2018年05月31日 UPDATE

ドライヤーの温度は何度がおすすめ?火傷しないけどあったかい最適温度をご紹介!

髪を美しく、そして健康に保つには、ドライヤーは欠かすことのできないアイテムです。ドライヤーの最適温度を知るだけで髪や頭皮のダメージから守ってくれます。そこで、今回は火傷をしないけどあったかいドライヤーの最適温度をご紹介します。

目次

  1. ドライヤーが髪を傷める温度は何度?
  2. ドライヤーの温度は何度がいいの?:低い温度が髪に与える影響
  3. ドライヤーの温度は何度がいいの?:高い温度が髪に与える影響
  4. ドライヤーの温度は何度がいいの?:火傷しないけど、最適温度は何度?
  5. 一般的なドライヤーの温度は何度?
  6. ドライヤーで温度が変わる仕組みは?
  7. ドライヤーの高くて適切な温度の効果は何?
  8. ドライヤーの低い温度の効果は何?
  9. 髪に優しいドライヤーの温度調節の仕方
  10. まとめ

ドライヤーが髪を傷める温度は何度?

No translate detected 1218 381
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-381.jpg
パナソニック社でドライヤーの温風で髪を痛める温度について実験したところ、だいたい140℃であることがわかりました。JIS規格でもドライヤーの温風温度は吹出口から3cmで140℃以下のものであると定められています。これらのことから、JIS規格に適合した1200W程度のドライヤーを使っていれば、温風で髪を傷めることはないといえるでしょう。
Eh na99 products 4 3 pc
引用: https://panasonic.jp/hair/dryer/products/EH-NA99/EH-NA99_products_4-3_pc.jpg

ドライヤーの温風を同じ場所に当て続けても大丈夫?

No translate detected 1385 2903
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1385-2903.jpg
髪を乾かすためにドライヤーの温風をしばらく同じ場所に当てるということがありますが、髪が高い温度になって火傷する心配はありません。それは、髪には熱を蓄える性質がなく、ドライヤーの温風を当て続けてもそれ以上高くなることはないからです。ただし、髪に100℃を超える温風を当て続けるとタンパク質が変性してパサつきや枝毛の原因になるので、おすすめできません。

火傷は髪よりも頭皮の方が心配!

7694a7fd626516f517c791e71b44914f m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/09/7694a7fd626516f517c791e71b44914f_m.jpg
ドライヤーの温風温度の高さで髪が火傷することはありませんが、頭皮が火傷をしてしまうことはあります。そもそも頭皮はとても薄く、40℃を超えるような高温では火傷の可能性があります。

ドライヤーの温度は何度がいいの?:低い温度が髪に与える影響

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068 m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/07/8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m.jpg
最近、多くのメーカーから低温ドライヤーが販売されています。何だかドライヤーの温風温度が低い方が髪に良さそうに思えてきますね。このような低い温度のドライヤーでは、髪が乾くまでの時間が長くかかってしまいます。ドライヤーの温風温度が140℃以下であれば髪は傷つくことはないので、温風温度の低いドライヤーの方がよいとは必ずしもいえません。髪を素速く乾かすためには、140℃以下のもので高い温度のドライヤーを選ぶことをおすすめします。

ドライヤーの温度は何度がいいの?:高い温度が髪に与える影響

No translate detected 1218 131
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-131.jpg
ドライヤーの温風温度が高いほど短い時間で髪を乾かすことができるだけでなく、髪の形成力も高くなります。しかし、その分髪や頭皮へのダメージは大きくなります。特に、140℃を超えると髪は変性し、長く続けるほど深刻なダメージを髪に与えてしまいます。

ドライヤーの温度は何度がいいの?:火傷しないけど、最適温度は何度?

No translate detected 23 2147643789
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643789.jpg
ドライヤーを当てる際に、火傷をしないけど最適な温度は、約70℃が最も理想的です。髪には神経が通っていないので、高い温度の温風を髪に与え続けても髪の変化に気づくことはできません。ですから、ドライヤーを当てるときには手で髪の温度を確認することをおすすめします。高い温度の風を当て続けていると毛根や頭皮が傷つき、抜け毛や薄毛の原因に繋がってしまいます。

一般的なドライヤーの温度は何度?

5cb3f442032ad54223f2bc51a7423634 m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/09/5cb3f442032ad54223f2bc51a7423634_m.jpg
電気店などで販売されている一般的なドライヤーの温風温度は、1200Wのものであればだいたい100℃~120℃の製品が多いようです。このドライヤーの温風温度は、風の吹出口から3cm話した場所で測定した温度です。髪にあたる実際の温度とは少し違います。

ドライヤーで温度が変わる仕組みは?

Beb8cd7e
引用: http://livedoor.blogimg.jp/small_things/imgs/b/e/beb8cd7e.jpg
ドライヤーの温風温度が変わるのは、電熱線の数や太さを変えているからです。ドライヤーの本体内部にはニクロム線があります。このニクロム線に電気が流れることで電気抵抗により熱が生まれます。ドライヤーの内部に流れる空気がニクロム線から発生した熱に触れることで熱せられ、温風となって吹出口から出てくるのです。ニクロム線の数や太さに応じて発生する熱を変えることでドライヤーの温風温度を変えているのです。

ドライヤーの高くて適切な温度の効果は何?

E1255245512aaa227b71f7ea73db8627 m
引用: https://bikatsu-hack.jp/wp-content/uploads/2016/09/e1255245512aaa227b71f7ea73db8627_m.jpg
ドライヤーの適切な温風温度にはどのような効果があるのか、簡単にご説明します。

髪を短い時間で乾かすことができる

No translate detected 23 2147643790
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643790.jpg
ドライヤーの温風温度が高いほど、髪を短時間で乾かすことができます。特に、朝シャンなど通勤・通学前の忙しい時間帯に髪を乾かす人にとっては高い温度のドライヤーがおすすめです。

髪をまとまりやすくしてくれる

No translate detected 1163 732
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1163-732.jpg
ドライヤーの温風温度が高いと、髪の癖を和らげて整えやすい髪へとしてくれます。ドライヤーを使って髪を乾かすということは、髪に含まれている水分を取り除くというだけではなく、髪を整えるという働きもあるのです。

ドライヤーの低い温度の効果は何?

No translate detected 23 2147643787
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643787.jpg
多くのドライヤーには温風とともに冷風機能もありますが、低い温度の風にも大切な働きがあります。

低い温度の風で、髪を傷めずに乾かせる

No translate detected 1218 130
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-130.jpg
ドライヤーの温風温度が高いほど乾かす時間は短くなり、整髪もしやすくなりますが、髪への負担も大きくなります。低い温度の風は高い温度の風に比べて髪が乾くまでには長い時間がかかってしまいますが、髪や頭皮への負担はグンと減り、髪のバサつきや枝毛になる心配は少なくなります。

低い温度の風は、髪にツヤを与えてくれる

H0001 01
引用: http://www.shiseidogroup.jp/binolab/images/h_0001/h0001_01.png
ドライヤーの温風温度が低いと、髪のキューティクルを整えてくれます。私たちの髪の表面は、キューティクルというウロコ状の組織で覆われています。このキューティクルにより外からの刺激から髪の内部を守ると同時に、髪の水分を保ってくれます。高い温度の風が当たるとキューティクルは開いた状態になり、水分が失われるだけではなくキューティクルそのものを痛めてしまいます。低い温度の風を当てることでキューティクルを引き締め、髪本来のツヤを保つことができるのです。

髪に優しいドライヤーの温度調節の仕方

No translate detected 23 2147643792
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643792.jpg
せっかくドライヤーを使うなら、髪に優しくて効果的にドライヤーを使いたいものです。そこで、髪に優しいドライヤーの温度調節の仕方をご紹介します。

ドライヤーの距離で髪に当たる温度を調節する

No translate detected 1218 127
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1218-127.jpg
髪に当たる風の温度を調整する一番の方法は、髪とドライヤーの距離を変えることです。お風呂上がりで水分の多い髪を乾かしたいときには、ドライヤーを髪に近づけて高い温風でしっかりと乾かします。髪とドライヤーの距離は20cmがベストです。その後、髪との距離を少しずつ遠ざけていくことで髪に当たる温風の温度を下げていけば、髪に優しくドライヤーをかけることができます。

タオルで水分を取ってからドライヤーを当てる

9e3d91b9ecb635144e60934b40137b7d
引用: https://goody8.com/wp-content/uploads/2018/02/9e3d91b9ecb635144e60934b40137b7d.jpg
髪に優しいドライヤーの当て方の二つ目は、ドライヤーの温風を充てる時間を短くする方法です。そのために、ドライヤーを当てる前にタオルで髪の水分を取り除いておくことをおすすめします。その際、髪の表面や毛先はもちろん、頭皮にもタオルをしっかりと当てて水分を7割程度吸い取ってください。タオルで水分を吸い取った髪であれば、短い時間で髪を乾かすことができます。

髪全体にドライヤーで乾かす

No translate detected 23 2147643786
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643786.jpg
髪に優しいドライヤーの当て方の三つ目は、ドライヤーを一点集中でかけるのではなく、髪全体にドライヤーを当てて乾かすことです。ドライヤーを一点に集中してかければかけるほど髪は傷んでしまいます。ショートやミディアムヘアであれば5分位を、ロングヘアの人は約10分を目安としてください。

低温ドライヤーもおすすめ!

A30510a98bdb6f8d718d65b20faf4f4b 1
引用: http://kusege.net/wp-content/uploads/2015/12/a30510a98bdb6f8d718d65b20faf4f4b-1.jpg
髪に優しいドライヤーの当て方の四つ目は、低温ドライヤー。最近多くのメーカーから販売されている低温ドライヤーは最初から髪に優しい温度設定がされているので、一度使ってみることをおすすめします。一般的なドライヤーが100℃~110℃の温風設定であるのに対し、低温ドライヤーは何度の温風に設定されているのでしょうか。ほとんどの低温ドライヤーは、50℃~70℃に設定されています。低い温度の風だと乾くまでに時間がかかってしまうと思われますが、低温ドライヤーは大風量で髪の毛が乾く時間を短くしてくれます。

まとめ

No translate detected 1163 2273
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1163-2273.jpg
火傷しないけどあったかい最適温度は何度?その答えは、ズバリ約70℃。普段何気なく使っているドライヤー。ドライヤーの最適温度を知ることで髪や頭皮へのダメージを抑え、ツヤとハリのある髪に仕上げることができます。正しいドライヤーの使い方を意識し、毎日のヘアケアに心がけてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_23-2147643788.jpg