2018年09月14日 UPDATE

BOSEの完全ワイヤレスイヤホンがアツい!性能や価格、他社製品との違いを徹底解説!

2018年、Bose社を筆頭に完全ワイヤレスイヤホンが世間の注目を集めております!その中でも一番人気と言われている製品や他にも有名と言われている2つの商品・選ぶ際のポイントを解説します!

目次

  1. Bose製品を紹介する前に
  2. 完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際のポイント
  3. Bose SoundSport Free wireless headphones とは?
  4. Bose SoundSport Free wireless headphonesの性能
  5. Bose SoundSport Free wireless headphonesと他社製品の比較
  6. 完全ワイヤレスイヤホン おすすめ商品① Apple AirPods
  7. 完全ワイヤレスイヤホン おすすめ商品② Sony WF-1000X
  8. まとめ

Bose製品を紹介する前に

今回一押しのBose社の製品を紹介する前に、初心者でもわかりやすい完全ワイヤレスイヤホンの魅力・選ぶ際のポイントを紹介します!

完全ワイヤレスイヤホンとは?

Nq4blhlydwtluw7ho0yp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンが独立しており、ケーブルがない状態のイヤホンです。後ほど紹介するApple社のAir Podsをきっかけに流行し、今ではイヤホンメーカーの各社が完全ワイヤレスイヤホンを販売しております。

ケーブルが存在しないため、コードが絡まるといったストレスがなくなるメリットがある一方、紛失やバッテリー切れの心配といったデメリットもあります。

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際のポイント

使用用途

完全ワイヤレスイヤホンをオススメできるシーンは、スポーツやランニング時です!
ケーブルがないだけでなく、防水・防塵機能も兼ね備えていることが多く、汗や急な雨にも耐えてくれる商品も多いようです!

Jaybird%20x3
引用: https://cdn.iphonelife.com/sites/iphonelife.com/files/jaybird%20x3.jpg

また、電話のハンズフリー(マイク)機能を備えている商品を購入すれば、イヤホンの装着のみで電話することが可能です。
ビジネスのシーンでの使用を考えている方は、ぜひこの機能もチェックしてみてください!

Main bn01
引用: http://roa-international.com/wp/wp-content/uploads/2018/05/main_bn01.jpg

バッテリー

バッテリーにもこだわる方は多いでしょう!バッテリーを測る基準としては、連続再生時間、充電時間、充電ケースの容量などが挙げられます。普段の通勤・通学のみで使用する方、ビジネスのシーンや長時間のフライトでも使いたい方、それぞれにあった連続再生時間を購入するようにしましょう。
また、片耳再生できる種類に関しては、使っていない方を充電ケースに入れておくことで、連続再生時間を伸ばすこともできるようです!

音質

音質は各メーカーによって特徴が異なるため、普段自分のよく聞く音楽や使うシーンと相談することが良いでしょう!また、音質だけでなく遮音性も音質を上げる大きな要因になります!
流行りの商品なだけあって家電量販店に完全ワイヤレスイヤホン特設コーナーが設置されているところも多く、聴き比べをしながら自分にあった1つを見つけることを推奨します!

お待たせしました!いよいよ今回のおすすめ商品のBose SoundSport Free wireless headphonesを紹介に入ります!

Bose SoundSport Free wireless headphones とは?

Cq5dam.web.320.320
引用: https://assets.bose.com/content/dam/Bose_DAM/Web/consumer_electronics/global/products/headphones/soundsport_free/images/soundsport_free_sweat_v1_1x1.psd/_jcr_content/renditions/cq5dam.web.320.320.png

Bose SoundSport Free wireless headphonesの性能

① 脱落防止フック
→これは、ただのランニングだけではなく、激しいスポーツでも耳にフィットできる素材になっており、安心して利用することができます。

② 本体のみの操作 →これは、本体だけで音楽の早送りなどができ、デバイスすら出す必要がありません。

③ バッテリーの多さ →本体だけで最大5時間・ケースを利用して最大15時間のバッテリーはかなり大容量です。15分充電するだけで45分間利用できる急速充電は、ビジネスのシーンでも大活躍することでしょう。

Bose SoundSport Free wireless headphonesと他社製品の比較

次にBose社の製品とともに人気を誇るおすすめ商品を2点紹介させていただきます!それぞれ強みとなる点が異なるため、是非ご覧になって選ぶ際の参考にしてください!

完全ワイヤレスイヤホン おすすめ商品① Apple AirPods

Mmef2?wid=572&hei=572&fmt=jpeg&qlt=95&op usm=0.5,0.5&
引用: https://store.storeimages.cdn-apple.com/8566/as-images.apple.com/is/image/AppleInc/aos/published/images/M/ME/MMEF2/MMEF2?wid=572&hei=572&fmt=jpeg&qlt=95&op_usm=0.5,0.5&.v=1503962928226

言わずと知れたAppleのAir Podsです。耳に入れると電源がオン、耳から外すとオフになるという機能は他にはなく、使い勝手はかなり良いです。ただ、音質はBoseの方が優れているでしょう。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
価格 ¥ 17,268

冒頭の写真にもあるように、アスリートも多用している商品になります。

完全ワイヤレスイヤホン おすすめ商品② Sony WF-1000X

この商品は、ノイズキャンセリング機能がかなり効いています。また、いわゆる「ドンシャリ」と言われるような音質で、万人ウケするイヤホンになっております。

Y wf 1000x 005
引用: https://www.sony.jp/products/picture/y_WF-1000X_005.jpg
ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル ブラック WF-1000X B
価格 ¥ 20,423

まとめ

Boseの商品や、他のおすすめ商品の中で気になった商品はあったでしょうか?それぞれの良さ、価格帯を考えた上で自分にあったイヤホンを見つけて見てください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net/wp-content/uploads/2018/05/1877eb92a0f567a59b7760dbcd5cabb9.jpg