Li5fsx13hjfwv64lggpv

対策

CATEGORY | カテゴリー

白髪はカラーで増えるって本当?原因は染料に含まれる成分にある!

2018.09.13

白髪はできれば増えるのは避けたいです。しかし、ヘアカラーの頻度によって白髪が増えるという噂があります。どれぐらいの頻度でヘアカラーをすると増えるのか、どんな色、原因があるのか、過酸化水素などの成分については、などなど白髪の注意点と対策についてまとめていきます。

目次

  1. ヘアカラーの頻度によって白髪が増えるって本当?
  2. ヘアカラーの頻度によって白髪が増えるのは本当です
  3. ヘアカラーの頻度によって白髪が増える原因 ①過酸化水素
  4. ヘアカラーの頻度によって白髪が増える原因 ②加齢も影響
  5. ヘアカラーの頻度によって白髪が増える対策 ①カラーの頻度を減らす
  6. ヘアカラーの頻度によって白髪が増える対策 ②ヘアカラーの薬剤を工夫する
  7. まとめ

年齢によって白髪増えてくることってありますよね。人によっては、できるだけ白髪は増やしたくないと思っています。中には、白髪染めやヘアカラーなどで隠す人もいますよね。そんな中、ヘアカラーによって白髪が増えるという噂があります。これは本当なのでしょうか。にわかにささやかれているヘアカラーによって白髪が増えるという言説。本当だとすれば何が原因なのでしょうか。どういった点を注意して対策をしていけばいいのでしょうか。今回はヘアカラーと白髪の関係性についてまとめていきます。

ヘアカラーの頻度によって白髪が増えるという噂の真相についてですが、これは本当のようです。仕組みとしては、ヘアカラーは基本的に黒い髪の毛を脱色することで、色を付けていますが、白髪も基本的にはこのしくみと同様です。

黒い髪の色素が抜けることで白髪になるのですから、ヘアカラーによって脱色を繰り返すことによって、白髪になりやすいのは明確ですよね。では、どのような原因によって白髪が増えてしまうのでしょうか。ヘアカラーのやりかたによっては白髪の増加を食い止めることができるのでしょうか。対策や注意点を見ていきましょう。

ヘアカラーに含まれている成分に過酸化水素というものがありますが、これが白髪を増やしてしまう原因でもあります。過酸化水素によってメラニン色素が分解されてしまうことによって、脱色が行われるのですが、同時に、白髪も増やしてしまうのです。

ヘアカラーでは、一時的に過酸化水素を髪の毛につけているように見えていますが、実は、ヘアカラーが終わった後も過酸化水素などの成分は髪の毛に蓄積しています。そのため、ヘアカラーをすることによって白髪が増えてしまう原因となってしまいます。なので、過酸化水素の使用量を注意しながらヘアカラーを行っていくというのが具体的な対策方法ということになります。

ヘアカラーによって白髪が増えるということは、若い人も白髪になってしまう可能性があるということになりますが、そういうことではないようです。人には過酸化水素を分解する力があるのですが、加齢に伴って、この過酸化水素を分解する力が弱まってきてしまいます。そのため、髪の毛に過酸化水素が蓄積しやすくなってしまうため、白髪になりやすくなってしまうという仕組みになっています。白髪が増えるのは、加齢によって、白髪になりやすい髪の毛になっていたことも原因として挙げられます。

1 / 2