2018年09月12日 UPDATE

コンセントの交換方法まとめ!壁コンセントをDIY交換しよう!

コンセントは部屋には必須なもののあまり目立たせたくないという人も多いのではないでしょうか。しかし、コンセントの交換にはいくつか注意点があります。ではコンセントの交換のDIYはどのようにすればいいでしょうか。コンセント交換の方法や費用を紹介していきます。

目次

  1. そもそも壁のコンセントの交換はDIYでできる?
  2. コンセントカバーの交換だけならDIYでできる
  3. 壁コンセントの交換に必要な資格を取るには
  4. 壁コンセントの交換は業者に頼むのが一番
  5. 壁コンセントの交換の費用とは
  6. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法とは
  7. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その1 配線図の情報を提供する
  8. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その2 信頼できる業者に頼む
  9. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その3 先に見積もりをとる
  10. コンセントの交換方法まとめ!壁コンセントをDIY交換しよう!まとめ

そもそも壁のコンセントの交換はDIYでできる?

Okmsiimgl0764 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OKMSIIMGL0764_TP_V1.jpg
趣味でDIYをする人は多く、最近ではDIYはオシャレな趣味としての認識も非常に高いです。普通の家具などをDIYで作ったり直したりする分には全く問題ありませんが、壁にあるコンセントをDIYで直すのには問題があります。というのも壁のコンセントを直すには資格が必要であり、資格を持つプロだからこそできる方法しかありません。
Okmsiimgl0800 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OKMSIIMGL0800_TP_V1.jpg
ではDIYで壁のコンセントを交換することは不可能なのでしょうか。業者に頼む場合はそれなりに費用もかかるので、なるべくDIYで済ませたいと考える人もいるでしょう。そこで今回は壁のコンセントをDIYでやる方法や業者に頼む時の費用からそれぞれの値段などを詳しく紹介していきます。

コンセントカバーの交換だけならDIYでできる

Ppimgl1100 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPIMGL1100_TP_V1.jpg
先ほども紹介したように基本的にDIYで壁のコンセントを交換するのは不可能であり、危険です。というのも素人がオリジナルの方法や良くわかっていないで交換しようとすると感電する恐れもあり、命の危険もあるからです。なので、基本的には費用は掛かったとしても本格的な交換では業者に頼む必要があります。ですが、壁コンセントのカバーを変えるのはDIYでも簡単にできる方法があります。
DIYでコンセントカバーだけを変えるだけでも部屋をオシャレにできたり、使わないコンセントの部分を塞ぐこともできます。コンセントカバーの値段はだいたい千円前後くらいの値段で購入することができます。ネットではさらに安い値段で購入することが出来る場合もあるので、自分の部屋に合ったコンセントカバーに変える様にしましょう。
Pak85 kirikotosupana20141028182225 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_kirikotosupana20141028182225_TP_V1.jpg
コンセントカバーを変える方法は非常に簡単で、二つのネジを外します。 そうすると簡単に取り外すことが出来ます。 注意点としては外す時に念のためブレーカーを落としておくことで万が一の感電の危険を失くせるので、念のためブレーカーは落としましょう。
またコンセントカバーを購入する時に同じメーカーの者でないとハメてもブカブカで収まらない場合があります。なので、値段なども重要ですが購入する前にサイズを確認しておくことが重要です。

壁コンセントの交換に必要な資格を取るには

Hw20160702265616 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HW20160702265616_TP_V1.jpg
ここまでは誰でもできるコンセントカバーの取り外し方法について紹介しました。コンセントカバーであれば子供であっても簡単にできるので、DIYでやる分にも安心です。しかし、先ほども紹介したように壁のコンセントそのものを交換する際には資格が必要です。そのコンセントの交換に必要な資格と言うのは、電気工事士の資格です。電気工事士と一口に言っても種類はいくつかありますが、その中から第二種電気工事士の資格があればコンセントの交換は可能です。
Al204kusukusu320140830152421 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL204kusukusu320140830152421_TP_V1.jpg
第二種電気工事士の資格は筆記試験と実技試験が必要になります。また受験にかかる値段はインターネットの場合が9300円であり、普通の払込取扱票での申し込みの値段は9600円かかります。独学でも資格が取れるレベルのものではありますが、値段や手間などを考えれば圧倒的に業者に頼むのがおすすめと言えます。

壁コンセントの交換は業者に頼むのが一番

Hageimgl0521 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0521_TP_V1.jpg
壁のコンセントの交換には第二種電気工事士の資格が必要ということがわかりました。壁のコンセントを交換するためだけに資格を取るには時間も手間も費用も掛かるので、圧倒的に業者にお願いした方が効率的であることが分かったと思います。もし万が一資格を取ってでも自分で壁のコンセントを付けたい場合であれば屋内配線工事をすることになります。資格を取って入れさえすればやる方法自体はさほど難しくありません。
Hageimgl0503 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0503_TP_V1.jpg
やり方としては、まずVVFケーブルを天井裏などに張り巡らします。そして、ジョイントボックス内で差込コネクタを使って結線しましょう。その後、それぞれの照明用の引っ掛けシーリングや、スイッチボックスなどコンセント用のコンセントボックスなどに配線し、内装壁が出来てからコンセントやスイッチにつなぎます。こうすることで壁コンセントの交換をすることが可能になります。

壁コンセントの交換の費用とは

Tsuru17623011 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU17623011_TP_V1.jpg
ここまでは壁のコンセントの交換方法や普通ならば業者に頼んだ方が良いということを紹介してきました。では業者に頼むとしてどれくらいの費用が掛かってしまうのでしょうか。業者に頼む際にかかる費用にもいくつかの種類があります。それぞれの業者によってやる内容やそのメニューの値段も変わりますので、だいたいの相場を見ていきましょう。まずは業者に頼む際にはその業者に支払う作業費用がかかります。
Tsuru17623010 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU17623010_TP_V1.jpg
他にもその他の基本費用やコンセントカバーも交換する際にはコンセントカバーの値段も上乗せされます。そして、最後に重要なのが業者を呼ぶ際の出張費用です。自宅なり職場の壁コンセントを業者に好感してもらうためには来てもらうしかありません。なので、ほとんどの業者ではそこに行くまでの出張費用がかかります。この出張費用が場所や企業によっても大きく変わり、遠いところの企業を選べばそれだけで費用もかかるので注意が必要です。
基本的に普通の壁のコンセントの取り換えの費用は3000円から5000円以内が相場です。中には特別なコンセントの場合や屋外などの場合は1万円を超える場合もありますが、5000円以内に抑えられるように相談しながら業者に頼むのがベストと言えるでしょう。

壁のコンセントの交換の値段を抑える方法とは

Ch9v9a0044 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CH9V9A0044_TP_V1.jpg
ここまではコンセントの業者に頼む費用やDIYでやる方法、コンセントカバーの値段などを詳しく紹介してきました。効率的にも費用的にも自分で資格を取って交換するよりは圧倒的に業者に頼む方が楽で簡単です。
Ch9v9a0033 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CH9V9A0033_TP_V1.jpg
しかし、業者によってもかかる費用は大きく異なります。また中には悪徳な業者もいて大したことをしていないのに、大金を請求してくる場合もあります。そこで最後に毛羽のコンセントの交換を業者に頼む際にかかる値段をなるべく抑えるようにする方法をいくつか紹介します。

壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その1 配線図の情報を提供する

Ppimgl1067 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPIMGL1067_TP_V1.jpg
こちらは少し敗戦の知識があったりと難易度が高めの方法ではありますが、配線図の情報を提供することで業者の費用を抑えることが可能です。正確な配線図があれば業者側も作業がしやすくより簡単に仕事を終えることができます。また、手間が抑えられることからも安くしてもらえたり何かしらのサービスを受けられる可能性もあるので非常に重要です。
Narishige0i9a6535 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NARISHIGE0I9A6535_TP_V1.jpg

壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その2 信頼できる業者に頼む

Hageimgl0498 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0498_TP_V1.jpg
次に紹介する壁のコンセントの交換の値段を抑える方法は、信頼できる業者に頼むことです。なるべくであれば知り合いの紹介や昔からひいきにしている業者に頼む方がサービス面でも技術面でも安心です。しかし、そんな関係性の業者はいない人も多いでしょう。そういう時は今はネットでレビューなども簡単に調べられます。
Oytantei0i9a0047 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OYtantei0I9A0047_TP_V1.jpg
なので、評価の高い業者を選んだり、しっかりとホームページが整っている業者に頼むようにしましょう。もしくは先に電話をしておき、その時の対応などで不快な雰囲気が無いか調べることである程度悪徳業者ではないかを見極められるのでおすすめです。

壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その3 先に見積もりをとる

Ookawa422imgl8102 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawa422IMGL8102_TP_V1.jpg
最後に紹介する壁のコンセントの交換の値段を抑える方法は、見積もりを取ることです。いきなり業者に頼むと高い値段を請求されてしまう可能性もあります。ネットでは電気工事の110番があるので、先にそちらで見積もりをしてみてもらう事で正式な値段で屋てもらえます。またいくつかの業者に見積もりしてもらってから比較したうえで正式にお願いするのも問題ないので、面倒くさがらずに見積もりを出しておきましょう。
Ookawa422imgl8100 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawa422IMGL8100_TP_V1.jpg

コンセントの交換方法まとめ!壁コンセントをDIY交換しよう!まとめ

Trtms818011 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TRTMS818011_TP_V1.jpg
今回はコンセントの交換方法について紹介しました。今や様々な電化製品を使う時代であり、コンセントの数は非常に重要です。しかし、自分でやるには資格が必要であるなど危険な場合もあるので、業者に頼みなるべく安い費用に抑えるように工夫しましょう。
Trtms818012 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TRTMS818012_TP_V1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ANKER_PAKU8920_TP_V1.jpg