Iyghulhbdxcjihitvgmp

生活家電

CATEGORY | カテゴリー

ドライヤーの温度は何度がおすすめ?火傷しないけどあったかい最適温度をご紹介!

2018.05.31

髪を美しく、そして健康に保つには、ドライヤーは欠かすことのできないアイテムです。ドライヤーの最適温度を知るだけで髪や頭皮のダメージから守ってくれます。そこで、今回は火傷をしないけどあったかいドライヤーの最適温度をご紹介します。

目次

  1. ドライヤーが髪を傷める温度は何度?
  2. ドライヤーの温度は何度がいいの?:低い温度が髪に与える影響
  3. ドライヤーの温度は何度がいいの?:高い温度が髪に与える影響
  4. ドライヤーの温度は何度がいいの?:火傷しないけど、最適温度は何度?
  5. 一般的なドライヤーの温度は何度?
  6. ドライヤーで温度が変わる仕組みは?
  7. ドライヤーの高くて適切な温度の効果は何?
  8. ドライヤーの低い温度の効果は何?
  9. 髪に優しいドライヤーの温度調節の仕方
  10. まとめ
No translate detected 1218 381
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-381.jpg

パナソニック社でドライヤーの温風で髪を痛める温度について実験したところ、だいたい140℃であることがわかりました。JIS規格でもドライヤーの温風温度は吹出口から3cmで140℃以下のものであると定められています。これらのことから、JIS規格に適合した1200W程度のドライヤーを使っていれば、温風で髪を傷めることはないといえるでしょう。

Eh na99 products 4 3 pc
引用: https://panasonic.jp/hair/dryer/products/EH-NA99/EH-NA99_products_4-3_pc.jpg

ドライヤーの温風を同じ場所に当て続けても大丈夫?

No translate detected 1385 2903
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1385-2903.jpg

髪を乾かすためにドライヤーの温風をしばらく同じ場所に当てるということがありますが、髪が高い温度になって火傷する心配はありません。それは、髪には熱を蓄える性質がなく、ドライヤーの温風を当て続けてもそれ以上高くなることはないからです。ただし、髪に100℃を超える温風を当て続けるとタンパク質が変性してパサつきや枝毛の原因になるので、おすすめできません。

火傷は髪よりも頭皮の方が心配!

7694a7fd626516f517c791e71b44914f m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/09/7694a7fd626516f517c791e71b44914f_m.jpg

ドライヤーの温風温度の高さで髪が火傷することはありませんが、頭皮が火傷をしてしまうことはあります。そもそも頭皮はとても薄く、40℃を超えるような高温では火傷の可能性があります。

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068 m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/07/8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m.jpg

最近、多くのメーカーから低温ドライヤーが販売されています。何だかドライヤーの温風温度が低い方が髪に良さそうに思えてきますね。このような低い温度のドライヤーでは、髪が乾くまでの時間が長くかかってしまいます。ドライヤーの温風温度が140℃以下であれば髪は傷つくことはないので、温風温度の低いドライヤーの方がよいとは必ずしもいえません。髪を素速く乾かすためには、140℃以下のもので高い温度のドライヤーを選ぶことをおすすめします。

No translate detected 1218 131
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-131.jpg

ドライヤーの温風温度が高いほど短い時間で髪を乾かすことができるだけでなく、髪の形成力も高くなります。しかし、その分髪や頭皮へのダメージは大きくなります。特に、140℃を超えると髪は変性し、長く続けるほど深刻なダメージを髪に与えてしまいます。

No translate detected 23 2147643789
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643789.jpg

ドライヤーを当てる際に、火傷をしないけど最適な温度は、約70℃が最も理想的です。髪には神経が通っていないので、高い温度の温風を髪に与え続けても髪の変化に気づくことはできません。ですから、ドライヤーを当てるときには手で髪の温度を確認することをおすすめします。高い温度の風を当て続けていると毛根や頭皮が傷つき、抜け毛や薄毛の原因に繋がってしまいます。

1 / 3