F07bmrimoeigiabflevt

グルメ

CATEGORY | カテゴリー

ホルモンに含まれる栄養は?気になる疲労回復の効果まで徹底解説!

2018.06.14

ホルモンに含まれる栄養素、身体に効果的なのでしょうか?人気が高いホルモンは焼肉店で必ず1皿、2皿は注文しますよね。正肉よりも脂質が多そうだし、あまり栄養などなさそう・・・と思っていたなら瞠目するホルモンパワーの魅力をご紹介します!

目次

  1. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その①】ホルモンで健康効果をしっかり得る
  2. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その②】低脂肪・低カロリーで健康的
  3. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その③】摂取しづらいミネラル分も豊富
  4. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その④】ホルモンはビタミンの宝庫
  5. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その⑤】疲労回復効果のホルモン
  6. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その⑥】免疫力アップのホルモン
  7. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その⑦】造血作用を促すホルモン
  8. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その⑧】ホルモンに働きかけるホルモン
  9. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【その⑨】美しい身体作りのためのホルモン
  10. 牛・豚ホルモン焼肉で栄養摂取&疲労回復!気になる脂質はホルモンではどうなの?:【まとめ】
Jawjmahsdub3k0xbjznr
引用: https://www.pinterest.fr/

「ホルモンでも食べに行こう!」と気軽に口にしていますが、そもそもどうしてホルモンと呼ばれるようになったのか探ってみると、そこには健康効果から期待された名前の由来があることが分かります。皆さんが良く知っている一説は、昔は正肉のみを食べており内臓部分は廃棄していたため、そこを試行錯誤して美味しく食べられるようにした関西の料理人が「放るもん(ほうるもん)」と呼んだのが訛化して「ほるもん=ホルモン」になったというものでしょう。

Qh820edqonzztwn0zieo
引用: https://www.pinterest.fr/

もう一説は、ドイツ語の医学用語、hormoneに基づいた健康効果説。ホルモンは精力にまつわる物質で、動物内臓を食すことはホルモン分泌を促す滋養料理、という捉え方であったことによります。これは戦前のことであり、精がつき身体によいとされるこのホルモン料理のカテゴリーには、その他に山芋や卵、納豆にすっぽんも含まれていたそうです。こちらの説は今でもホルモン焼肉を食べると何だか元気が出る、肌の調子がいいなどの効果を感じる現代にも脈々と続いていますよね。今回はそんな健康効果を具体的に解き明かしていきましょう!

Ngrhgecgjmoxplyaam0b
引用: https://www.pinterest.fr/

ダイエットをしている時に気をつけたいのが、動物性タンパク質不足です。動物性タンパク質は身体の代謝を高め、蓄積物をエネルギーとして消費する効果を高めますが、肉類は得てしてカロリーが高めとして敬遠されがち。鶏のささみや卵でタンパク質を補おうとしても、味わいの単調さに飽きがくることもしばしば。

K6rxo2o83s3mxoaq4rbn
引用: https://www.pinterest.fr/

しかしホルモンは捌ハツやレバー、マメ、ミノ、センマイ、テッポウにスジ、コブクロなどはとりわけ低脂肪、低カロリーなのに高タンパク質。味わいと食感も様々で飽きることはありません。ダイエット中は推奨できる食物なのです。ただし、テールやタンの根元の方は、比較的脂質が多い部分なので、ほどほどの量を頂くように気をつけましょう。

Vlmkrrr4skajscnckaie
引用: https://www.pinterest.fr/
1/5

続きを読む