcf4db t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/04/0469c79ba599619b54e81a717bbcf4db_t.jpeg

1セットを8回とするのも自分自身にとって難しいかどうかは、実際にメニューにチャレンジして決めましょう。基本的には、同じ動作を連続で繰り返し行うことが8回程度できればそれはぴったりの回数だと言えます。少し頑張っても8回はキツイと思うレベルであれば、1セットに対する回数を見直すといいでしょう。

Weights 820144 400x270 mm 100
引用: http://pictkan.com/uploads/cache/24469739/weights-820144-400x270-MM-100.jpg

先ほどお伝えした1セット8回が、正しいフォームで保てればそれで回数は問題ありません。特に、ダンベルなどの器具を使って筋トレを行う時はフォームを保てるかどうかはかなり重要です。フォームが筋トレをしている中で崩れてしまう場合は、1セットにカウントする回数を見直すことをおすすめします。

1 / 3