Hegtsuh4cdvd8bnfvjzz

健康

CATEGORY | 健康

前髪のべたつきを解消したい!原因別の対策と応急処置のやり方!

2018.08.11

前髪は時間がたつとべたつきが気になり、対策が知りたいですよね。前髪のべたつきはシャンプーのすすぎ残しなどが原因かもしれません。応急処置としてベビーパウダーを使う直し方や、朝に運動をすることによる解消法があります。今回は前髪のべたつきの原因と対策を紹介します。

目次

  1. 前髪のべたつきの原因と対策!①髪の汚れの洗い残し
  2. 前髪のべたつきの原因と対策!②シャンプーのすすぎ残し
  3. 前髪のべたつきの原因と対策!③油っぽい食事が多い
  4. 前髪のべたつきの原因と対策!④ストレス・運動不足
  5. 前髪のべたつきの原因と対策!⑤髪を洗いすぎる
  6. 前髪のべたつきの原因と対策!⑥脂漏性皮膚炎
  7. 応急処置にはベビーパウダー!?対策に効果的!
  8. 前髪のべたつきの原因によってはNG?ベビーパウダーNGの頭皮とは
  9. 原因不明のべたつきが気になるなら皮膚科もアリ!
  10. 【まとめ】ベビーパウダーで前髪のべたつきの対策をしよう!
W621 76cbc15184651
引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/575962/w621_76cbc15184651.jpg

前髪がべたつくと、髪型が崩れるだけではなく場合によっては不潔感も与えてしまいます。実際に洗い流せていない汚れが原因となってべたついている場合があり、それが「髪の汚れの洗い残し」です。

髪の汚れにはフケや皮脂、ほこりや空気中の細菌なども含まれますが、シャンプーできっちり汚れを落としきれていない場合はニオイや脂っぽさの原因になることがあります。放置すると頭皮環境も悪化してしまいます。

Images?q=tbn:and9gctpxuxxxmvaanr2djnhq6bsv p bnz2pdpwkfz9xyami motjdx
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTpxuXxxMVAAnR2DjnhQ6Bsv_p_bNz2pDpwkFZ9XyamI_MOtjDX

解消方法はシャンプーで綺麗に髪を洗うことです。耳の裏や頭頂部は洗いにくい場所なので、気を付けて洗うようにしてください。

Dryer
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/6/9/9/6/0/201707051723/dryer.jpg

すすぎはしっかり行って、水気も残さずすぐ乾かしましょう。特に夏はそのまま自然乾燥しがちですが、きちんとドライヤーで乾かすことで雑菌の繁殖を防ぎ皮膚環境を清潔に保つことができます。

Pnt treatment lab 002 02
引用: https://azcdn.odyssey.pgsitecore.com/ja-jp/-/media/Pantene_JP/Images/Callouts/JAPAN/Desktop/Treatment%20LAB/002/pnt_treatment-lab_002_02.jpg?la=ja-JP&v=2-201806080926

べたつきが気になる場合、お風呂でのすすぎが不十分な場合もあります。朝風呂などで時間がなかったりすると、シャワー時間が足りなくてリンスやシャンプーが残っていることがありますが、これは頭皮には悪影響です。

Stockfoto 55833517 s
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/04/stockfoto_55833517_S.jpg

シャンプーもリンスも、髪の汚れを洗い流したり髪にうるおいを与える意味で有効なものではありますが、すすぎ残しとして頭皮についたままだと汚れになってしまいます。きっちり洗っているけれど脂っぽさが取れない、というときは当てはまるかもしれません。

Article 000117
引用: https://tiful.jp/img_sln/article/000117/article_000117.jpg

べたつきの解消方法はこちらも綺麗に髪を洗うことです。頭皮を洗って、次に髪の真ん中、最後に毛先という順番で下に流していくと、洗い残しが減るためおすすめです。

Pic 20160913 5b7ad2694e0b0d33ff4bdb8dbd5bae21
引用: https://cdn-lifelogpic-thumb.its-mo.com/thumb1080x1080/tredina/pic/org/2016/09/13/5/pic_20160913_5b7ad2694e0b0d33ff4bdb8dbd5bae21.jpg

脂っぽい食事が多い場合も、皮脂量が増えてしまう原因となります。皮脂が増えると酸化も進み、べたつきやニオイ・フケといった症状が出てくる場合もあります。

時間がないとどうしても食事がファストフードなどに偏ってしまうときがあると思いますが、その場合はビタミンを多めにとることを心がけることで改善・解消が見込めます。

Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20140613%2f30%2f3009590%2f0%2f350x348xece7b1d8eeaef3722ba73fed
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140613%2F30%2F3009590%2F0%2F350x348xece7b1d8eeaef3722ba73fed.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

ビタミンA,C,Eはそれぞれ抗酸化作用をもつため、髪の主成分であるアミノ酸(タンパク質)とともに摂取するとよいとされています。

ビタミンAはレバーやうなぎといったタンパク質系のものから緑黄色野菜まで幅広く含まれているビタミンです。ビタミンCはレモンやオレンジなどのかんきつ類に多く含まれており、ビタミンEは豆類・ナッツ・ゴマ・植物油などにも含まれている成分です。

1 / 3