2018年08月09日 UPDATE

リボン×三つ編みアレンジのやり方・簡単に出来るリボン混ぜ三つ編みも!

リボンを使った三つ編みは、ショートやボブ、ポニーテールでも簡単にできます。リボン混ぜ三つ編みのやり方を覚えてしまえば、アレンジもしやすいです。ジャニオタの間でもライブの際はアレンジのやり方を実践している人も。リボンを使用した三つ編みのやり方について紹介します。

目次

  1. リボン×三つ編みの可愛いヘアアレンジが今話題!やり方もチェック
  2. リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方①:まずはリボンテープを準備
  3. リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方②:硬めの三つ編みをする
  4. リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方③:リボンを蝶々結びにしたら完成
  5. 応用してオリジナルのヘアアレンジに挑戦するのもアリ

リボン×三つ編みの可愛いヘアアレンジが今話題!やり方もチェック

ただの三つ編みだと何だか物足りない人もいるでしょう。そんな人達の間で流行っているのがリボンと三つ編みを合わせたヘアアレンジです。ジャニオタの間でもライブに行く時のアレンジヘアの一つとして話題です。ヘアアレンジのやり方はとても簡単。ショートやボブ、そしてポニーテールでもチャレンジできます。

こんな感じでリボンと三つ編みを混ぜたヘアアレンジの方法は、分かりやすく動画でも紹介されている程です。スタンダードなものから少しアレンジが効いているものまで様々です。

ガーリーらしさも上手い感じに出ているものもたくさんあります。たくさん動画があるので、どれを参考にすればいいか迷うという人も多いはずです。ザっとチェックしてみて、やってみたいものがあればそれをチェックするのが一番です。

ジャニオタでライブに行く時のヘアアレンジのレパートリーを少しでも増やしたいという人にもおすすめです。今回は、リボンと三つ編みを混ぜたヘアアレンジについてこちらの動画を参考に紹介します。

リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方①:まずはリボンテープを準備

まずは、100均や手芸店などで購入できるリボンテープを準備しましょう。デザインやカラーはとても豊富なので、自分が好きなものを選ぶのがリボンを使ったヘアアレンジを楽しむには必須です。ショートやボブ、そしてポニーテールとヘアスタイルも考えながら使いやすいものを選びましょう。

ガーリーなデザインのリボンテープも多数販売されています。ジャニオタの場合はライブ観戦用と、お出かけ用の2種類を購入して使い分けるのもおすすめです。例えば、シンプルなものと柄入りのものなど対照的なものを選べば使い分けもしやすくなります。リボンは、両手を広げたくらいの長さにカットしましょう。

リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方②:硬めの三つ編みをする

硬めの三つ編みをしていきます。左右にそれぞれ2つずつ硬めの三つ編みをしていきます。この時はまだリボンは使いません。自分が好きな長さまで三つ編みをしましょう。三つ編みをしたら、ヘアゴムで結びます。次に、二つのうち一つの三つ編みの先端部分にリボンを通します。

ゆるく三つ編みした方がガーリーらしさは高まりますが、リボンを通すことを考えると硬めに仕上げるのが無難です。少し力を込めて硬めに仕上げるのがいいでしょう。ヘアアレンジをしっかりと崩れにくく仕上げるにも、硬めに仕上げるようにしましょう。

そして、もう一つの三つ編みの先端部分にも通します。次に、通したリボンを交互に三つずつくらい編み込みを飛ばしながら混ぜるように通していきます。リボンのバランスは、ちょうど長さが半分になるように意識しながら三つ編みに混ぜていきましょう。

リボン×三つ編みのヘアアレンジのやり方③:リボンを蝶々結びにしたら完成

最後に二つの三つ編みに通したリボンをまとめて蝶々結びにしたら完成です。慣れれば簡単にリボンを混ぜた三つ編みを楽しむことができます。この方法は、ショートやボブそしてポニーテールにも活用することができます。ヘアアレンジの方法も無限なので、思い付いたらすぐにトライしてみましょう。

姫系アレンジも応用次第では可能です。プライベートで少しお出かけするという時にも、おしゃれに仕上げると女子どもアップすることは間違いありません。

応用してオリジナルのヘアアレンジに挑戦するのもアリ

今回は、リボンと三つ編みを混ぜ合わせたヘアアレンジについて紹介しました。リボン選びはもちろんですが、ショートにボブ、ポニーテールとヘアスタイルによってもアレンジの仕方も変わります。ジャニオタでライブ観戦が趣味という人は、今回紹介したヘアアレンジにトライしてみるのもいいでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kawamurayukaIMGL0365_TP_V.jpg