2018年08月06日 UPDATE

火事になるほど充電器が熱い!その原因と対策のご紹介!

携帯を充電していると、ときどき充電器がとても熱いときがありますよね。火傷するのではないかと思うほど熱いと感じることもあります。では、なぜ充電器がこのように熱くなるのでしょうか。充電中に火事になっても困ります。今回はこの原因と対策をご紹介します。

目次

  1. 携帯電話の歴史
  2. 携帯電話の充電器:充電にかかる時間
  3. 充電器が熱い?充電器の種類
  4. 【充電器が熱い原因①】バッテリー
  5. 【充電器が熱い原因②】スマホの環境
  6. 【充電器が熱い原因③】CPU(スマホをにとって重要は部分)
  7. 【充電器が熱いときの対策①】スマホを使用しながら充電はしない
  8. 【充電器が熱いときの対策②】熱い場所に放置しない
  9. 【充電器が熱いときの対策③】長時間の連続使用は避ける
  10. 充電器が熱い まとめ

携帯電話の歴史

今では便利な携帯電話ですが、いつから普及したのでしょうか。世界で一番初めに携帯電話が販売されたのは1970年です。日本万国博覧会の「電気通信館」で登場した電話線が必要ないワイヤレスフォンだと言われています。
重量は約550gで、今では考えられないほど少し重い電話でした。携帯電話の一番初めのタイプはアナログ方式で自動車電話だったと言われています。使用者が使う部分のハンドセットは、無線機の本体から運転席の横脇に伸びており、アンテナは自動車の天井に取り付けられていたそうです。電源は車のバッテリーから供給されました。
Qowud4qkjn5hkolnkrqs
引用: http://theomikoshis.hatenablog.com/entry/2016/11/17/173557
Ivngzqiuptc1qmgmmaky
引用: http://www.appps.jp/222327/

携帯電話の充電器:充電にかかる時間

バッテリーは消耗してくるので、その容量によってバッテリーを充電する時間が異なります。本来は0%の携帯電話を充電する場合はおよそ3時間かかると言われています。タブレットではおよそ4時間です。しかし、iphoneなどの急速充電を使うと1~2時間の間で充電ができるとされています。
急いで充電するには、2.4A対応のUSB端子が備わった充電アダプターやモバイルバッテリーに接続することで、早く充電できるのです。例えば、充電アダプターをコンセントに挿すタイプとパソコンに挿すタイプであれば、充電電流の強さが異なります。
パソコンの端子は流れる電流が弱いので、充電するのに時間がかかってしまいます。長時間外出するのであれば、携帯電話の充電は必須ですよね。
Ybhsgscqqefmkmx97op6
引用: https://www.tribalconference.org/secrettool/tobashikeitai.php
Lpzl4s7zfrvofop8z7uz
引用: https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/LifeSuppliesDailyNecessities/Clock?ptr=list

充電器が熱い?充電器の種類

みなさんはどのように携帯電話を充電していますか?外出先で充電できないととても困りますよね。筆者はコンセントから直接携帯電話を充電することが多いです。一般的に携帯電話を充電する方法としてどのような方法があるのでしょうか。ここでは携帯を充電する方法をご紹介します。
Kfgwhtntw7faqdp6j1mt
引用: https://twitter.com/hatena_master

バッテリーからの充電

どこでも充電できるアイテムとしてバッテリーというものがあります。そもそもバッテリーに充電がないと携帯電話に充電できないのです。しかし、このバッテリーに充電があれば、場所を問わずどこでも充電することができるので、とても便利です。

USBからの充電

パソコンやTVのUSBポートを通して携帯電話を充電することが可能です。少し時間がかかることはデメリットですが、コンセントがないところでもパソコンから充電することができるので、とても便利です。

コンセントからの充電

コンセントから携帯電話を充電することはとても早く充電することができます。最近はコンセントとUSBを外せるタイプの充電器もあるので、その場の応じて充電器を変えることが可能です。ただ、海外に行くとコンセントが合わないこともあり、これはデメリットです。
Agjd5fodydfjodvltwat
引用: https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/DCA171

【充電器が熱い原因①】バッテリー

携帯電を充電をするには、もちろん発熱しながら充電します。正常に働いているバッテリーはそんなには熱くなりませんが、劣化したバッテリーは早く減ります。充電をする頻度が増すので、発熱する原因となります。
また、充電しながら携帯を使用することもバッテリーに大きな負荷をかけてしまいます。充電をしながら携帯電話を使用することはやめましょう。バッテリーが熱くなってくることで、触れないほど高温になることもあります。
火傷につながるほど高温になることもあります。携帯電話で火傷につながるほど高温になると、場合によっては火事になることも考えられます。
Xg06dgt9f3amqyuiwsrg
引用: https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/DCA171
Bqhr7ihfv3cbvsgmnayh
引用: http://hamako9999.net/mobile-battery/

【充電器が熱い原因②】スマホの環境

携帯電話をどこに置いているかお関係します。高温の場所に携帯電話を置くと、自然に携帯電話も熱くなります。なので直射日光が当たるところや、夏場の車内は危険です。長時間、熱いところで携帯電話を放置することで携帯電話が熱くなってしまいます。
またスマホケースも熱をこもらせる原因になります。熱がこもることによって、次に使用するときに触れない熱くなり火傷をしてしまったり、火事を引き起こすこともあります。熱くなりすぎると、充電できないこもあります。
Jzthcqnqfxa7ibbmifie
引用: https://www.sankeibiz.jp/business/photos/111220/bsj1112200500000-p1.htm
Jmglukr0ogrnk18dqk6j
引用: http://gucchi23.net/blog/archives/3160

【充電器が熱い原因③】CPU(スマホをにとって重要は部分)

複数のアプリの同時起動をしていたり、負荷の高いアプリを使用していたり、長時間稼働させたりすると、CPUが活発に働き熱を生み出します。その結果、スマホが内部から発熱し、本体が触れないほど熱くなります。
さらに、防水機能がついているスマホは、隙間が少なく内部の熱を逃がしにくい構造となっています。普通のスマホよりも触れないほど熱くなりやすいため、注意が必要です。
Ymwn7pr7rllnwvd7y4ng
引用: https://gigazine.net/news/20130228-opera-with-webkit-hands-on-mwc201/
Kct3gs9eicelcawydrnw
引用: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/jisaku/1516582328/

【充電器が熱いときの対策①】スマホを使用しながら充電はしない

ときどきスマホがとても熱くなることがありますよね。原因としては、スマホは使用すると同時に熱を発生させます。なのに、充電をしながらだと触れないくらいにもっと発熱をします。携帯電話を充電しながら使用すると、本体がときどきとても熱くなって、火傷しそうになった経験はありませんか?これは、スマホを使用しながら充電するために起こる症状です。
火傷して触れないほど高温になるということは、とても高温ということで、火事になることもあり得ます。充電できないようになった場合、携帯電話も寿命なのかもしれません。
Ezffb0qmygk7vsia6sa1
引用: http://cocoromi-club.com/blog/?p=600
Eelvlfknlhxdkgxaphee
引用: https://itojisan.xyz/スマホのトラブル/充電できない/

【充電器が熱いときの対策②】熱い場所に放置しない

スマホを充電しながらでも熱を発生するのに、本体を熱いところに置いていると、本体が触れないほど熱くなることは当たり前です。場合によっては、火傷することもあるので要注意です。夏などに窓際においていると高熱になりすぎて、火事になることもある可能性もあります。
充電できないとなれば、携帯電話にとって大打撃ですよね。対策としては携帯電話は日の当たる窓際などには置かない方が良いでしょう。手は毎日使う必要なものなので、火傷になりたくないですよね。
An6ey7qsnarh4ltzx4uz
引用: https://mypocket.ntt.com/column/smartphones-heated-cooldown.html
Bgu0galef1lv2chtxwsr
引用: https://japan.norton.com/smartphone-heated-7749

【充電器が熱いときの対策③】長時間の連続使用は避ける

スマホは長時間使用することで、熱を発し続けることになります。なので、携帯電話も休憩が必要です。長時間使用することで、触れないほどに熱を発し続けますが、そのせいで携帯電話の本体も消耗していくことにもつながるので、できるだけ長時間連続して使わないようにすることが携帯電話の本体を長持ちさせます。
充電できないということを避けるには、長時間の使用はさけましょう。普段ついスマホをいじってしまうという人は、必要なとき以外は意識的に使わないようにしてみてはいかがでしょうか?
Q5kjl6luimuckgf1wgg3
引用: https://shop.t-noma.jp/products/detail.php?product_id=5494
Nrs8jg8vkttwtkjwswrq
引用: http://mahounokutsu.com/gpsfunction/

充電器が熱い まとめ

長時間の使用によって、携帯電話が熱暴走することがあります。熱暴走するとは携帯電話の重要なポイントであるCPUが稼働しなくなることです。そうなるとフリーズしたり、再起動がよく起こったりすることもあります。熱い状態が続くと、携帯電話が消耗してきている症状でもあるので、なるべく長時間の使用を控え、充電をしながらの使用は控えるようにしましょう。
熱くなりすぎると、火事になることも可能性としてあり得ます。火事になって気づかなければ、大惨事にもなりかねません。携帯電話は充電できないとなれば、充電が切れた時点で情報もなくなる、誰かと連絡をとることもできなくなります。
充電できないといったことを避けるには携帯電話を長持ちさせることが必須です。携帯電話は毎日使うことが多いと思うので、少しでも長持ちさせる対策としては必要以上に使用はせずに、携帯電話にも休息時間を与えてあげることが本体を長持ちさせる対策のひとつです。
Drtftgzgtibdpym5t1ne
引用: https://japan.cnet.com/article/35106053/
Mfccbwkt91xrm6tcf2iz
引用: https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1506496388229/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://iphonejiten.com/archives/2608