C1dxrlgtevzmlgzyduyt

健康

CATEGORY | カテゴリー

お酒は健康にいい?メリット・デメリットと健康にいい量、飲み方!

2018.09.28

社会人になると、お酒を飲む機会も増えるのではないでしょうか。お酒は適量であれば健康に良い影響をもたらす場合もあります。お酒と健康に、しかも楽しく付き合うために、飲むことでのメリットやデメリット、またおすすめの適切な量について解説します!

目次

  1. お酒がもたらす健康に良い影響とは?
  2. お酒の飲みすぎによる健康への悪い影響とは?
  3. お酒の適量はどのくらい?
  4. 健康にいい正しい飲み方は?
  5. 【まとめ】お酒で健康長寿を目指すために
Wx5kkx8ahhrxkdf3tohf

お酒が体にもたらす影響は、飲む人の体質や摂取量などによって変わります。「酒は百薬の長」という故事のことわざによると、適度に飲む酒はどんな良薬にも勝るとのこと。お酒のメリットを上手に取り入れることで、健康的に楽しくお酒を飲むようにしましょう。

お酒のメリットその1:血行を促進する

Ilsrgkwfh75bgw8thdny

少量のお酒は血行を良くします。アルコールが体内でアセトアルデヒドに分解されますが、この物質に血管拡張作用があるためです。血の巡りが良くなることで体が温まり、冷え性の改善や疲労回復の効果が得られます。また、首や肩のコリが軽減したり、血液がサラサラになることで血管の詰まりを防ぐこともできます。

お酒のメリットその2:ストレスの緩和

60ef387570e6cc4caa84ce8c2df56422
引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2015/10/60ef387570e6cc4caa84ce8c2df56422.jpg

適度な量のお酒はストレスを緩和させます。その秘訣は、アルコールの影響で、脳から分泌されるドーパミンです。ドーパミンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、気分を高揚させ、同時にリラックス効果をもたらす等の効果があります。ストレスが溜まってきたら、「たまには1杯飲もうかな?」といった飲酒はおすすめです!

お酒のメリットその3:食事が美味しくなる

Ac5qatmwkren2k6j2yvy
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20171130%2F96958A9F889DE0E1E4EBE1E1E2E2E0E2E3E3E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO2369468020112017000000-PB1-1.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=e06aa92358b39281d54a6856cab90be7

お酒を飲むと、ガストリンというホルモンがはたらき、胃液の分泌を増加させます。そして胃の働きを活発にさせて消化を早めるため、食欲が増進します。その結果、お酒とともに味わう食事は普段以上に美味しく感じられるのです。カロリーが気になる場合は、サラダや枝豆など糖質の少ない食事から手をつけましょう。

Aarmnxz2unz0djdsm87j

お酒を飲みすぎて、翌日二日酔いになった経験はありませんか?体内で分解しきれなかったアルコールは、肝臓をはじめ他の臓器にまで負担をかけます。また適量を超えた飲酒によって、急性アルコール中毒やアルコール依存症などのリスクも上がります。健康を害するばかりでなく、死につながる恐れもあり、非常に危険なのです。

お酒のデメリットその1:二日酔いになる

Tzmg3z9cxayrcqgrdey7

代謝しきれなかったアルコールが体内に残り、翌日に現れる不快な症状です。アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドという物質に分解されます。さらに酢酸へと分解されたのちに水と二酸化炭素に分解されて体の外に排出されます。このアセトアルデヒドには毒性があるため、頭痛や吐き気などの症状を引き起こします。

アルコールの中間物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性によって引き起こされる症状が二日酔いである。

毒性って聞くと怖いですね。

お酒のデメリットその2:各種臓器へ負担がかかり、健康を害する

Djmqcfovgyck2pxkhkxq

摂取したアルコールのおよそ90%を分解すると言われている肝臓。お酒を飲みすぎるとオーバーワーク状態となります。その結果、アセトアルデヒドの毒性によって脂肪肝やアルコール性肝炎を引き起こします。また、脳が委縮しやすくなって認知症のリスクを高めたり、膵炎や糖尿病の原因にもなります。

お酒のデメリットその3:急性アルコール中毒やアルコール依存症へのリスクが高まる

Ll2ufg3adsincffd6bzc

一気飲みなどで短時間に多量のお酒を摂取すると、急性アルコール中毒を引き起こすことがあります。そうなると最悪の場合、尊い命を落としかねません。一方、慢性的に多量のお酒を摂取し続けると、アルコール依存症のリスクが上がります。依存状態になると飲酒の制御がきかず、抜け出すのは非常に困難です。

関連記事

1/3