Swtwvt7k93euc7owttnk

グルメ

CATEGORY | グルメ

スコッチエッグのレシピ15選を紹介!作り方をわかりやすく解説!

2018.08.24

ゆで卵をミンチで包んで揚げた料理の「スコッチエッグ」の作り方を知っていますか?イギリスの伝統料理のスコッチエッグは、世代を問わず人気のメニューです。そんなスコッチエッグは、自宅でも簡単につくつことができます。おすすめのレシピと作り方をご紹介します。

  1. スコッチエッグのおすすめレシピ①:ベーシック
  2. スコッチエッグのおすすめレシピ②:半熟ゆで卵
  3. スコッチエッグのおすすめレシピ③:小さくかわいいうずら
  4. スコッチエッグのおすすめレシピ④:ミートローフ風
  5. スコッチエッグのおすすめレシピ⑤:味噌味
  6. スコッチエッグのおすすめレシピ⑥:バジル風味
  7. スコッチエッグのおすすめレシピ⑦:揚げないトマト煮
  8. スコッチエッグのおすすめレシピ⑧:煮込み
  9. スコッチエッグのおすすめレシピ⑨:フライパン
  10. スコッチエッグのおすすめレシピ⑩:骨付き
  11. スコッチエッグのおすすめレシピ⑪:ベーコン巻き
  12. スコッチエッグのおすすめレシピ⑫:タルタル
  13. スコッチエッグのおすすめレシピ⑬:ハーフ&ハーフ
  14. スコッチエッグのおすすめレシピ⑭:パイ包み
  15. スコッチエッグのおすすめレシピ⑮:サーモン
  16. まとめ
イギリスの伝統料理であるスコッチエッグは、日本でも洋食レストランなどで提供されており、馴染みのメニューですが、家庭で作るのは難しいと思っていませんか?一見難しそうな印象のスコッチエッグですが、家庭でも簡単に作ることができます。

ベーシックな作り方の材料

夕食やお弁当にぴったりのベーシックなスコッチエッグの作り方をご紹介します。必要となる材料は、4個分のレシピが【A】①合挽き肉300g、②卵4個、③玉ねぎ1/4個、【B】①卵1個、②パン粉大さじ4、③牛乳大さじ3、④ナツメグ少々、⑤塩コショウ少々、【C】衣用の①小麦粉、卵1個、パン粉です。

ベーシックな作り方

①ゆで卵を作り殻を剥いておきます。②玉ねぎをみじん切りにして軽く炒め冷まします。③ボウルを用意し、【B】を全てと、玉ねぎのみじん切りを入れ混ぜます。④混ぜた③を4等分に分けて、楕円形に丸めて小麦粉を絡めたゆで卵を包み込みます。
⑤肉だねに小麦粉、卵、パン粉を順番に付けていきます。⑥170℃の油に入れて、様子を見ながら5分ほど揚げていきます。⑦油を切って引き上げて盛り付ければベーシックなスコッチエッグの完成です。
続いてのスコッチエッグのおすすめレシピは、半熟ゆで卵を使ったスコッチエッグです。半熟ゆで卵を使って作るスコッチエッグは、まるごとお皿に盛りつけて、できたてアツアツをナイフで切ると、中にある半熟の黄身がとろ~り美味しいおすすめのレシピです。

半熟卵の作り方

ベーシックな作り方にワンポイントを加えるだけで、半熟卵スコッチエッグは簡単に作ることができおすすめです。1つ目のポイントは、しっかりとしたゆで卵を作るのではなく、半熟のゆで卵を作って使います。2つ目は肉だねを真ん丸にするのではなく、火が入りやすいように薄めに作るとうまくできます。
続いてのスコッチエッグのおすすめレシピは、小さくかわいいうずらを使ったレシピです。鶏卵を使用したスコッチエッグは、大きく晩御飯などにおすすめですが、お弁当には大きく不向きです。そんな時には、小さなうずらを使ったスコッチエッグがおすすめです。

うずらの作り方

使用するうずらは、生のうずらの卵を茹でて使用しても、水煮になっているものを使用しても問題ありませんが、ポイントとして、水分はしっかりと拭き取るようにしてください。後はベーシックなスコッチエッグと同様に作るだけです。
1 / 4