Ujtuuoswsxivhrhxqvhb

レストラン

CATEGORY | カテゴリー

すき家のサイズ・メニューを徹底比較!一番お得なコスパ最強メニューは?

2018.10.04

すき家で食べられる牛丼メニューから、サイズや値段をまとめてみました。サイズごとの違いや、食べやすいミニ牛丼、裏メニューのキング牛丼まで取り上げています。また、お得に食べられるメニューにも触れているので、すき家で賢く食事をしたい方にはうってつけの内容です。

目次

  1. すき家でお得なコスパメニューは?サイズ・値段からメニューの違いを検証!
  2. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【サイズ】
  3. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【値段】
  4. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【コスパ】
  5. まとめ

すき家の牛丼をお得に食べられるように、牛丼のサイズと値段を紹介します。サイズが大きい場合でも、ご飯と牛肉の量が均等に増えているわけではありません。そのため、コスパのよいメニューを選ぶには、サイズごとの特徴を知っておくことが大切です。

すき家の牛丼には、6つのメニューがあります。小さいサイズから、ミニ・並盛・中盛・大盛・特盛・メガというラインナップです。すき家では並盛のサイズを基準に、小さいミニや、中・大盛などを提供しています。

サイズから見たメニューの違い

サイズが大きくなれば、ご飯と具の量に違いが見られます。そのため、カロリーの摂取量は、サイズアップに比例。大きなサイズほど、高いカロリーが表示されています。ただし、並盛から中盛へのサイズアップでは、カロリー数の変化は抑えられています。それぞれの摂取カロリーは、並盛で733kcal、中盛では798kcalという値でした。細かいサイズ分けには、次の理由が挙げられます。

並盛と中盛の違いはご飯と牛肉の量

すき家の中盛は、並盛に比べてご飯の量を少なくしています。牛肉の量は、並盛に対して4割増しという設定でした。また、ご飯は牛肉よりもカロリーのが高い食べ物です。そのため、並盛と中盛を比べた場合、カロリーの大幅な開きが見られません。

バランス派は並盛、牛肉たっぷり派なら中盛がお得

ご飯と牛肉のバランスを取るなら、並盛がおすすめ。牛肉をたくさん食べるなら、中盛が適しています。また、たんぱく質を積極的に摂取する方にも、中盛をおすすめします。並盛よりも牛肉が多いので、筋肉をつくるための栄養が、効率よく摂取できます。

1/3