Waxcwtiujdfiwhpulncb

旅行・観光

CATEGORY | 旅行・観光

江ノ島・江ノ島周辺の生しらすが食べられるお店8選!おすすめの穴場は?

2018.09.10

江ノ島と言えば「生しらす」。生しらすと言えば「江ノ島」。それほど江ノ島の生しらすは有名ですが、おすすめの時期や時間などはあるのでしょうか。そこで今回は、おすすめの穴場など「江ノ島・江ノ島周辺の生しらすが食べられるお店8選」についてまとめています。

  1. 江ノ島と言えば生しらす!おいしいお店はどこ?
  2. 計画前に押さえておきたい生しらすのポイント
  3. 江ノ島周辺で生しらすを食べるときのポイント1:時期
  4. 江ノ島周辺で生しらすを食べるときのポイント2:時間
  5. 江ノ島周辺で生しらすを食べるときのポイント3:場所
  6. 知っておきたい生しらすおすすめのお店とは?
  7. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店1:しらすや
  8. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店2:きむら
  9. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店3:江ノ島小屋
  10. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店4:江ノ島亭
  11. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店5:とびっちょ本店
  12. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店6:鎌倉 秋本
  13. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店7:和彩 八倉
  14. 江ノ島で生しらすが食べられる穴場のお店8:旬魚菜 しら川
  15. 江ノ島観光を充実させよう!
  16. 食が良ければ観光の満足度は高くなる!
観光をするときに観光スポットを巡るだけでなく、その観光地のご当地グルメを楽しむのも人気です。実際にご当地グルメが美味しければ観光の満足度は非常に高くなります。人気の観光スポットである江ノ島であれば、江ノ島周辺でしか食べられない「生しらす」がおすすめです。ここからは江ノ島周辺で生しらすを食べられるおすすめのお店などを紹介してきます。
基本的にしらすは釜茹でされているものが流通されているため、生で食べることはあまりできません。それはしらすは鮮度が重要な食材で、時間が経つと鮮度が急激に落ちるため茹でたり干したりする必要があります。そのため生しらすを食べるためにはしらすを獲る地域に行くしかありません。
このように「生しらす」を食べるためにはいくつか知っておきたいポイントがあります。実際に生しらすを食べたいと思ってもいつでも食べられる訳ではありませんし、生しらす目的で江ノ島周辺に行っても空振りする可能性もあります。ここからは生しらすを食べる計画を立てるときに知っておきたいポイントを説明していきます。
まず始めの江ノ島周辺で生しらすを食べるときのポイントは「時期」です。まず知っておきたいのが生しらすな年中食べることができないことです。基本的にしらすの漁は1月から3月までは禁止されているため、生しらすを食べることはできません。初詣などで江ノ島神社を訪れても生しらすを食べることはできないので要注意です。
また、しらすの旬は春ごろの時期と言われており、4月が最も漁獲量が大きくなります。つまり非常に混雑しますがGW辺りに江ノ島周辺を観光するのがおすすめです。また、湘南と言えば「夏」の時期をイメージしますが、台風などが近づくと漁ができなくなるので注意が必要です。このように生しらすを食べるときは時期を確認することが大切です。
そして続いての江ノ島周辺で生しらすを食べるときのポイントは「時間」です。生しらすを食べるときには時期以外にも時間にも注意することが大切です。休日の昼の江ノ島は大変混雑するので店に入れないこともあります。お昼時に生しらすを食べる場合は平日に行くか、少し離れたエリアで店を探す必要があります。
また、生しらすは鮮度が命のためその日仕入れた分はその日に売り切るようにしています。そのため夕食に生しらすを食べようとしても売り切れていることが多いです。特に江ノ島・腰越周辺の名店であれば売り切れる時間も早いので注意が必要です。また春と秋に漁獲量が多くなるので時期を狙って食べに行くのもおすすめです。
1 / 3