En6tj7fgqy3nszwkxrct

DIY・ハウツー

CATEGORY | カテゴリー

コンセントの交換方法まとめ!壁コンセントをDIY交換しよう!

2018.09.12

コンセントは部屋には必須なもののあまり目立たせたくないという人も多いのではないでしょうか。しかし、コンセントの交換にはいくつか注意点があります。ではコンセントの交換のDIYはどのようにすればいいでしょうか。コンセント交換の方法や費用を紹介していきます。

目次

  1. そもそも壁のコンセントの交換はDIYでできる?
  2. コンセントカバーの交換だけならDIYでできる
  3. 壁コンセントの交換に必要な資格を取るには
  4. 壁コンセントの交換は業者に頼むのが一番
  5. 壁コンセントの交換の費用とは
  6. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法とは
  7. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その1 配線図の情報を提供する
  8. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その2 信頼できる業者に頼む
  9. 壁のコンセントの交換の値段を抑える方法その3 先に見積もりをとる
  10. コンセントの交換方法まとめ!壁コンセントをDIY交換しよう!まとめ
Okmsiimgl0764 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OKMSIIMGL0764_TP_V1.jpg

趣味でDIYをする人は多く、最近ではDIYはオシャレな趣味としての認識も非常に高いです。普通の家具などをDIYで作ったり直したりする分には全く問題ありませんが、壁にあるコンセントをDIYで直すのには問題があります。というのも壁のコンセントを直すには資格が必要であり、資格を持つプロだからこそできる方法しかありません。

Okmsiimgl0800 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OKMSIIMGL0800_TP_V1.jpg

ではDIYで壁のコンセントを交換することは不可能なのでしょうか。業者に頼む場合はそれなりに費用もかかるので、なるべくDIYで済ませたいと考える人もいるでしょう。そこで今回は壁のコンセントをDIYでやる方法や業者に頼む時の費用からそれぞれの値段などを詳しく紹介していきます。

Ppimgl1100 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPIMGL1100_TP_V1.jpg

先ほども紹介したように基本的にDIYで壁のコンセントを交換するのは不可能であり、危険です。というのも素人がオリジナルの方法や良くわかっていないで交換しようとすると感電する恐れもあり、命の危険もあるからです。なので、基本的には費用は掛かったとしても本格的な交換では業者に頼む必要があります。ですが、壁コンセントのカバーを変えるのはDIYでも簡単にできる方法があります。

DIYでコンセントカバーだけを変えるだけでも部屋をオシャレにできたり、使わないコンセントの部分を塞ぐこともできます。コンセントカバーの値段はだいたい千円前後くらいの値段で購入することができます。ネットではさらに安い値段で購入することが出来る場合もあるので、自分の部屋に合ったコンセントカバーに変える様にしましょう。

Pak85 kirikotosupana20141028182225 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_kirikotosupana20141028182225_TP_V1.jpg

コンセントカバーを変える方法は非常に簡単で、二つのネジを外します。
そうすると簡単に取り外すことが出来ます。
注意点としては外す時に念のためブレーカーを落としておくことで万が一の感電の危険を失くせるので、念のためブレーカーは落としましょう。

またコンセントカバーを購入する時に同じメーカーの者でないとハメてもブカブカで収まらない場合があります。なので、値段なども重要ですが購入する前にサイズを確認しておくことが重要です。

Hw20160702265616 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HW20160702265616_TP_V1.jpg

ここまでは誰でもできるコンセントカバーの取り外し方法について紹介しました。コンセントカバーであれば子供であっても簡単にできるので、DIYでやる分にも安心です。しかし、先ほども紹介したように壁のコンセントそのものを交換する際には資格が必要です。そのコンセントの交換に必要な資格と言うのは、電気工事士の資格です。電気工事士と一口に言っても種類はいくつかありますが、その中から第二種電気工事士の資格があればコンセントの交換は可能です。

1 / 4