2018年08月11日 UPDATE

前髪をまっすぐセット・キープする方法!コテやアイロンなしでもできる?

前髪はまっすぐキープしたいですよね。でも、雨や汗ですぐにセットが崩れてしまうこともよくあったりしますよね。巻き方や切り方、乾かし方にはコツがあり、男性でも通用する方法です。今回は、アイロンなしコテなしで前髪をまっすぐキープする方法について紹介します。

目次

  1. 前髪はどうして崩れちゃう?まっすぐキープできないときの原因
  2. 前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!①髪を湿らせる
  3. 前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!②前髪を引っ張りながらブロー
  4. 前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!③前髪をカールさせてブロー
  5. 前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!④形を整えて冷気をあてる
  6. 前髪がまっすぐにならないときはカーラーを使う方法もアリ!
  7. 前髪をアイロンなしでもまっすぐキープ!?おすすめブラシ!
  8. アイロンなしコテなしでまっすぐにする方法!ドライヤーの時間の目安は?
  9. キープがどうしてもうまくいかないときはアイロンを使う方法も!
  10. 【まとめ】アイロンなしコテなしで前髪をまっすぐキープする方法を試そう!

前髪はどうして崩れちゃう?まっすぐキープできないときの原因

B016618561 271 361
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/85/61/B016618561/B016618561_271-361.jpg
朝起きて前髪が変な方向に曲がっていることってよくありますよね。寝癖ではなくても、癖っ毛の場合は雨の日などは大変だと思います。男の人はあまり気にならないように思われますが、前髪があるタイプの髪型であれば性別関係なく悩みの種ですよね。
でも、お手入れ次第では前髪のうねりを改善できる場合があります。前髪のまっすぐキープが難しい時は、髪が湿気を含んでいたり痛んでいてしなりが悪かったりすることがあります。切り方からして難しい時もありますが、髪を温めてくせを付け直すことで改善される場合があります。
O0480024312886849708
引用: https://beauty-architect.com/lily/wp-content/uploads/2014/03/o0480024312886849708.jpg
切り方や乾かし方などいろいろなコツがありますが、この記事ではおもに乾かし方のコツについてご紹介しています。男女どちらともいえることで、さらに家を出る前に簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!①髪を湿らせる

3cc3abff8bb9e1368eac79029955d0f5eafba93648219f4561a9ffc7865ad4da
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/gtSd7CWOf8wcrtEff33WlcpemiHAqjGL/1/3cc3abff8bb9e1368eac79029955d0f5eafba93648219f4561a9ffc7865ad4da.jpg
美容院で、髪の切り方を伝えてすぐに髪を湿らせたことがありませんか?髪の切り方によっては、髪を重たくしたりハネを減らす方法をとる場合があるのですが、髪のクセを直す場合も湿らせることは有効です。
髪が乾いたままドライヤーを当ててもクセのついた髪は簡単に直りませんし、逆に髪を傷めてしまうことにもなりかねません。必ず水気を含ませてからブローに入りましょう。
Yuka160322010i9a4289 tp v 3
引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2014/10/YUKA160322010I9A4289_TP_V-3.jpg
水が滴るほどに濡らすとセットがうまくいきませんので、しんなりしっとりする程度で十分です。霧吹きなどがあると便利かもしれませんが、ない場合は手を水に濡らして前髪につける方法でもオッケーです。

前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!②前髪を引っ張りながらブロー

Images?q=tbn:and9gcrmbom2ljxacmnidssi6fuqupo5lqjloet0pui7xwdq53bxtiqg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRMBom2ljXacmNidSsI6fuQUpO5lQjLOet0pUI7XWdq53BxtiqG
濡らした前髪を引っ張りながら、毛の根元にドライヤーを当てて髪を温めます。痛いと感じるほどに引っ張ると毛穴に悪影響なので、痛くない程度に引き伸ばしてクセをとりましょう。
このときのブローはセットするためではなくクセをとるためのものなので、無理に丸めようと思わなくても大丈夫です。ただし下方向だけではなく、左右にもひっぱってみてくださいね。髪の短い男性であればここで撫でつけたくなるかもしれませんが、まずは髪をまっすぐにしましょう。
Img001
引用: https://time-space.kddi.com/interview/netlife/20170315/images/img001.jpg
くしやブラシでしっかり梳くのも良いですが、髪は梳くより引っ張るほうが早く癖が取れますので、手で持って引っ張って温めながら時々くしやブラシで整えるくらいがちょうどよいと思います。

前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!③前髪をカールさせてブロー

Que 13145557713
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggRKv5QfOO6JVnmbp9BurwdQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-13145557713
このブローでは、前髪のセットを行います。巻き方は前髪の内側からブラシを通し、軽く回転させて巻き込むようにしながらドライヤーを当てます。同じところにだけ当てていると髪が傷むので、根元から毛先にかけて順番に温めてください。男性の場合も同様です。
このときもさまざまな方向へ髪を引っ張りながらブローしてください。一方向だけだとすぐに戻ってしまってキープできないことがあります。巻き方がわからない場合は、鏡を見ながら角度を調整してください。
Af9940099622w
引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2014/10/af9940099622w.jpg
小さめのブラシを使うとある程度細かいセットができますが、凝ったセットをおこないたい場合はヘアアイロンなどを使うほうが簡単だったりもしますので、難しい場合は検討してみてもよいかもしれません。

前髪をアイロンなしコテなしでまっすぐキープする方法!④形を整えて冷気をあてる

5c8b510697875bb577cc87acd8db7de1 s
引用: https://i1.wp.com/kami-q.net/wp-content/uploads/2016/04/5c8b510697875bb577cc87acd8db7de1_s.jpg?resize=300%2C200
巻き方は③で説明したとおりですが、実は忘れてはいけないステップがあります。ドライヤーを使った髪の毛のクールダウンはとても大事なので、乾かし方も間違いなくおこなってくださいね。
髪を湿ったままで放置すると、デリケートな状態の髪にいろいろな刺激が加わって髪を傷めることにつながります。ドライヤーの「COOL」(「LOW」とは違います)を使う乾かし方で、髪を冷やして落ち着かせましょう。
Xlarge ebac92b2 afda 4204 a7be e125ec61e129
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/external_photo/data/270444/xlarge_ebac92b2-afda-4204-a7be-e125ec61e129.jpeg
髪が乾いて冷えたらセット完了です。巻き方も乾かし方も大切ですが、コツをつかめばそれほど難しくはありませんので、朝の忙しい時間でもできるようになると思います。

前髪がまっすぐにならないときはカーラーを使う方法もアリ!

Abb66330f483b04e006670c562661b3b
引用: https://i.pinimg.com/originals/ab/b6/63/abb66330f483b04e006670c562661b3b.jpg
うまく前髪が整わない!という場合や、巻き方にあまり時間をかけていられない!という場合はカーラーを使う乾かし方でも手軽にクセをとることができます。
カーラーは百円ショップなどで購入できるものでかまいませんので、上記ステップの①~②までをおこなった状態で髪に巻きつけて10分前後おいてみてください。あまり巻き方にこだわらなくても、キレイにセットできると思います。
Pixta 4930209 m 1280x720
引用: https://hearloves.com/wp-content/uploads/2018/01/pixta_4930209_M-1280x720.jpg
これでも難しい場合は、最初のブローの時間を少し長めにとってじっくり試してみるとよいかもしれません。乾かし方は巻き方よりも入念におこなう必要があります。切り方によって難しくなっている場合は、自分で整えるのもアリかもしれません。

前髪をアイロンなしでもまっすぐキープ!?おすすめブラシ!

Mst aface1006b8f414c80f8301152029c28 1510977605
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_aface1006b8f414c80f8301152029c28_1510977605.png
巻き方がうまくいかないときは、小型の動物毛ブラシを使ってみましょう。動物毛ブラシにはイノシシの毛と豚の毛と主に2種類がありますが、それぞれ特徴があるので自分の髪質にあうものを選ぶとよいです。

豚毛ブラシ

04021146 515a4690a6d12
引用: http://kareivi.com/upload/save_image/04021146_515a4690a6d12.jpg
豚毛は適度な油分を含んでいるため、梳くと髪に艶が出てきれいにまとまります。ダメージヘアや細い髪などにはとくにおすすめです。こちらは男女兼用ですが、女性なら猪毛よりは豚毛のほうがよいかもしれません。

猪毛ブラシ

81s7v4d7 pl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81S7v4D7-pL._SX355_.jpg
毛質はかなり硬めのブラシですが、そのさわり心地から頭皮の血行促進によいとされています。ガッツリ刺激を与えて、髪のコンディションを上げたい!という場合や、短髪の男性などにおすすめで、男性向けに育毛効果の特集サイトなどもあります。
獣毛ブラシは、上手に使えば髪のコンディションを整えてツヤやコシを出すことができますので、前髪用だけではなくても一本持っていて損はないと思います。

アイロンなしコテなしでまっすぐにする方法!ドライヤーの時間の目安は?

News 2656
引用: https://cocoloni.jp/wp-content/uploads/2017/03/news_2656.jpg
ドライヤーはあまり長く当てていると髪を傷めますし、なにより朝などは時間がありませんので適正な時間が知りたいですよね。ただ、前髪はじっくり時間をかけて乾かしたい場所でもあります。
できれば業務用のすぐに乾くようなドライヤーがおすすめなのですが、市販品の家庭用ドライヤーの場合は各5分弱くらいまでにおさめることがおすすめです。ドライヤーと髪はしっかり離して、髪が焼けないように気を付けてくださいね。
B7809f19522abb4dea87e1e520fe69d7 450x383
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/07/b7809f19522abb4dea87e1e520fe69d7-450x383.jpg
また、風を当てるのは髪の流れに沿った方向にすると、髪のキューティクルが守られて傷みにくくなります。ドライヤーは全体に当てるようなイメージで使いましょう。

キープがどうしてもうまくいかないときはアイロンを使う方法も!

Matome e4d6ce3b1b7b4b9d8495b302ee40795f 1515551833
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/matome_e4d6ce3b1b7b4b9d8495b302ee40795f_1515551833.jpg
ヘアアイロンやコテは細かいセットにとても使いやすいですが、癖っ毛がどうしても直らない場合にもおすすめの方法です。スタイリング剤と併用すると、人にはよりますがかなり改善されると思います。
Pixta 17115985 s 450x300
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/07/pixta_17115985_S-450x300.jpg
ヘアアイロンを使うときに髪が濡れていると髪が傷むので乾いた状態で使わなければいけないことや、髪を焼かないためにも色々な注意点がありますし、高額で手が出ないというかたもいるかもしれませんが、一つの方法ではあります。
もしヘアアイロンを購入したいと思った場合は、コードレスかそうではないか・カールかストレートかなど、さまざまに種類があるので一度調べておくのがおすすめです。

【まとめ】アイロンなしコテなしで前髪をまっすぐキープする方法を試そう!

20170530 001 01
引用: https://cloudinary-a.akamaihd.net/vivivi/image/upload/v1495779381/20170530_001_01.jpg
いかがでしたでしょうか。男性でも使える、前髪キープの方法をご紹介しました。
前髪を整えやすい切り方にするのもよいですが、美容室で毎日セットして切り方もそろえて、というのはなかなか厳しいものです。切り方だけではなく、巻き方や乾かし方でも手軽にクセをとることができるので、ぜひ試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR35bU2kBXDPaZRzzg4QbXPUR7cVIM4x5TSPidp-04Wzdz4G3FG