Wh5fipz1sc6ncq3pkq84

メイク

CATEGORY | メイク

涙袋を自力で作る方法!メイク・化粧のやり方・おすすめ美容液を紹介!

2018.10.09

かわいらしさや美人の条件にもなっている涙袋。美容整形でも人気がありますが、涙袋は化粧水や美容液を使えば自力で簡単に作ることができます。そこで、今回は化粧水や美容液を使って簡単に作る涙袋メイクの方法や、おすすめの美容液をご紹介します。

  1. 涙袋の魅力って何?
  2. 涙袋がない原因は何?
  3. 自力で簡単に涙袋を作る化粧の方法:ぷっくり涙袋を作る
  4. 自力で簡単に涙袋を作る化粧の方法:小顔効果のある涙袋を作る
  5. 自力で簡単に涙袋を作る化粧の方法:ナチュラルな涙袋を作る
  6. 自力で簡単に涙袋を作る化粧の方法:アイシャドウだけで作る
  7. 自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法①ウィンク方法
  8. 自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法②下まぶたで瞬き
  9. 自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法③ピースサイン体操
  10. 自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法④目を細める
  11. 自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法⑤ワセリンマッサージ方法
  12. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:ケーパレット ティアーズシャドウ&ライナー
  13. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:CLIO Pro Single Shadow
  14. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:キャンメイク ライティングリキッドアイズ01
  15. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:カネボウ化粧品 ケイト ダブルラインエキスパート
  16. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:リンメル ショコラスウィート アイズ
  17. 涙袋を作るメイクのおすすめの美容液:ラブドロップス 涙袋ウルミライナー
  18. まとめ
引用: https://i.smalljoys.me/2018/01/tear-drop-bag-with-eye-shadow_CIMG9597-300x244.jpg?resize=300%2C244&ssl=1&strip=all
ぷっくりとした涙袋に憧れている女性は多くいますが、そもそも、涙袋の魅力って何でしょうか?それは、主に4つあります。
1つ目の魅力は、立体感のある顔立ちになって若々しく見えること。2つ目の魅力は、目が大きく見えてパッチリおめめになれること。3つ目の魅力は、目元が優しくなること。4つ目の魅力は、目元の表情が魅力的になって色っぽく見えることです。
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC_K/80/79/C007498079/C007498079_262-349.jpg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3a/3a2debd2f59735651caaa1373b86ed50_t.jpeg
涙袋は「眼輪筋」と呼ばれている目の周りにある筋肉のことをいいます。この眼輪筋の発達が悪いと涙袋が小さく見えてしまいます。また、目の下の皮膚が厚くても眼輪筋が目立たず、涙袋がないように見えてしまうことがあリます。
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_4034155_152384805220180416120732_cpd.jpg
自力で簡単にぷっくり涙袋を作る方法は、まず、薄いブラウンのアイライナーで涙袋のラインに線を引いて自然な影を作っていきます。次に、綿棒などを使って境目をぼやかし、自然な印象に仕上げていってください。続いて、アイシャドウのハイライトカラーを入れて行き、最後にラメ入りのアイシャドウを目頭に濃く乗せて完成です。
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_4033058_152384525920180416112059_cpd.jpg
自力で小顔効果のある涙袋を作る方法は、まず、笑ってできるまぶたの下のラインに沿って、アイブロウペンシルを使ってラインを引きます。次に、引いたラインを指を使って軽くぼかし、ピンク色のアイシャドウを乗せれば完成です。
引用: https://i0.wp.com/bitouch.blog/wp-content/uploads/2017/08/AdobeStock_119018603.png?resize=640%2C300&ssl=1
自力でナチュラルな涙袋を作る方法は、まず、薄ブラウンのリキッドアイライナーで涙袋の下の線に沿って影を作っていきます。ポイントは、黒目の下から目尻の下だけにラインを引くことです。目頭まで引いてしまうとクマができたように見えてしまうからです。
次に、チップなどで線をぼかして自然な仕上げにしていきましょう。最後に、アイシャドウのハイライトカラーを涙袋にそっと付ければ完成です。ナチュラルメイクにするには、黒目の下の部分だけにしましょう。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20121116/15/mariebiscuit119/bd/07/j/o0480025012288375506.jpg?caw=800
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yuka522042_TP_V1.jpg
自力でアイシャドウだけを使って涙袋を作る方法は、まず、クリーム色のアイシャドウで涙袋に描き、ブラウンのアイシャドウで影を作っていきます。最後にチップや綿棒を使ってぼかしていけば完成です。
涙袋を強調したい方はラメ入りのアイシャドウを使い、自然なメイクにしたいときにはマットタイプのアイシャドウを使ってください。
自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法の一つめは、ウィンク方法です。やり方は簡単。下まぶたに気持ちを集中させながら力強くウィンクするだけです。下まぶたに力を入れてウィンクをすることで眼輪筋が鍛えられてふくよかな涙袋になります。目安は、毎日100回。慣れないうちは無理をせず、可能な回数から始めましょう。
引用: https://i2.wp.com/flipbordnews.com/wp-content/uploads/2015/11/mig_R.jpg?w=500&ssl=1
自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法の二つめは、下まぶたの瞬きです。まず、上のまぶたを両手を使ってそれぞれ持ち上げます。次に、下のまぶただけを使って瞬きをするだけです。目安は10回を1セットとし、1日に3セット行いましょう。ポイントは、下のまぶたをできる限り上に上げることです。
引用: https://eye-media.jp/common/images/uploads/2017/01/313249c5f355604e53c4912f894d6fa6.jpg
自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法の三つめは、ピースサイン体操。最も一般的なトレーニング方法です。まず、顔を真っ直ぐにしたまま上を見て両目の端を人差し指と中指で押さえてください。次に、下のまぶたを引き上げながら目を細めていきましょう。目安は、10回を1セットとして一日に5セットです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9f/9f9841ff5c8fe24c478e3172b98ae99f_t.jpeg
自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法の四つめは、目を細めることです。やり方は簡単。目を細めた状態で下のまぶたに力を入れて20秒キープするだけです。目安は、1日5セットです。
引用: https://i2.wp.com/beauty4magic.com/wp-content/uploads/2018/07/b52251e93b185e9289ac5e9f144a67d7_m.jpg?resize=300%2C200
自力で簡単に涙袋を作るトレーニング方法の五つめは、ワセリンマッサージ方法です。やり方は、指にワセリンを塗り、眼の下の涙袋の部分を優しくマッサージするだけです。ポイントは、涙袋をイメージしてマッサージすること。毎日続けることで効果がはっきり現われます。

関連記事

引用: http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/cuoreec/shopimages/1_000000000085.jpg?1515125454
ケーパレットのティアーズシャドウ&ライナーは、「微細バールパウダー」と、「影付きリキッドアイライナー」がセットになっています。涙袋にパールパウダーのシャドウを塗って涙袋を作るとともに、アイライナーで影を付けることにより自然な涙袋に仕上げてくれます。価格は1,296円(税込)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51v34ftNb1L.jpg
CLIOのPro Single Shadowは、自然な発色でプロフェッショナルな仕上がりができる韓国コスメの美容液です。プチプラにもかかわらず、上品なラメで自然な色合いの涙袋メイクに仕上げてくれます。価格は1,300円(税込)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51p-8XujJ4L._SL1280_.jpg
キャンメイクのライティングリキッドアイズ01は、涙袋をぷっくりと見せてくれる涙袋美容液です。指で涙袋に優しく乗せるだけで、ぷっくり感がアップします。潤いケア効果のあるリキッドタイプで、しっかりとした密着感と適度なツヤ感のある目元に仕上げてくれます。価格は648円(税込)です。
引用: https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/img/thumb/l/2027967.jpg
カネボウ化粧品のケイト ダブルラインエキスパートは、目元のラインをフェイクして涙袋を強調してくれます。本来は二重のラインを強調するものですが、涙袋の下に線を引くことで本物の影のような立体感のある涙袋に仕上げてくれます。極薄ブラウンのライナーは、カネボウ独自の色合いで肌への馴染みも抜群!価格は2,980円(税込)です。
引用: http://www.rimmellondon.jp/product/eyes/images/eyes19_ttl_01.png
リンメルのショコラスウィート アイズは、肌に溶け込むショコラカラーの美容液。透明感のあるクリアフィットパウダー配合で、色を重ねても深みのある涙袋に仕上げてくれます。涙袋メイクには、ハイライトカラーがおすすめです。価格は1,571円(税込)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IsNs6oApL.jpg
ラブドロップスの涙袋ウルミライナーは、柔らかなクリームのような質感のペンシルタイプのアイライナーです。初心者でも簡単に使えて、ふっくらナチュラルな涙袋メイクに仕上がります。くすみがちな下まぶたでも一塗りするだけで涙袋をしっかりつくってくれます。価格は1,296円(税込)です。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/12/129bb23451d7b6c4a56f157b18b25d2a_t.jpeg
化粧水や美容液を使って簡単に作る涙袋メイクの方法や、おすすめの美容液をご紹介してきました。涙袋メイクをするだけで印象が大きく変わってきます。涙袋メイクは、目を大きく見せるだけではなく、立体感のある顔立ちにもしてくれます。また、涙袋を作るマッサージをすることで眼輪筋が発達するだけではなく、目の疲れも取れて一石二鳥です。ぜひ試してみてください。