Ytlaklnbkinj6vm0lzjm

生活家電

CATEGORY | 生活家電

【ダイソン】バッテリーがすぐ切れる?バッテリーの寿命と交換方法をご紹介!

2019.05.23

ロングセラーのダイソンは、今や誰もが知る有名メーカーですよね。そんな、ダイソンのコードレスクリーナーのバッテリーがすぐ切れるという声が上がっているのをご存知ですか?今回、バッテリー切れは本当に早いのか、バッテリーの寿命と交換・廃棄方法をご紹介します。

  1. ダイソンとは?
  2. ダイソンの製品ラインナップ
  3. ダイソンのバッテリーの待ち時間
  4. ダイソンのバッテリーの寿命は?
  5. ダイソンのバッテリーを長持ちさせるコツ
  6. ダイソンのバッテリーの購入方法
  7. ダイソンのバッテリーの交換方法
  8. ダイソンのバッテリーの廃棄方法
  9. バッテリー持ちのいいコードレスクリーナー
  10. まとめ<【ダイソン】バッテリーがすぐ切れる?バッテリーの寿命と交換方法をご紹介!>

そしてバッテリーの寿命が来ると、充電をしたにもかかわらず、すぐ切れるようになります。

Features 2
引用: https://www.dyson.co.jp/medialibrary/Group/ShopContent/Features/All%20Markets/Vacuums/Cordless/Dyson_V10/V10_Absolute/Features_2_.ashx

毎日、バッテリーの容量を使い切るまで使用した場合、約2年ほどで寿命が来るとされており、バッテリーの交換が必要となってきます。

2年と聞くと短い気もするかと思います。

出来ればバッテリーを長持ちさせて、すぐ切れる・すく交換が必要になる、という事態を避けたいですよね。

そこで、ダイソンのバッテリーを長持ちさせるコツもご紹介します。

Photo 1473091577407 bf8bbc9aa564?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1473091577407-bf8bbc9aa564?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=432985fb2a00fe24272c65cd28f86c76&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

ダイソンのバッテリーを長持ちさせるコツは、なるべく「通常モード」で掃除をすることです。

ダイソンの掃除機には「通常モード」と「MAXモード」が備わっているのは、上記でご紹介しましたが、連続使用時間を見てみても、「MAXモード」であれば約6分という、かなり速いスピードでバッテリーを使い切ってしまいます。

よって、「MAXモード」で掃除を続けると、「通常モード」よりも速いスピードでバッテリーを消耗させることになるのです。

ですので、なるべく「通常モード」で掃除できるところは、「通常モード」を使用して掃除した方が、バッテリーの寿命をのばし、交換頻度を減らすことができます。

Photo 1503044427611 1973a4e89d97?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1503044427611-1973a4e89d97?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2430706eb7238e3649ed260fc32e35e8&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

続けて、交換が必要になった場合のバッテリー購入をご紹介します。

バッテリーの購入先は、公式オンラインショップもしくは、Amazon、楽天、yahooショップで購入することが可能です。

正規品であれば、公式オンラインショップが確実ではありますが、一部では入荷までに時間がかなりかかるとの声もあります。

正規品にこだわりがなければ、Amazon、楽天、yahooショップなどで購入することも可能です。

バッテリー廃棄も視野に入れて、購入店に相談してみるのも一つの手かもしれません。

Photo 1520500807606 4ac9ae633574?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1520500807606-4ac9ae633574?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e99db5c13bb036d5ab3927b27cd640ce&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

購入したバッテリーは、ご自身で交換をしなければなりません。

そこで、バッテリーの交換方法をご紹介します。

まず、準備する道具として、ドライバーが必要となります。

発売当初のダイソンコードレスクリーナーは、ボタンを押すことで、ワンタッチでバッテリーの取り外しが可能でしたが、商品開発が進み、現在では、バッテリーはネジで固定されています。

3 / 5