Dzsvnfi6aenr27crbwsc

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ラグの選び方まとめ!一人暮らしにおすすめのオシャレラグ5選!

2018.08.06

ラグを決める際に選び方や色で迷うことはありませんか?特に一人暮らしの場合は、ワンルームに合わせたサイズや素材、ブランドも気になりますよね。この記事では、ラグのおすすめの色と選び方、一人暮らしにおすすめのオシャレラグを5選ご紹介していきます。

目次

  1. ラグのおすすめの色は?
  2. ラグのおすすめの色①同系色でまとめる
  3. ラグのおすすめの色②同じトーンで合わせる
  4. ラグのおすすめの色③基本はベージュ系や茶色系
  5. ラグの選び方①柄はシンプルに
  6. ラグの選び方②形は長方形や四角
  7. ラグの選び方③素材は敷く場所で決める
  8. ラグの選び方④サイズは部屋の大きさに合わせて
  9. 一人暮らしにおすすめのオシャレラグ5選
  10. お気に入りの色のラグを探そう
4fc177ce1b50278b36ef7c32efa55ce1
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/c1/77/4fc177ce1b50278b36ef7c32efa55ce1.jpg

一人暮らしなどで新しいラグを購入するときに迷うのが、選び方と色ですよね。最近では様々な種類のラグがありますので、インテリアとして考えたり、お好きな素材で選ぶのがおすすめです。まずは、ラグの選び方とおすすめの色をご紹介します。

87f1b27262a54ba54150a5fe38c58c13
引用: https://i.pinimg.com/564x/87/f1/b2/87f1b27262a54ba54150a5fe38c58c13.jpg

ラグを決める際に色で迷った場合は、まず同系色でまとめると間違いありません。床の色と近い色であれば、インテリアとしてもなじみやすいですし、例えば他の家具の色を邪魔しません。

79b18e71ebdbb9745cec0591588e53c1
引用: https://i.pinimg.com/564x/79/b1/8e/79b18e71ebdbb9745cec0591588e53c1.jpg

ラグを選ぶ際に、もう一つ注意いただきたいのが色のトーンです。例えばインテリアでトーンの暗いものと明るいものを混ぜてしまうと、落ち着かない空間になってしまいます。特に床と極端にトーンが違いすぎると、逆にラグが悪目立ちしてしまう可能性があります。統一感を出すのであれば、やはり同じトーンのもので合わせるのがおすすめです。

0d61beac52659dd7671adcca9a5608e3
引用: https://i.pinimg.com/564x/0d/61/be/0d61beac52659dd7671adcca9a5608e3.jpg

先ほどご紹介した同系色や同じトーンで考えると、どのインテリアとも合わせやすいのがベージュ系や茶色系です。特に茶色系であれば汚れも目立ちにくいので、お手入れに手間をかけたくない人にもおすすめです。ラグでアクセントをつけたいという人であれば、無地のグリーンやブルー、モノトーンなどもおすすめです。

F3da46a8f8e86658b82cb86645695a6e
引用: https://i.pinimg.com/564x/f3/da/46/f3da46a8f8e86658b82cb86645695a6e.jpg

ラグはこれから初めて買う人であれば、インパクトの強い柄ものでなくシンプルなものがおすすめです。一見派手な見た目のものは確かにオシャレですが、インテリアを考える上では少し難易度が高くなってしまいます。特に家具やお部屋の色とのバランスを考えるのでしたら、無難なのがシンプルなものになります。

3c06d1a676df4fc77135d5f9b0ef307f
引用: https://i.pinimg.com/564x/3c/06/d1/3c06d1a676df4fc77135d5f9b0ef307f.jpg

ラグにも、様々な形があります。例えば、葉っぱの形をしていたりお花の形をしていたり。様々ありますが、シンプルにお部屋に合わせるのでしたら長方形や四角のものがおすすめ。何故かというと、他のインテリアとのバランスが取りやすいからです。特に一人暮らしでワンルームに住まわれる場合は、バランスを考えて長方形や四角の方が良いでしょう。

E61859b8a2e4426bfbc4a2d4d51871b3
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/18/59/e61859b8a2e4426bfbc4a2d4d51871b3.jpg

ラグを選ぶ際にもう一つ重要なのが、ラグの素材です。例えば、ラグをどこに敷くのかによって素材を決めるのが良いでしょう。ラグの上で過ごすことの多いリビングやキッチンなど。特にキッチンやダイニングに敷くものは、汚れてしまってもすぐに洗えるポリエステルのものがおすすめです。そして、過ごすことの多いリビングでは、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるウールタイプが良いでしょう。

1 / 2