Ag3hruitvi2cj1145hwf

メイク

CATEGORY | カテゴリー

化粧の正しい順番は?メイクの手順を守るための15のポイント!

2018.10.22

メイクの順番はなかなか人に聞けないですよね。でも化粧には大事なポイントが多くあり、下地や化粧水、ファンデーション、コンシーラーなどの順番を間違えると肌に悪影響なことも。この記事では、化粧の正しい順番やポイントを解説しています。正しいメイクを覚えましょう!

目次

  1. メイクの順番ってそんなに大事なの?順番とポイントを守るメリット!
  2. 大人メイクの基本の順番!化粧のポイントを解説!基礎編
  3. ベースメイクの順番!化粧の基本①化粧下地・日焼け止めのポイント
  4. ベースメイクの順番!化粧の基本②コンシーラーのポイント
  5. ベースメイクの順番!化粧の基本③ファンデーションのポイント
  6. ベースメイクの順番!化粧の基本④パウダー・おしろいのポイント
  7. ポイントメイクの順番!映える化粧に①アイブロウのポイント
  8. ポイントメイクの順番!映える化粧に②アイシャドウのポイント
  9. ポイントメイクの順番!映える化粧に③アイラインのポイント
  10. ポイントメイクの順番!映える化粧に④マスカラのポイント
  11. ポイントメイクの順番!映える化粧に⑤リップメイクのポイント
  12. ポイントメイクの順番!映える化粧に⑥チーク・ハイライトのポイント
  13. 化粧前?後?メイク時に悩みがちなポイント!①アイプチはいつつける?
  14. 化粧前?後?メイク時に悩みがちなポイント!②コンタクトはいつつける?
  15. 化粧前?後?メイク時に悩みがちなポイント!③着替えはいつする?
  16. 化粧前?後?メイク時の悩みがちなポイント!④アイメイクの粉とびが気になる?
  17. 空ける時間がポイント!化粧水と乳液の間の空き時間で効率のいい順番に
  18. メイクを落とさず寝ちゃった!?化粧落としの順番とポイントとは?①こすらずメイクオフ
  19. メイクを落とさず寝ちゃった!?化粧落としの順番とポイントとは?②毛穴のつまりをとる
  20. 【まとめ】化粧の順番はとても大事!メイクオフまでポイントをおさえよう!

化粧の順番なんてそんなに大事なの?と思われる方もいるかもしれないのですが、正しい順番でメイクするといろいろなメリットがあります。

たとえば、正しい順番でした化粧は化粧崩れしにくくなります。眉毛が消えたり、リップが色落ちしたり、ファンデーションが皮脂崩れすることやアイメイクが崩れてパンダになってしまうことも最低限にできます。化粧直しの手間がかからないことは時短にもなりますし、なにより手間がかからなくてよいですよね。

Uveoi3a 1200
引用: http://lovekoilove.com/wp-content/uploads/2017/06/UVEoI3A-1200.jpg

また、化粧水での保水をはじめとしたメイクの順序をきちんと守ることで、ファンデーションをはじめチークやリップ、コンシーラーなども、定着がしっかりして発色もよくなり、質感もきれいに仕上がります。小じわやシミもキレイに隠れますよ。

化粧の順番は、キレイに仕上がる順番でもあります。結果的にはやり直しの時間が少なく、加えて落ちにくいのでメイク直しにかかる時間も短縮されます。メイクにあまり時間をかけていられない人はとくに、正しい順番でメイクするのがおすすめです。

Images?q=tbn:and9gcszaerwcsi31yxwy28zbqmfynn0glkicxs1zkkj5mq61qjp0p8z
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSZAeRwCSI31yXWY28zBQmFYnn0GLKICXs1ZkKj5Mq61Qjp0p8z

綺麗なメイクの基礎となる、ベースメイクの順番は大きく分けて2種類あります。リキッドファンデーション(クリームファンデーション)を使う場合と、パウダーファンデーションを使う場合です。

リキッドファンデーション(クリームファンデーション)

リキッドファンデーションの場合は、メイクの手順のうち「2番目」に使います。

化粧下地、日焼け止め→リキッドファンデーション、クリームファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー、おしろい

以上がリキッドファンデーションを使う場合の基本の手順です。パウダーファンデーションを使う場合に比べ手数が多いですが、しっかり定着する方法です。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの場合は、メイクの手順のうち「一番最後」に使います。

化粧下地、日焼け止め→コンシーラー→パウダーファンデーション

以上がパウダーファンデーションを使う場合のメイク手順です。リキッドファンデーションを使う場合と比べると薄化粧に仕上がる方法で、手数も少ないのでお手軽です。

7ce7911fccfe5a2a7d59bc6ebd1fb6b0 m 1024x683
引用: http://kotohogi-wedding.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/7ce7911fccfe5a2a7d59bc6ebd1fb6b0_m-1024x683.jpg

化粧水は洗顔したらすぐにつけて、なじんできた頃に乳液をつけます。化粧水は少な目に使うと効果が半減しますので、安価なものでもよいのでたっぷり使うようにしてください。ハトムギ化粧水などは遠慮なく使える化粧水として有名ですので、化粧水選びに迷っているかたにおすすめです。

1/10

続きを読む