2018年08月07日 UPDATE

瞼にブツブツができる原因は?簡単おすすめの対処法・予防法をご紹介!

瞼にできたブツブツ、困りますよね。原因や対処法は何でしょうか? 特に痛みやかゆみがあるときは心配になります。そこで今回は瞼にできたブツブツの原因や対処法、予防法をいろいろ調べてみました。お困りの方は参考になさってください。

目次

  1. 【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】瞼はデリケート
  2. 【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因①化学物質
  3. 【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因②皮膚疾患
  4. 【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因③ストレス
  5. 【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】まとめ

【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】瞼はデリケート

Fttrosuhla4snd5iboga
瞼とは目を閉じるための皮膚ですね。それはわかっていても、それ以上のことを知ってる方はあまりいらっしゃらないと思います。実は瞼って体中の中で一番薄い皮膚のひとつなんです。一般的に瞼の厚さは、足の裏の皮と比べて半分ほどしかないと言われています。そのため瞼はとってもデリケート。意外とさまざまなトラブルに見舞われることが多いんです。
その一方で瞼の役割はとっても重要です。まず、眼をホコリや強すぎる光などから守ってくれます。また、人間の場合はコミュニケーションにも瞼は大きくかかわっています。瞼がうまく動かないと、表情が鈍くなり、また眼付も悪くなってしまいます。瞼の健康は目の健康と同じくらい大切なのです。
G9cvnvcinpgjpjsrcv49

【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因①化学物質

Nxfuqyzzrncjfxb3ojxj
瞼トラブルで一番多い原因は、お化粧品まどの化学物質による炎症やアレルギーです。例えばアイラインが体質に合わないとか、まつげ美容液のためにかぶれたという場合ですね。ぶつぶつが出る場合もありますし、赤く炎症を起こすこともあります。
また、例え体質的に問題がなくても、しっかりメイクを落とさないでいると、瞼にトラブルが起きることがあります。まだ前日のお化粧が残っているのに、上からまたお化粧をしてしまう場合などです。そうすると瞼の皮膚は毛穴がふさがれますから、中で皮脂が溜まり、雑菌の温床になります。アイテープなどで二重を作ってる場合も同じことが起きます。
この場合、最も簡単にできる対処法は、しっかりメイクを落としきることですね。また、厚塗りしすぎないことも大切です。予防法としては、洗顔をしっかりやりましょう。ただし、瞼はデリケートなので、力まかせにゴシゴシ洗わないこと。指先でやさしく時間をかけて洗ってあげてください。
H4gssld0x9uehcwivndc

【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因②皮膚疾患

Oxyvhs6zdmyhct29vnwz
次に考えられるのが、ものもらいやめいぼ、ニキビといった疾患です。これらは例えば麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、稗粒腫(はいりゅうしゅ)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)などがあります。このうち麦粒腫と霰粒腫は雑菌の繁殖によるもの。稗粒腫は排出できない老廃物の塊によってできます。
これらにかかると、基本的には病院に行くしかありません。感染症の場合、軽度であれば自然治癒するkともありますが、場合によっては外科的処置が必要になります。予防法としては、こちらも普段から丁寧な洗顔を心がけ、瞼を清潔に保っておくことです。
Fjddqilqfruckz7trheg

【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】原因③ストレス

Wtzylnxctevkxaf3ctdb
ストレスが体のかゆみの原因になることがあります。どこがかゆくなるかは分かりません。人によっては全身かゆくなることがあります。もし瞼がかゆくなった場合、掻きむしってしまい、そこから雑菌が繁殖、本当にブツブツができる、というパターンもあり得ますね。
なぜストレスで体がかゆくなるのか詳しいことはわかっていませんが、自律神経が関係していると考えられています。
ストレスでかゆくなったときの対処法は特にありませんが、ステロイド系のかゆみ止めが処方されることがああります。予防法としては、できるだけストレスを溜めないようにするしかありません。休めるときはできるだけ休む。休日には軽く体を動かしストレス発散をする、といった基本的なことが大切になってきますね。
Sz9voavjen69vmgkm5zq

【かゆい!痛い!瞼のブツブツの原因とおすすめ簡単対処法】まとめ

Obpglomtwqmahmisnnyb
瞼のブツブツの原因は、お化粧品などの化学物質、感染症などの皮膚疾患、ストレスなどがありました。ほかにはアレルギーや蚊やダニに刺された、などということも考えられます。
いずれにしても心配になったらすぐに病院に行って専門医に診てもらってください。自分で勝手に判断して、悪化させないようにしてくださいね。
H6zwasopsctwv9elvbkc