Lxqzpnbndhj837vkegbr

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ラグとカーペットの違いは?違いを知れば夏のマット選びを失敗しない!

2018.08.06

ラグとカーペット(絨毯)の違いはわかりますか?サイズもおおきめだったり用途が違ったり様々ですが、中でも分かりやすい見分け方があります。この記事では、ラグとカーペット(絨毯)の違い、夏のおすすめの選び方や人気の北欧デザインについてご紹介していきます。

目次

  1. ラグとカーペット(絨毯)の違いとは?
  2. ラグとカーペット(絨毯)の違いを解説
  3. ラグとカーペット(絨毯)の違い①サイズ
  4. ラグとカーペット(絨毯)の違い②製法
  5. ラグとカーペット(絨毯)の違い③手入れ法
  6. ラグとカーペット(絨毯)の違い④用途
  7. 人気の北欧風ラグとカーペット(絨毯)とは?
  8. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方
  9. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑴素材で選ぶ
  10. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑵丸洗いできるものを選ぶ
  11. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑶オールシーズン使えるものを選ぶ
  12. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑷機能性で選ぶ
  13. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑸涼しげな見た目で選ぶ
  14. 【ラグとカーペット(絨毯)の違い別】夏の選び方⑹コスパで選ぶ
  15. ラグとカーペット(絨毯)それぞれの活用法
  16. ラグとカーペット(絨毯)を使い分けよう
4fb247f2b8819b2fa1a9a92f747f37d7
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/b2/47/4fb247f2b8819b2fa1a9a92f747f37d7.jpg

フローリングに住まわれている方は、下に敷くラグやカーペット(絨毯)を選ぶシーンがありますよね。そこで気になるのがラグやカーペット(絨毯)にどのような違いがあるのかです。ここでは、ラグとカーペットの違いのほか、夏のマットの選び方もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

E08bae1751b2362791f12d09f1f7c497
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/8b/ae/e08bae1751b2362791f12d09f1f7c497.jpg

まずは、ラグとカーペット(絨毯)の違いを、それぞれカテゴリに分けて解説していきます。ちなみにラグとカーペット(絨毯)はどちらも敷物に分類されます。

8fb3955e701e635248f0a979f61d8182
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/b3/95/8fb3955e701e635248f0a979f61d8182.jpg

ラグとカーペット(絨毯)で大きく違うのがサイズです。基本的にラグは200×250センチほどまでの小さめの敷物を指します。大体3畳ほどの大きさになりますね。カーペット(絨毯)はそれ以上のおおきめサイズを指します。ちなみにカーペットと絨毯はどちらも同じおおきめサイズのものですね。

0612130307 593e127b26712
引用: http://rugtime.jp/html/upload/save_image/0612130307_593e127b26712.JPG

こちらは海外でのラグとカーペットの違いになりますが、米国ではラグのことを手織り。カーペットは機械で織った敷物を指すようです。おおきめサイズがカーペットという日本のような違いではないのですね。

O04000289135751242581
引用: http://lohas-rug.com/wp-content/uploads/2016/05/o04000289135751242581.jpg

ラグとカーペット(絨毯)は、どちらも洗濯表示マークを確認して、お手入れをするというのは同じです。どちらも素材によってお手入れ方法が変わってきますので、必ず確認をしましょう。比較的小さめのラグでしたら、ご自宅の洗濯機で丸洗いできるものも多くあります。ただし、ラグとカーペット(絨毯)、どちらも水洗い不可のものもありますので、お手入れの際は必ず洗濯表示マークをチェックしましょう。

おおきめのカーペットであれば、ご自宅の洗濯機よりもクリーニングに出したり、場合によってはコインランドリーを使った方が良い場合があります。

6c7d8554e7ce4cb7b7be54eca31161e1
引用: https://i.pinimg.com/564x/6c/7d/85/6c7d8554e7ce4cb7b7be54eca31161e1.jpg

基本的にはどちらも床に敷くものとして用途は変わりませんが、微妙に違うのが大きさによる使い分けですね。例えば、お部屋のほとんどに敷き詰めて床として使うおおきめのものがカーペット。反対にお部屋の部分的に敷いてインテリアとして使うのがラグというように使い分けている場合もあります。

例えば床面積が多く、普段くつろぐことが多いリビングはおおきめのカーペット(絨毯)を敷き詰める。ラグは、寝室や子供部屋、玄関等のインテリアとしてアクセントで敷くのがよく使われている用途ですね。

1 / 5