Uppmrhtmprmdyerecqlb

CATEGORY | カテゴリー

【パルクール】練習方法まとめ!最適な場所を選んで基本からマスターしよう

2018.07.30

かっこいい技を決めて街中を駆け抜けるパルクール。自分でもやってみたいけれど、どんな場所でどんな練習をすればいいかのかわからないですよね。家の中でも出来るやり方はあるのか。今回は、パルクールの練習方法をまとめていきます。基本的な技やコツを知ることができますよ。

目次

  1. パルクールってどんなスポーツ?練習方法は?
  2. パルクールの技にはどんなものがあるの?
  3. パルクールの基本的な技1 ランディング(Landing)
  4. ランディングの練習方法
  5. パルクールの基本的な技2 PKロール
  6. PKロールの練習方法
  7. パルクールの基本的な技3 ヴォルト
  8. ヴォルトの練習方法
  9. パルクールの基本的な技4 クライムアップ
  10. クライムアップの練習方法
  11. パルクールの基本的な技5 ウォールラン
  12. ウォールランの練習方法
  13. パルクールの基本的な技6 プレシジョン
  14. プレシジョンの練習方法
  15. パルクールの基本的な技7 バランス
  16. バランスの練習方法
  17. まとめ

街中を華麗に駆け回っているイメージのあるパルクールですが、そもそもパルクールとは、どんなスポーツであるかご存知でしょうか。パルクールは元々、目的地への移動を効率的に行うための技術でした。そこに、最近になってパフォーマンスの要素が加えられたため、現在のような姿になったといわれています。今回はパルクールの技のやり方や家でもできるような練習方法を紹介します。

段差や壁などをスムーズに駆け抜けていくイメージのあるパルクールですが、その一つ一つの動作にも技の名前がついています。これらの基本的な技の名前を知ることで、パルクールの動きをりかいすることができますので、ここでは技の名前を紹介していきます。パルクールの技は、主に7つあり、①ランディング②PKロール③ヴォルト④クライムアップ⑤ウォールラン⑥プレシジョン⑦バランス、となっています。それぞれの技の内容や練習方法については以下でまとめていきます。

ランディングは高い場所から落下をしたときの着地で衝撃を和らげるという技です。パルクールでは、よく高低差のある場所を移動するシーンをよく見ますよね。こういったシーンにおいて、正しい着地の仕方を覚えないとケガをしてしまうことがあります。そのため、ランディングはとても重要な技であることがわかりますね。

ランディングはある程度高低差のある場所でやるので、家では中々できないでしょう。やり方としては、着地の瞬間に膝を曲げて衝撃を吸収するということと、着地をした後に、両手で地面を押して衝撃を吸収しながら、状態を起こすことでスムーズに次の動きに移ることができます。

PKロールについても、ランディング同様に着地の衝撃を和らげるための技となります。着地の衝撃を足ではなく、体全体で受け流すという特徴があり、ランディングでは対応しきれない高い場所からの着地に有効となる技でもあります。

こちらの技も高い場所から着地をする技なので家の中では中々できません。やり方としては、着地の瞬間に膝を曲げ、衝撃を吸収しながら、前方に体を傾け手を地面につきます。その状態から前方に回転し、肩→背中→腰→尻→脚の順に回転しながら衝撃を和らげることができます。また、回転のイメージをつかむだけなら家の中でもできそうですね。

1 / 3