Pinhqguzirwzejx6bfpl

グルメ

CATEGORY | グルメ

塩の賞味期限とは?未開封・開封後の差や表示の意味を解説!

2018.07.25

塩を購入する際に、賞味期限が塩には表示されていないことに気づいた方がいるかもしれません。未開付であっても、開封していても問題はないのか不安になりますよね。塩の賞味期限の表示についてや、未開付と開封後の差について具体的に解説していきます。

  1. 未開付の塩の表示に賞味期限がない?
  2. [塩の賞味期限]未開付と開封後の差とは?表示などについて
  3. [塩の賞味期限]塩の表示の意味「未開付のもの」
  4. [塩の賞味期限]未開付の塩の保存テク
  5. [まとめ]塩の表示の謎は、腐らないからだった
41 jscifbnl. sx425
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41-jScifbNL._SX425_.jpg
食品を購入する際に気になった方もいるかもしれません。塩の容器の裏を見ても、賞味期限が掲載されていないことに気づいている方もいるでしょう。なぜ、賞味期限が設定されていないのか気になりませんか?特にトリュフソルトなどは高価であるために、保存方法には気をつけたいですよね。
Images?q=tbn:and9gcsrzfnvxxnpcyio8eiwqgpayxgeb ikzkkdaimw3ba4mjvw4sufsq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSrZFNVXxnPCyIo8eiWqGpayXgEb_IkzKkdaImw3BA4MjVw4SuFsQ
何年経っても問題ないから賞味期限が設定されていないのか。具体的に理由は解説すると、塩は何年経っても無機質であるために腐らないからです。食品衛生法のJAS法によって定められており、塩などの種類には賞味期限を表示しなくても良いのです。
Tuchimoto07100i9a6603 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tuchimoto07100I9A6603_TP_V1.jpg
塩の賞味期限は一般的にありません。なぜ、賞味期限がないのかというと、塩自体に腐敗菌が寄り付かないからです。何年経っても問題ないほどなので、塩の保存方法にはあまり気を使う必要はありません。トリュフや味塩、岩塩、梅塩などの付属したものを同様であり、賞味期限を気にする必要はありません。
Smimgl4075 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL4075_TP_V1.jpg
本題の未開付と開封後の差は、湿気を吸うか、吸わないかです。塩の種類、味塩や岩塩、トリュフ、梅塩などは、湿気を吸いやすい傾向にあるので、開封した後は、冷蔵庫などの湿気の少ない環境に保存しておくと、塩の鮮度を長期間維持することができます。なぜ、塩が湿気を吸うのかは、タンスに入れておく湿気取りを思い出すとわかりやすいですが、単純に水分を吸着するからです。
Ookawaimgl2421 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawaIMGL2421_TP_V1.jpg
なぜ、塩には賞味期限がないのか気になった方もおられるでしょう。なぜ、塩に賞味期限がないのかというと、塩の全ての味塩や岩塩、トリュフ、梅塩は、無機質の成分であり、腐敗しません。なので、食品衛生法のJAS法にて賞味期限を指定しなくて良いことになっているのです。
Tsuchimoto0i9a6485 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6485_TP_V1.jpg
未開付の状態であれば、何年経っても問題ありません。開封後は、湿気の少ないところで管理すれば味わいも維持することができます。味塩、岩塩や梅塩を購入して、味わいを維持したい場合は、冷蔵庫などに保存しておきましょう。トリュフソルトなどの高価な塩であっても、具体的には同じ保存方法で鮮度を維持することが可能です。湿気を避けるように意識すれば問題なく美味しさを維持することが可能ということだけ覚えておきましょう。
S20170330153415 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/S20170330153415_TP_V1.jpg
塩に賞味期限はありませんが、二つ保存する際に気をつけたい、失敗したくないポイントがあります。一つ目は、湿気を吸ってしまう恐れがあり、味わいを損ねる可能性があること。二つ目は、匂いを吸着してしまう恐れがあること。この2点を気をつけるためには、暗くて湿気の少ない場所がおすすめです。おすすめな保存場所がありまして、冷蔵庫などであれば湿気から身を守ることができたり、匂いの吸着も少し工夫をすれば対策できるでしょう。
1 / 2