Lpf3uhjmfexdolrd7pko

CATEGORY | 服

冬ライブ服装の注意点まとめ!失敗しないおすすめの服選びを詳しく解説!

2019.05.08

夏とは違う、冬ライブの服装に迷っていませんか?会場内での服装も気になるけれど、会場までの移動で厚手のコートを着て行くべきかどうかも考えてしまいます。そこで今回は、冬ライブ服装の注意点と失敗しないおすすめの服選びについて解説いたします。ぜひ参考にしてくださいね!

  1. 夏との違いは?冬ライブの特徴
  2. 冬ライブ服装の注意点をご紹介
  3. 冬ライブ服装の注意点① 厚手のコート
  4. 冬ライブ服装の注意点② 半そでと長そで
  5. 冬ライブ服装の注意点③ 靴
  6. 冬ライブ服装の注意点④ インナー
  7. 冬ライブ服装の注意点⑤ アウター
  8. 冬ライブ服装の注意点⑥ パンツ
  9. 冬ライブ服装の注意点⑦ くつ下
  10. 冬ライブ服装の注意点⑧ 髪型・アクセサリー
  11. 冬ライブ服装の注意点⑨ 着替え
  12. 服装以外も大事!冬ライブのおすすめアイテムをご紹介
  13. 服装に気をつけて冬のライブを楽しもう!
Py9th8m0lkj9lishcb9e
引用: https://www.instagram.com/p/BdP0Fn8g4Hg/?tagged=%E5%86%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9

大型フェスなど広い会場でのライブは、床から冷えが伝わってくるので足先が冷えてくることもあります。いわゆる底冷えです。寒さや冷えは足からくることも多いので、くつ下も厚手のものを履いておくといいでしょう。色はカラフルなものなどを選ぶと、足からの冷えも防止できるうえ、おしゃれに見えますよ。

C3fmtvcdmr9paroh1n9t

冬ライブに限らずですが、ライブ中はアクセサリーなどを外しておきましょう。ステージ前でライブを楽しむときに腕を振り上げて動いていると、アクセサリーが隣の人に当たったりしてトラブルになることがあります。人が密集したライブ会場では、腕時計のバンドが切れるといったこともあるようです。

Myb25li16hwbpvd4dr7i

また、女性の方は髪型にも気をつけましょう。髪が長い人であれば、隣の人に髪の毛が当たることもあります。お団子ヘアーなどに束ねるときは、お団子はバックでとめましょう。トップでとめるよりも、後ろの人から見えないとイヤがられることが少なくなります。

20161229130314659 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hmqpul/20161229130314659/20161229130314659_500.jpg

ライブ後は、着替えがあると快適に帰れます。Tシャツなど肌にふれる部分だけでも着替えると、外に出たときに体を冷やさずにすみます。汗をかいたままだと、風邪をひくこともありますからね。

Phr7zhduqw3sfyzf8dat
引用: https://www.instagram.com/p/BdXW0vKAGIe/?tagged=%E5%86%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9

ここまでで、ひととおり冬ライブ服装の注意点についてご紹介いたしました。最後に服装とは違いますが、冬ライブで準備しておくと便利なものやアイテムについてご紹介いたします。

服装以外も!冬ライブのおすすめ① カイロ

4902899126846
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/v-drug/cabinet/0510/4902899126846.jpg

開演前に室内で待機できるライブもありますが、ライブハウスなど小規模の会場では外で待つことも多いものです。そんなときのために、カイロを持っておくと便利でしょう。長い列に並んでいるときでも、指先や体の中を暖かく保てます。グッズ売り場に並ぶときにもおすすめですね。

服装以外も!冬ライブのおすすめ② ティッシュ

4901121626376
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/at-life/cabinet/pic02/4901121626376.jpg

フェスなどのライブに行って、意外と必要になるのがティッシュです。外から室内に入ると、鼻をかみたくなることも多いものです。フェスでご飯を食べるときやドリンクを飲んでいて、うっかりこぼしたときでも安心です。ライブ会場にティッシュが設置してあるということはないでしょうから、持っておくと何かと役立ちします。

4 / 5