2018年07月30日 UPDATE

コストコを使って節約!生活費を抑えるおすすめ活用法とは?【2018】

コストコと言えば大型の商品や食材などをまとめ買いすることで「生活費を節約できる」ショップとしておすすめです。一人暮らしの場合も活用できるのでしょうか。今回はコストコを使って生活費や食費などを節約するおすすめの方法についてまとめています。

目次

  1. コストコを有効活用!まとめ買いで生活費を節約!
  2. コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法1:まとめ買い
  3. コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法2:一人暮らし
  4. コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法3:経費
  5. コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法4:保存
  6. 知っておきたいコストコで得する4つの食材とは
  7. コストコで生活費を節約するおすすめの食材1:冷凍食品
  8. コストコで生活費を節約するおすすめの食材2:ディナーロール
  9. コストコで生活費を節約するおすすめの食材3:惣菜
  10. コストコで生活費を節約するおすすめの食材4:お酒
  11. コストコ活用は人による!自分の生活とよく相談しよう

コストコを有効活用!まとめ買いで生活費を節約!

コストコは大型商品をまとめ買いする倉庫のようなショップで非常に人気があります。そのためまとめ買いなどをすると食費などの食費を節約することができます。ここからはコストコを使って生活費は食費などを節約するおすすめの方法について紹介していきます。

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法1:まとめ買い

まとめ買いでメリットが大きい

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法1つ目は「まとめ買い」です。コストコと言えば大型商品の倉庫と言うイメージですが、実際に倉庫のような店内をしていますし、商品も業務用のような大きさのものばかりです。そのため生活用品などを購入すればしばらくは補充しなくても済むようになります。

ホームパーティなどに便利

コストコは例え家から距離があったとしてもまとめ買いをすることで大幅に節約することができます。実際にコストコを利用する方のほとんどがまとめ買いをしにきており、平均的な利用回数も月に1回程度のようです。しかし、自宅にテラスがあったり比較的広い家だとホームパーティなどを開く際によくコストコを利用しています。

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法2:一人暮らし

一人暮らしでも節約になる?

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法2つ目は「一人暮らし」です。一人暮らしでも比較的広い家に住んでいる場合はコストコでまとめ買いをすることで節約になります。一人暮らしの場合は後述しますがコストコを利用する経費に注意する必要があります。

宅飲みで有効活用

一人暮らしでコストコを利用する最大の活用方法は「宅飲み」です。飲み会など居酒屋などで飲むと非常にお金がかかってしまいますが、宅飲みであれば終電を気にせず飲むことができますし、日持ちする惣菜などであればボリュームが多いので非常に満足度が高いです。一人暮らしで宅飲みを使うことで節約になりますし、シンプルに食費が浮きます。

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法3:経費

経費がかかるので注意

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法3つ目は「経費」です。コストコを利用するためには経費がかかります。基本的にコストコの商品は大型商品になるので車の移動が必須になります。また、コストコを利用するためには会員になる必要があります。この2点をよく考えて利用することが重要です。

年会費や交通費を考える

まず年会費が4400円になるので月に1回コストコを利用すると月に370円程の経費になります。また車を利用する場合の駐車場やガソリン代も考慮する必要があります。このような経費を考えると一人暮らしなどでは、先程の宅飲みなど人が集まるイベントが定期的にないと節約するのは難しいです。

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法4:保存

よく考えて買い物をしよう

コストコで生活費を節約するおすすめの活用方法4つ目は「保存」です。もし一人暮らしでコストコを最大限活用する場合は食材を保存する方法を工夫することです。惣菜などはボリュームが多いので食費が安くなりますが、食べきれなくなることが非常に多いです。そのため常温で日持ちするものか、冷凍食品がおすすめです。

活用できるかよく考える

冷凍食品を購入する場合も大型の冷蔵庫が必要になるので、一人暮らしだと活用が難しいです。日用品・食材ともに消費が激しい大家族などであればコストコのメリットが活かしやすいです。コストコは非常に広く、店舗数も限られているため様々な角度から判断して活用するかどうか決めるのがおすすめです。

知っておきたいコストコで得する4つの食材とは

メリット・デメリットがある

このようにコストコは表面だけ見ると大型商品が比較的安く販売されているのでメリットがあるように感じますが、車の費用や保存、年会費などを考えるとメリットがある人とない人に大きく分かれます。実際にコストコに行ってみると車を持っていないと活用できないことが分かります。

おすすめの食材とは?

しかし実際に上手にコストコを活用することで食費などは大幅に節約することができます。問題は保存の方法と場所です。あまり大きくない部屋しかなければ大型商品を置くのに場所を使ってしまいます。ここからはコストコで生活費を節約するおすすめの食材について説明していきます。

コストコで生活費を節約するおすすめの食材1:冷凍食品

冷凍食品がおすすめ

コストコで生活費を節約するおすすめの食材1つ目は「冷凍食品」です。コストコの中でも食費を抑えるために購入される食材の中でも冷凍食品は非常に人気がありますし、ボリュームが多いので非常にコスパに優れています。一人暮らしの場合は同じ味が続くので我慢が必要になることもあります。

冷凍食品のポイント

問題となるのは冷凍食品を保存する場所です。基本的なコストコの活用方法と言えばまとめ買いになるので、冷凍食品を大量にまとめ買いをしてしまうと冷蔵庫に入らなくなることが多いです。そのためしっかりと冷蔵庫の中を整理することも重要ですし、衝動買いせずに計画を立てることが大切です。

コストコで生活費を節約するおすすめの食材2:ディナーロール

ディナーロールがおすすめ

コストコで生活費を節約するおすすめの食材2つ目は「ディナーロール」です。ディナーロールはコストコの中でも非常に人気がある小型のパンです。拳大の大きさのパンが36個入っており価格は500円です。1個当たりの価格は14円ほどになるので非常にコスパに優れていますし冷凍保存して使う方が多いです。

ディナーロールのポイント

非常にコスパが良い食材になるので食費を浮かせるのに非常に役立ちます。このディナーロールは非常に料理との相性も良いので使いやすい食材です。朝食であればジャムを使えば美味しいですし、シチューなどにも良く合います。ガーリックトーストや小型のピザ風の料理にするのもおすすめです。

コストコで生活費を節約するおすすめの食材3:惣菜

総菜がおすすめ

コストコで生活費を節約するおすすめの食材3つ目は「惣菜」です。大型の家庭であれば非常に重宝されているのが惣菜です。実際にホームパーティなどを行う際には欠かせないです。惣菜自体の単価は1000円を超える高いものが多いですが、ボリュームが多いのでコスパが非常に良いです。

総菜のポイント

実際に大人数が集まる予定がある場合はコストコを利用するのがおすすめです。また、惣菜も安いですが豚肉のブロックなど大型の食材も安く、調理する手間がありますがBBQや焼き肉パーティなどを行う場合は非常におすすめです。低価格でボリュームが多いので食費を抑えることができます。

コストコで生活費を節約するおすすめの食材4:お酒

お酒がおすすめ

コストコで生活費を節約するおすすめの食材4つ目は「お酒」です。コストコでは業務用としても使えるようなサイズのお酒を安く買うことができます。例えばウィスキーを安く買うことができるので大型の炭酸水を購入すれば簡単に自宅でハイボールを作ることができます。

お酒のポイント

他にも比較的低価格で買えるスパークリングワインやパックになっているビールなども人気があります。大人数で集まる場合はお酒と惣菜を買うだけでも食費などを抑えて楽しむことができます。実際に毎週のようにコストコを使っている家族もおり非常に賑やかです。

コストコ活用は人による!自分の生活とよく相談しよう

今回はコストコを使って生活費は食費などを節約するおすすめの方法について紹介してきました。実際に人によってコストコを有効活用できるか変わってきます。その要因として大きく保存できる場所とコストコを活用するのに費用が発生する2点です。一人暮らしで車がない人などはあまり活用できないことも多いです。