Mazxzrhetcu1dgqzvcp3

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

サーキュレーターの使い方!効果を最大限に引き出せるおすすめの使用法とは?

2018.08.21

既に多くの方が活用している「サーキュレーター」。梅雨に窓を開けて換気する際やエアコンをより効果的に使う際など、使い方も豊富。そこで今回は、効果を最大限に引き出せるおすすめの「サーキュレーターの使い方」についてまとめています。

  1. メリットが多いサーキュレーター!その使い方とは?
  2. サーキュレーターとは?扇風機とは何が違う?
  3. 知っておきたいサーキュレーターの効果的な6つの使い方
  4. サーキュレーターの効果的な使い方1:空気の循環
  5. サーキュレーターの効果的な使い方2:清涼
  6. サーキュレーターの効果的な使い方3:エアコン
  7. サーキュレーターの効果的な使い方4:梅雨の部屋干し
  8. サーキュレーターの効果的な使い方5:換気
  9. サーキュレーターの効果的な使い方6:季節に合わせて
  10. サーキュレーターとして使える扇風機なら年中使える!
  11. サーキュレーターでお悩み解消!使い方が大事!
季節を問わず近年需要が高まっている家電にサーキュレーターがあります。サーキュレーターはよく扇風機と間違えられますが、実際には大きな違いがありますし目的も異なります。サーキュレーターは上手く活用することでその場の空気を良くしたり電気代が安くなるなどメリットが多いです。ここからはサーキュレーターの使い方のポイントなどを紹介していきます。

違いを知っておこう!

扇風機とよく似た形をしている家電にサーキュレーターがあります。実際にこのサーキュレーターと扇風機の違いを把握せずに購入している方は多くいますが、目的も機能も大きく違います。実際に扇風機のようにサーキュレーターを使うと健康を損ねる可能性もあります。

扇風機代わりにすると風邪を引く

サーキュレーターとは直線的な風を発生させる装置で空間の空気を循環させるものです。扇風機は元々人が暑いときに涼を取る目的で作られたもので広範囲ですがそこまで強くない風を発生させます。サーキュレーターも扇風機として使えますが遠くまで届くような風を長時間当たっていると風邪を引きやすくなります。

他の家電との相性が良い

このようにサーキュレーターは人体に直接使う物ではなく、空気を循環させるために使います。そのためエアコンなどの空調や除湿器など様々な家電と組み合わせ使うことによってその効果を最大限発揮することができます。

効果的な使い方とは?

実際に空気を循環させることは非常に重要でその空間の生活のしやすさなどが大きく変わってきます。実際にサーキュレーターを使うだけで物理的な空気だけではなくその場の雰囲気も大きく変わります。ここからはサーキュレーターの効果的な使い方について説明していきます。

空気の循環のために使う

サーキュレーターの効果的な使い方1つ目は「空気の循環」です。サーキュレーターは元々空間の空気を循環させる目的で使われることが多いです。そのため、空気の循環が悪い間取りの部屋で使うことが最も効果的と言われています。

空気の循環のポイント

実際に窓や換気扇などがない部屋だと空気が循環しないので悪い空気が溜まっていきます。このように空気の循環がないと重い空気になり人が暮らす空間としては雰囲気が悪くなります。このような場合にサーキュレーターで空気を送ることで押し出された空気があった場所に空気が流れ込むので空間の空気を循環させることができます。
1 / 3