2018年10月04日 UPDATE

すき家のサイズ・メニューを徹底比較!一番お得なコスパ最強メニューは?

すき家で食べられる牛丼メニューから、サイズや値段をまとめてみました。サイズごとの違いや、食べやすいミニ牛丼、裏メニューのキング牛丼まで取り上げています。また、お得に食べられるメニューにも触れているので、すき家で賢く食事をしたい方にはうってつけの内容です。

目次

  1. すき家でお得なコスパメニューは?サイズ・値段からメニューの違いを検証!
  2. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【サイズ】
  3. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【値段】
  4. すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【コスパ】
  5. まとめ

すき家でお得なコスパメニューは?サイズ・値段からメニューの違いを検証!

すき家の牛丼をお得に食べられるように、牛丼のサイズと値段を紹介します。サイズが大きい場合でも、ご飯と牛肉の量が均等に増えているわけではありません。そのため、コスパのよいメニューを選ぶには、サイズごとの特徴を知っておくことが大切です。

すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【サイズ】

すき家の牛丼には、6つのメニューがあります。小さいサイズから、ミニ・並盛・中盛・大盛・特盛・メガというラインナップです。すき家では並盛のサイズを基準に、小さいミニや、中・大盛などを提供しています。

サイズから見たメニューの違い

サイズが大きくなれば、ご飯と具の量に違いが見られます。そのため、カロリーの摂取量は、サイズアップに比例。大きなサイズほど、高いカロリーが表示されています。ただし、並盛から中盛へのサイズアップでは、カロリー数の変化は抑えられています。それぞれの摂取カロリーは、並盛で733kcal、中盛では798kcalという値でした。細かいサイズ分けには、次の理由が挙げられます。

並盛と中盛の違いはご飯と牛肉の量

すき家の中盛は、並盛に比べてご飯の量を少なくしています。牛肉の量は、並盛に対して4割増しという設定でした。また、ご飯は牛肉よりもカロリーのが高い食べ物です。そのため、並盛と中盛を比べた場合、カロリーの大幅な開きが見られません。

バランス派は並盛、牛肉たっぷり派なら中盛がお得

ご飯と牛肉のバランスを取るなら、並盛がおすすめ。牛肉をたくさん食べるなら、中盛が適しています。また、たんぱく質を積極的に摂取する方にも、中盛をおすすめします。並盛よりも牛肉が多いので、筋肉をつくるための栄養が、効率よく摂取できます。

すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【値段】

すき家の牛丼は、サイズによって値段が違います。ミニサイズは290円、並盛が350円、中盛・大盛が480円、特盛は630円、一番大きなサイズ・メガは780円という値段です。サイズが大きくなるにつれて、値段も上がっていることがわかります。ところが、中盛と大盛の値段は一緒です。並盛と中盛のように、ご飯と牛肉の量に違いが見られるのでしょうか。

中盛と大盛の違い

大盛サイズの牛丼は、並盛を基準にした大盛りの量で、ご飯と牛肉が提供されます。中盛のようにご飯が少なく牛肉が多い、ということがありません。ご飯と牛肉の量・バランスが保たれているのです。そのため、たくさんの量を食べたい方には、大盛サイズの牛丼をおすすめします。

少ない量ならバランスのよいミニサイズ

食べきれる量を求める方には、ミニサイズが適しています。並盛に比べ、ご飯と牛肉が少な目に盛られているからです。ご飯と牛肉の割合を変えたくない方は、ミニサイズを選びましょう。少ない量でも、バランスの取れた牛丼を食べられます。

すき家でお得なコスパメニューは?!サイズ・メニューを徹底比較!【コスパ】

すき家でコスパのよい牛丼といえば、特盛サイズ。値段は630円で、ご飯は大盛り、牛肉の量は並盛サイズの2倍です。対して、ひとつ下の大盛サイズの値段は、480円。ご飯と牛肉が大盛りで提供されます。つまり、特盛を注文すれば、大盛サイズよりもたくさんの牛肉を食べられるのです。あとは、お客さんの好み。ご飯と牛肉のバランスを取るなら大盛を、適度なご飯の量・多めの牛肉を選ぶなら特盛をおすすめします。

コスパ重視なら特盛かメガサイズ

特盛でも満足できない場合は、メガサイズが用意されています。メガサイズの値段は780円。ご飯は大盛りで、牛肉の量は並盛の3倍です。特盛で物足りなさを感じるなら、メガサイズを選びましょう。適度な牛肉の量で満足するなら、大盛をおすすめします。もちろん、しっかりとお腹を満たしたいなら、中盛は避けること。ご飯の量が少ないので、満腹感を得られにくいといわれています。

牛肉たっぷり派には裏メニューのキング牛丼

すき家には裏メニューのキング牛丼が存在します。メニューには載っていない牛丼で、テイクアウトもできません。キング牛丼の価格は1,140円。ご飯の量は、並盛の2倍半、牛肉は6倍という設定です。たくさんのたんぱく質を摂取したい方は、キング牛丼を注文してみましょう。ご飯よりも牛肉の方が多いため、筋力トレーニングをしている方には、ぴったりのメニューです。

まとめ

すき家で提供している牛丼のサイズと値段を紹介しました。牛丼はサイズがアップするごとに、ご飯と牛肉の量が増えるわけではありません。サイズをアップしたのにご飯が少ないなど、サイズによってご飯と牛肉のバランスは違っています。すき家で牛丼を頼むときは、バランスのよい牛丼か、牛肉重視の牛丼かを決めておくと、提供されたときの後悔を減らせます。

【関連記事】ファストフードのコスパメニューを知りたい方はこちら!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.ashinari.com/2008/06/04-004602.php?category=172